北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

地ビールあす披露 コタニアグリ【更別】

 更別村内で生産したビール麦とホップを使った地ビールが完成し、19日に村内で開かれる「十勝さらべつすももの里まつり」で初めて販売される。更別初の地ビールを造ったのは村内の農業法人コタニアグリ(小谷広一代表)。小谷さん(68)は「みなさんに味を楽しんでもらい、今後に向けて多くの声を聞いてみたい」と張り切っている。

更別で初の地ビールを造った(右から)小谷さんと醸造した十河さん

 「自分の畑で作った麦でビールを造ってみたかった」と夢を抱いていた小谷さんが知人を通じて帯広ビール(帯広)を紹介されたことがきっかけ。3年前に原料となる大麦の種まきを0.5ヘクタールで作付けし、約400キロを収穫した。

 通常のビール造りには粒径の大きさから二条大麦を使うが、今回使ったのはオランダから取り寄せた新品種の六条大麦「KWSトニック」。帯広ビールで醸造を担当する十河文英さんは「ビールで六条大麦を使うのは国内でも珍しい取り組み」と話す。

 今回は自社で生産したビール麦77.7%の麦芽38.6キロから460リットルを醸造した。すももの里まつりでは、小谷さんが所属する十勝さらべつ熱中小学校の「十勝×Hawaii部」で販売。「コタニアグリのクラフト地ビール」として1杯(350ミリリットル)550円で販売される。

 原料のホップは通常、乾燥したペレット状のものを使うのに対し、自家製の生ホップを使用し香り豊かに仕上げた。味わいについて十河さんは「麦芽由来の柔らかな甘さとカスケードホップ由来のかんきつ系の爽やかな苦みが特徴で、爽やかな飲み心地が楽しめる」と話している。

 今後も、村内のイベントで販売する予定だ。小谷さんは「更別には地サイダーがあり、地ビールもようやく完成できた。次はウイスキーを造ってみたい」と語る。

 すももの里まつりは午前10時~午後2時、村内のすももの里特設会場(更別南4線、どんぐり公園内)で開かれる。

関連記事

室蘭民報

そうべつくだもの村でブドウ狩りのシーズンを迎える【壮瞥】

 壮瞥町内の果樹園18軒でつくる「そうべつくだもの村」はブドウ狩りのシーズンを迎えた。甘く熟した大きな実を求め、多くの観光客が足を運んでいる。  滝之町の阿野観光果樹園(阿野裕紀緒園主)では、...

室蘭民報

来遊遅れ厳しい出足―秋サケ漁の漁獲量、過去5年で最低【胆振】

 胆振海域の秋サケ定置網漁(1日解禁)が当初予想に反して厳しい出足となっている。来遊の遅れが主な原因とされ、今月下旬以降に増える見通しも出ているが、全体的に漁獲量が前年度を下回っている。10日現...

十勝毎日新聞

「十勝晴れ」味わう茶 タイ産花で青色表現【帯広】

 プロコム北海道(帯広)は、プライベートブランド(PB)の新商品として「十勝あおぞら茶」を発売した。近年話題の植物バタフライピーを配合し、お茶にすると見た目が青色となるユニークなフルーツティーで、...

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

全国よりすぐりの味覚が藤丸に集合 うまいもの大会【帯広】

 藤丸7階催事場で12日、恒例の全国うまいもの大会が始まった。新規4店を含む49店が出店、大勢の買い物客でにぎわっている。第1弾は17日まで。  うまいもの大会は年2回開催。北海道から沖縄まで...