北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

集団行動の「いろは」学ぶ 自衛官候補生、分隊訓練で基礎習得中-陸自第7師団

号令に合わせて行進を通して団体行動を学ぶ候補生たち=東千歳駐屯地

 陸上自衛隊第7師団は、今年4月に入隊した自衛官候補生の「分隊教練」を東千歳駐屯地内で行っている。規律のとれた集団行動を目指す「いろはの『い』」。候補生たちは小銃を手に行進。号令に従って進行方向や隊形変換を繰り返し、自衛官としての基礎を習得中だ。

 候補生課程の訓練のうち、分隊教練は2人以上の団体行動を学ぶ内容を差している。このほど公開されたのは、第7師団指揮下の第11普通科連隊が担任する候補生23人の訓練の様子。

 訓練場では候補生が5~6人で一組となった。まず、肩の高さで片腕を伸ばし、腕1本分の距離をとった後、号令を発する役割の班付の掛け声に従って前進した。

 号令は「右向け前へ進め」「回れ」などと次々と発せられ、候補生たちは距離が縮まり過ぎたり、隊列や歩調が乱れたりした。指導役の班長からは「動きが遅い」「もっと間隔を詰めろ」といった指示が矢の催促となった。

 訓練に臨んだ中倉遼河さん(18)は「指示に合わせて動くのが難しいと感じた。後輩の手本になれるよう身に付けたい」と語った。熊谷龍仁さん(29)は「自衛官になるのは昔からの夢。陸曹になれるよう頑張ります」と話していた。

 候補生は3カ月間の訓練後、新隊員特技課程(3カ月間)を経て、普通科や機甲科、特科など、職種別に各部隊へ配属される。

関連記事

函館新聞

ギリヤーク尼ケ崎さん、大門で青空公演【函館】

 函館出身の大道芸人、ギリヤーク尼ケ崎さん(89)による青空舞踊公演「祈りの踊り」が24日、はこだてグリーンプラザ(函館市松風町)で開かれた。津軽三味線奏者の二代目高橋竹山さんと共演し、満身創痍...

函館新聞

ハンドボール欧州遠征へ 巴中加賀谷【函館】

 巴中3年の加賀谷柊斗が、日本ハンドボール協会が将来の日本代表候補を育てる「ナショナルトレーニングアカデミー(NTA)」の欧州遠征(25日~9月2日、ハンガリー)に参加する。中高生を対象にした男...

根室新聞

歯舞漁協 衛生管理型市場に着工【根室】

 歯舞漁協(小倉啓一組合長)は23日、衛生管理型市場と事務所の建設工事に向けた地鎮祭を執り行い、祝詞の奏上、玉串の奉納など神事を行い、工事の安全を祈願した。  新たな施設は、現事務所から東に10...

苫小牧民報

過去最多101組が迫力の演奏 活性の火が開幕

 苫小牧市中心部の活性化を目指して企画された無料音楽フェス「活性の火’19」(実行委員会主催)が24日開幕した。6回目となる今年は市内若草町の中央公園を初のメイン会場に、全2エリアで展開。道内外か...

苫小牧民報

鵡川高野球部元監督・佐藤茂富さん死去 「元気・本気・一気」でセンバツ出場

 鵡川高校野球部の元監督で、砂川北高と合わせて春夏6度の甲子園出場に導いた佐藤茂富さんが19日、腸管感染症のため札幌市内の病院で死去したことが23日、分かった。79歳。葬儀は近親者のみで行ったが...