北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

地ビールあす披露 コタニアグリ【更別】

 更別村内で生産したビール麦とホップを使った地ビールが完成し、19日に村内で開かれる「十勝さらべつすももの里まつり」で初めて販売される。更別初の地ビールを造ったのは村内の農業法人コタニアグリ(小谷広一代表)。小谷さん(68)は「みなさんに味を楽しんでもらい、今後に向けて多くの声を聞いてみたい」と張り切っている。

更別で初の地ビールを造った(右から)小谷さんと醸造した十河さん

 「自分の畑で作った麦でビールを造ってみたかった」と夢を抱いていた小谷さんが知人を通じて帯広ビール(帯広)を紹介されたことがきっかけ。3年前に原料となる大麦の種まきを0.5ヘクタールで作付けし、約400キロを収穫した。

 通常のビール造りには粒径の大きさから二条大麦を使うが、今回使ったのはオランダから取り寄せた新品種の六条大麦「KWSトニック」。帯広ビールで醸造を担当する十河文英さんは「ビールで六条大麦を使うのは国内でも珍しい取り組み」と話す。

 今回は自社で生産したビール麦77.7%の麦芽38.6キロから460リットルを醸造した。すももの里まつりでは、小谷さんが所属する十勝さらべつ熱中小学校の「十勝×Hawaii部」で販売。「コタニアグリのクラフト地ビール」として1杯(350ミリリットル)550円で販売される。

 原料のホップは通常、乾燥したペレット状のものを使うのに対し、自家製の生ホップを使用し香り豊かに仕上げた。味わいについて十河さんは「麦芽由来の柔らかな甘さとカスケードホップ由来のかんきつ系の爽やかな苦みが特徴で、爽やかな飲み心地が楽しめる」と話している。

 今後も、村内のイベントで販売する予定だ。小谷さんは「更別には地サイダーがあり、地ビールもようやく完成できた。次はウイスキーを造ってみたい」と語る。

 すももの里まつりは午前10時~午後2時、村内のすももの里特設会場(更別南4線、どんぐり公園内)で開かれる。

関連記事

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...

十勝毎日新聞

地ビールで乾杯 町内産の大麦と小豆で風味豊か【豊頃】

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(...