北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

SNSで農業情報発信 組合員向け初の試み JA【音更】

 JAおとふけ(笠井安弘組合長)が、組合員のスマートフォンやタブレット端末に各種の農業情報を発信する「JAコネクト」の運用を始めた。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用した情報提供は、十勝農協連が既に運用しているが、JA単独では初めての試み。

JAおとふけが運用している「JAコネクト」。スマホなどに情報が発信される

 同JAではこれまで、営農技術情報や会議の案内通知、農業資材のとりまとめなどについて、組合員宅にファクスや文書の郵送で対応してきた。

 しかし、組合員から「帰宅しないと情報が確認できない」「文書の枚数が多い」「字がつぶれて読み取れないことがある」などの意見や苦情が寄せられ、その対応が課題となっていた。

 近年、全地球測位システム(GPS)を使ったトラクターの導入など、管内の農業機械分野でもIT化が進み、若い組合員を中心にスマートフォンやタブレットを利用する機会が増えていることから導入を決めた。

 システムの開発は、神奈川県のIT関連会社「鎌倉インダストリーズ」に依頼。JAおとふけ同様、情報発信のIT化を検討していたJA斜里町(オホーツク管内)も開発に協力し、3者が既存のファクスシステムの機能とも連携したサービスを構築した。

 提供された情報は端末に蓄積され、発信した部課ごとに検索可能。コメントを送信したり、会議の出欠情報を返信したりすることもできる。希望に応じて、これまでのファクスでの受信を併用することもできる。4月24日から運用を開始。現在、営農戸数511戸のうち、136戸が利用している。

 開発を担当した同JA企画振興部企画振興課の鴨川義司係長は「職場のペーパーレス化と情報周知の迅速化が狙い。操作性にも優れているので、積極的に活用してほしい」と話している。

関連記事

室蘭民報

客船オーシャン・ドリームが初入港し市民らと交流【室蘭】

 ピースボートクルーズ所属の客船オーシャン・ドリーム(3万5265トン)が19日午前、室蘭港中央埠頭旅客船バースに初入港した。船内では地元の団体と乗船客の交流が行われ、広島の原爆投下により被爆...

室蘭民報

今年度末で解散する室蘭大沢FCがサッカー道大会で優勝【室蘭】

 2019年度末で解散する少年サッカーチーム「室蘭大沢FC U―12」(池田和弘監督)が7月27日から4日間、栗山町のふじスポーツ広場で開かれた全道大会「フジパングループプレゼンツ2019ロバパン...

室蘭民報

天文同好会の田中会長が全国協議会会長賞を受賞【壮瞥】

 壮瞥天文同好会の田中文夫会長(71)=壮瞥町滝之町=は、第31回「星空の街・あおぞらの街」全国大会in弟子屈町で、全国協議会会長賞の個人賞を受賞した。天体観測施設「森と木の里センター」(壮瞥町...

室蘭民報

登別出身俳優・津村さんが9月5日に道出身者による公演【登別】

 登別市出身の俳優・津村知与支さんが出演する公演が9月5日、富士町の市民会館で行われる。津村さんは「老若男女問わずどの世代が見ても、人間が持つユーモラスや切なさを感じ取ることができる内容です」と...

室蘭民報

広域ビル10周年祝う「ビルまつり」が22日に開催【室蘭】

 第9回むろらん広域センタービルまつり(室蘭商工会議所など主催)が22日、室蘭市海岸町の同センタービル玄関前広場と1階道民ホールを会場に開催される。ビアガーデンや露店10店が並び抽選会を予定。2...