北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

親鳥の後、よちよち タンチョウひな【十勝】

夕刻になり親鳥の後を付いて巣に戻るタンチョウのひな

 十勝管内の湿地では5月に入り、国の特別天然記念物タンチョウがつがいで子育てする姿が見られている。

 タンチョウは日本で繁殖する唯一の野生ツル。夏季は湿原に分散して営巣する。生まれてから100日程度で飛べるようになる。

 撮影箇所のひなが誕生したのは5月初旬。タンチョウの親子は早朝に営巣地を出て、近くの畑や側溝で餌を取り、夕方に巣に戻る生活を送っている。移動は1羽の親鳥が先頭で歩き、もう1羽がひな2羽に付き添うようにゆっくりと足を進める。伸びた草に隠れ姿が見えなくなると、探しに戻る様子も。

 17日夕、畑で過ごしていた親子は急な側溝を越え、堤防上を横切り、時間をかけ沼の中島の営巣地に帰ってきた。親鳥が腰を下ろすと、ひな鳥はすかさず羽の下に潜り込んだ。親鳥の羽から顔だけ出し辺りを見まわしながら、もう1羽の親鳥を探す愛くるしい様子が見られた。

親鳥の背中で休むひな

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...