北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

SNSで農業情報発信 組合員向け初の試み JA【音更】

 JAおとふけ(笠井安弘組合長)が、組合員のスマートフォンやタブレット端末に各種の農業情報を発信する「JAコネクト」の運用を始めた。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用した情報提供は、十勝農協連が既に運用しているが、JA単独では初めての試み。

JAおとふけが運用している「JAコネクト」。スマホなどに情報が発信される

 同JAではこれまで、営農技術情報や会議の案内通知、農業資材のとりまとめなどについて、組合員宅にファクスや文書の郵送で対応してきた。

 しかし、組合員から「帰宅しないと情報が確認できない」「文書の枚数が多い」「字がつぶれて読み取れないことがある」などの意見や苦情が寄せられ、その対応が課題となっていた。

 近年、全地球測位システム(GPS)を使ったトラクターの導入など、管内の農業機械分野でもIT化が進み、若い組合員を中心にスマートフォンやタブレットを利用する機会が増えていることから導入を決めた。

 システムの開発は、神奈川県のIT関連会社「鎌倉インダストリーズ」に依頼。JAおとふけ同様、情報発信のIT化を検討していたJA斜里町(オホーツク管内)も開発に協力し、3者が既存のファクスシステムの機能とも連携したサービスを構築した。

 提供された情報は端末に蓄積され、発信した部課ごとに検索可能。コメントを送信したり、会議の出欠情報を返信したりすることもできる。希望に応じて、これまでのファクスでの受信を併用することもできる。4月24日から運用を開始。現在、営農戸数511戸のうち、136戸が利用している。

 開発を担当した同JA企画振興部企画振興課の鴨川義司係長は「職場のペーパーレス化と情報周知の迅速化が狙い。操作性にも優れているので、積極的に活用してほしい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

斉藤恒子染展~藍色の風【日高】

【日高】帯広市在住の染織作家による「斉藤恒子染展~藍色の風~」が19日まで、門別競馬場向かいのナカジマ家具店地下特設会場で開かれている。時間は午前10時~午後6時(19日は午後3時)まで。  斉藤さん...

日高報知新聞

高山植物の盗掘防止など【様似】

【様似】登山シーズンとなり、アポイ岳保全対策協議会は15日朝、貴重な高山植物群落があるアポイ岳(810・6㍍)登山口で高山植物盗掘防止と携帯トイレ普及の啓発キャンペーンを実施し、登山者に協力を呼び掛...

苫小牧民報

特製ちゃんこで町民笑顔に むかわ合宿の大相撲・友綱部屋

 むかわ町内に合宿中の大相撲・友綱部屋は16日、昨年9月に発生した胆振東部地震で被災した町民を励まそうと、同町道の駅「四季の館」で振る舞いちゃんこ会を開いた。友綱親方(元関脇・旭天鵬)をはじめ、...

苫小牧民報

大移動終え、D51お披露目 道の駅併設の鉄道資料館にファンら-安平

 安平町が誇る蒸気機関車(SL)「D51―320号機」の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」(同町追分)に併設する鉄道資料館への設置作業が14日に完了し、一般にお披露目された。多くの町民...

苫小牧民報

障害者の就労支援に 使用済み水道メーター、福祉施設に作業委託-苫小牧市

 苫小牧市は、これまで専門事業者に売却していた使用済み水道メーターについて、今月から分解と選別作業を市内の福祉事業所11施設に委託した。リサイクル活用と障害者の就労支援につなげるのが狙い。各事業...