北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

地ビールあす披露 コタニアグリ【更別】

 更別村内で生産したビール麦とホップを使った地ビールが完成し、19日に村内で開かれる「十勝さらべつすももの里まつり」で初めて販売される。更別初の地ビールを造ったのは村内の農業法人コタニアグリ(小谷広一代表)。小谷さん(68)は「みなさんに味を楽しんでもらい、今後に向けて多くの声を聞いてみたい」と張り切っている。

更別で初の地ビールを造った(右から)小谷さんと醸造した十河さん

 「自分の畑で作った麦でビールを造ってみたかった」と夢を抱いていた小谷さんが知人を通じて帯広ビール(帯広)を紹介されたことがきっかけ。3年前に原料となる大麦の種まきを0.5ヘクタールで作付けし、約400キロを収穫した。

 通常のビール造りには粒径の大きさから二条大麦を使うが、今回使ったのはオランダから取り寄せた新品種の六条大麦「KWSトニック」。帯広ビールで醸造を担当する十河文英さんは「ビールで六条大麦を使うのは国内でも珍しい取り組み」と話す。

 今回は自社で生産したビール麦77.7%の麦芽38.6キロから460リットルを醸造した。すももの里まつりでは、小谷さんが所属する十勝さらべつ熱中小学校の「十勝×Hawaii部」で販売。「コタニアグリのクラフト地ビール」として1杯(350ミリリットル)550円で販売される。

 原料のホップは通常、乾燥したペレット状のものを使うのに対し、自家製の生ホップを使用し香り豊かに仕上げた。味わいについて十河さんは「麦芽由来の柔らかな甘さとカスケードホップ由来のかんきつ系の爽やかな苦みが特徴で、爽やかな飲み心地が楽しめる」と話している。

 今後も、村内のイベントで販売する予定だ。小谷さんは「更別には地サイダーがあり、地ビールもようやく完成できた。次はウイスキーを造ってみたい」と語る。

 すももの里まつりは午前10時~午後2時、村内のすももの里特設会場(更別南4線、どんぐり公園内)で開かれる。

関連記事

名寄新聞

地元産酒米を使用の特別純米酒「上川大雪」数量限定販売【名寄】

 名寄市風連産米を使用した特別純米酒「上川大雪」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、20日から販売開始。道の駅もち米の里☆なよろで、数量限定で取り扱っている。  特別純米酒の原料となる...

十勝毎日新聞

初の芽室産ワイン「イニツィオ」発表 生産者団体【芽室】

 芽室ワインカウンティ(吉田知浩会長)は21日、芽室産ブドウを使用して醸造した初のワイン「INIZIO 2018」(イニツィオ)を発表した。7月から数量限定で販売、北海道十勝フード&ワインフェ...

室蘭民報

越冬たまねぎ「えったま333」を使い料理講習会【伊達】

 伊達市の越冬タマネギ「えったま333」の料理講習会が20日、市内梅本町のだて歴史の杜食育センター内キッチンスタジオで開かれた。参加者が甘く、栄養価が高いタマネギを和気あいあいと調理。出来上がり...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

十勝毎日新聞

「優しいあんこ」食べて魅力発信 なつぞら応援推進協【十勝】

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」応援推進協議会(梶原雅仁会長)は19日、ドラマの主題歌でスピッツの新曲「優しいあの子」の発売に合わせ、スイーツ王国・十勝の魅力を発信する「優しいあんこ」企画をスタ...