北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室清水高の2生徒、2カ月の米国留学体験報告【室蘭】

1、2年生を前に短期留学で得た経験を語る2人

 室蘭清水丘高校(岩田一郎校長)の姉妹校・米国アラスカ州にあるマウントエジカム高校に短期留学していた3年生の男女2人が15日、1、2年生約320人を前に体験談を報告し「生活や文化の違いを実感し、さまざまな経験を通して成長できた」と語った。

 同校は国際交流推進校として英語の取り組みに力を入れており、エジカム高には訪問団が3年に1度、訪れている。短期留学は一時休止していたが2018年度(平成30年度)に再開した。

 再開第1号となったのは、若佐陸王さん、石尾真瑚さんの2人。昨年10月から2カ月間、寮生活しながらエジカム高に通った。

 若佐さんは「英語に自信がなくても受験勉強に影響がない1年生のうちに行っておくべき」、石尾さんは渡米前の準備について「悔いを残さないよう、しっかりと勉強することが大切」などと紹介した。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...