北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

交流拠点と船お披露目 「岩部クルーズ」6月から運航【福島】

岩部地区交流センター前でテープカットに臨む関係者ら

 【福島】岩部地区交流センター(岩部65)のオープンセレモニーが18日、同所で開かれ、鳴海清春町長や来賓ら34人が6月から始まる「岩部クルーズ」の交流拠点の機能を持つ同センターのオープンを祝った。クルーズの安全祈願祭も併せて行われ、町が3月に建造したグラスボート「ROSE WOOD」(1・3トン、12人乗り)がお披露目された。

 岩部クルーズは一般社団法人福島町まちづくり工房(上嶋利洋代表理事)が、グラスボートを町から借り受けて運航。完全予約制で1日3回、岩部漁港から矢越岬までの片道約5キロを約90分かけて周遊する。

 この日は、交流センター前でのテープカットの後、100メートルほど離れた岩部漁港で安全祈願祭を執り行った。福島大神宮の常磐井武典宮司が祝詞を奏上し、参加者が玉串をささげ、事業の成功と安全を祈った。

 グラスボート試乗は、通称「青の洞窟」までを往復する30分の短縮コースで運航し、来賓の逢坂誠二衆院議員、小田原輝和渡島総合振興局長らが乗船。今回は、途中でイルカと遭遇する一幕もあり、乗船者は海の青さと素晴らしい景色に感激していた。逢坂氏は「静かで素晴らしい船。子どもたちも喜ぶのでは」、小田原局長は「すこぶる快適。(料金の)3000円の価値はあります」と太鼓判を押した。

 クルーズの予約、問い合わせは福島町まちづくり工房(0139・46・7822)へ。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...