北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

集団行動の「いろは」学ぶ 自衛官候補生、分隊訓練で基礎習得中-陸自第7師団

号令に合わせて行進を通して団体行動を学ぶ候補生たち=東千歳駐屯地

 陸上自衛隊第7師団は、今年4月に入隊した自衛官候補生の「分隊教練」を東千歳駐屯地内で行っている。規律のとれた集団行動を目指す「いろはの『い』」。候補生たちは小銃を手に行進。号令に従って進行方向や隊形変換を繰り返し、自衛官としての基礎を習得中だ。

 候補生課程の訓練のうち、分隊教練は2人以上の団体行動を学ぶ内容を差している。このほど公開されたのは、第7師団指揮下の第11普通科連隊が担任する候補生23人の訓練の様子。

 訓練場では候補生が5~6人で一組となった。まず、肩の高さで片腕を伸ばし、腕1本分の距離をとった後、号令を発する役割の班付の掛け声に従って前進した。

 号令は「右向け前へ進め」「回れ」などと次々と発せられ、候補生たちは距離が縮まり過ぎたり、隊列や歩調が乱れたりした。指導役の班長からは「動きが遅い」「もっと間隔を詰めろ」といった指示が矢の催促となった。

 訓練に臨んだ中倉遼河さん(18)は「指示に合わせて動くのが難しいと感じた。後輩の手本になれるよう身に付けたい」と語った。熊谷龍仁さん(29)は「自衛官になるのは昔からの夢。陸曹になれるよう頑張ります」と話していた。

 候補生は3カ月間の訓練後、新隊員特技課程(3カ月間)を経て、普通科や機甲科、特科など、職種別に各部隊へ配属される。

関連記事

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス