北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

胆振東部地震被害の倒木撤去 道内16事業者が対応推進

胆振東部地震で発生した倒木を処理する事業者=安平町早来北進

 昨年9月の胆振東部地震で被害を受けた倒木の撤去作業で、道内の木材関係事業者16社が連携して作業を進めている。早期復興を最優先に、資源としての有効活用を進めようと今年3月、代表3社が国や道、厚真町と協定を締結。各連携事業者とともに対応に当たっている。ただ、山林被害面積が約4300ヘクタールと広大なため被害状況の全容把握が困難。各事業者は手探り状態で復興作業を進めている。

 道林業木材課によると、協定は効率的な復旧工事や倒木の有効活用推進などを目的に今年3月締結した。具体的には行政の発注を受け、土場に搬出された倒木を協力事業者が加工場に運搬。木材やバイオマス燃料などに再利用している。廃棄物として処理する量を削減するほか、費用軽減の効果も期待できるという。

 協定を結んだのはイワクラ(苫小牧市晴海町)、王子木材緑化北海道支店(札幌市)、日本製紙木材北海道支店(旭川市)の3社。行政機関から受注した業務について、連携する16社を3グループに分けて分担作業で対応している。

 協定締結前から緊急工事に対応してきたイワクラは、3月までに約3300立方メートルの木材を処理。このうち全体の35%を占める丸太は梱包材や木質ペレット、同38%の根などは木質チップに加工した。カラマツやトドマツ、ナラなどが多いという。

 王子木材緑化道支店は284立方メートル分の丸太を木質チップに加工。江別市の発電所では枝を発電するための原料に使った。

 また、日本製紙木材北海道支店は約7000立方メートル分の丸太や枝などを受け入れ、製紙用パルプや木質ボイラー用燃料の木材チップに処理した。担当者は「他社とも連携しながら倒木処理に貢献したい」と被災地支援の思いを語る。

 作業が順調に進む一方、全体の倒木量はまだ把握できていない。完全撤去には3、4年ほどかかるとも言われ、この間に品質が劣化し製品原料などに適さなくなる懸念もあるという。事業者は「1年以上経過すると品質が低化し燃やすしかなくなる」とし、取引価格の値下がりで「事業収支に影響する可能性もある」と懸念する。

 道林業木材課もこの現状を理解しているが、担当者は「協定に基づく迅速な処理が鍵になる」とし、「今年の進捗(しんちょく)が勝負どころだ」と話している。

関連記事

日高報知新聞

斉藤恒子染展~藍色の風【日高】

【日高】帯広市在住の染織作家による「斉藤恒子染展~藍色の風~」が19日まで、門別競馬場向かいのナカジマ家具店地下特設会場で開かれている。時間は午前10時~午後6時(19日は午後3時)まで。  斉藤さん...

日高報知新聞

高山植物の盗掘防止など【様似】

【様似】登山シーズンとなり、アポイ岳保全対策協議会は15日朝、貴重な高山植物群落があるアポイ岳(810・6㍍)登山口で高山植物盗掘防止と携帯トイレ普及の啓発キャンペーンを実施し、登山者に協力を呼び掛...

苫小牧民報

特製ちゃんこで町民笑顔に むかわ合宿の大相撲・友綱部屋

 むかわ町内に合宿中の大相撲・友綱部屋は16日、昨年9月に発生した胆振東部地震で被災した町民を励まそうと、同町道の駅「四季の館」で振る舞いちゃんこ会を開いた。友綱親方(元関脇・旭天鵬)をはじめ、...

苫小牧民報

大移動終え、D51お披露目 道の駅併設の鉄道資料館にファンら-安平

 安平町が誇る蒸気機関車(SL)「D51―320号機」の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」(同町追分)に併設する鉄道資料館への設置作業が14日に完了し、一般にお披露目された。多くの町民...

苫小牧民報

障害者の就労支援に 使用済み水道メーター、福祉施設に作業委託-苫小牧市

 苫小牧市は、これまで専門事業者に売却していた使用済み水道メーターについて、今月から分解と選別作業を市内の福祉事業所11施設に委託した。リサイクル活用と障害者の就労支援につなげるのが狙い。各事業...