北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

エゾリス「いた!」 1年生、はじめての遠足【帯広】

目の前に突然現れたエゾリスに、大喜びする緑丘小の子どもたち

 帯広市内の小学校が遠足シーズンを迎えている。児童は弁当やおやつを詰めたリュックを背負い、目的地まで元気に歩いている。

 緑丘小(澤田靖校長、児童502人)では17日午前9時から出発式があり、小林弘幸主幹教諭が「マナーを守り、安全にけがなく遊んで学校に戻ってきてください」とあいさつ。児童保体委員長の成田茉央さん(6年)が「待ちに待った遠足の日。思い切り楽しみましょう」と呼び掛け、学年ごとに出発した。

 初めての遠足となる1年生78人は、手をつないで約1.5キロ先の緑ケ丘公園を目指した。途中、エゾリスが道を横切ると、歓声を上げた。到着後は芝生や水場で元気よく遊んだり、弁当を広げて楽しんだ。ある男児は「滑り台で友達とたくさん遊んだ。お弁当もおいしいよ」と笑顔で話した。

 市教委によると、市内小学校の遠足は今月中に順次行われる。

関連記事

根室新聞

特産品で地元出身学生を応援 第2弾 1日から申込受付【根室】

 根室を離れ学業に励む学生に、地元特産品を贈る「根室出身学生応援!根室の旨いをお届け隊」の第2弾の募集が11月1日から始まる。今回も5千円相当分の地場産品詰め合わせを用意し、根室の味を届ける。...

根室新聞

下校見守り活動拡大 保護司会と更生保護女性会【根室】

 根室地区保護司会(袴谷良憲会長)は19日から根室更生保護女性会(原田純子会長)などと協力して、新たに花咲小学校の学校区周辺で下校児童の見守り活動を実施している。  見守り活動は根室地区保護...

苫小牧民報

厚真高生が復旧作業や工場見学 林業現場体験ツアー 未来の担い手育成へ

胆振総合振興局、胆振地域林業担い手確保推進協議会は20日、厚真高校の1年生32人を対象に「林業現場体験バスツアー」を行った。生徒たちは2018年9月の胆振東部地震で被災した厚真町内民有林の復旧作業...

苫小牧民報

公設市場30日まで意見公募 花卉は民間委譲へ 

苫小牧市は、公設地方卸売市場の民間活力導入に向けた準備を進めている。2021年度に青果、水産両市場の管理・運営を指定管理者に移行し、22年度に花卉(かき)市場を民間委譲する計画。市議会の12月定例...

苫小牧民報

王子サーモン ツイッターで 大きな反響、サケの種類を解説

スモークサーモン製造販売の王子サーモン(本社東京、本店苫小牧市)がインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」でサケの種類を画像付きで紹介し、反響を呼んでいる。同社は20日に創業53年を迎えたばか...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス