北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

交流拠点と船お披露目 「岩部クルーズ」6月から運航【福島】

岩部地区交流センター前でテープカットに臨む関係者ら

 【福島】岩部地区交流センター(岩部65)のオープンセレモニーが18日、同所で開かれ、鳴海清春町長や来賓ら34人が6月から始まる「岩部クルーズ」の交流拠点の機能を持つ同センターのオープンを祝った。クルーズの安全祈願祭も併せて行われ、町が3月に建造したグラスボート「ROSE WOOD」(1・3トン、12人乗り)がお披露目された。

 岩部クルーズは一般社団法人福島町まちづくり工房(上嶋利洋代表理事)が、グラスボートを町から借り受けて運航。完全予約制で1日3回、岩部漁港から矢越岬までの片道約5キロを約90分かけて周遊する。

 この日は、交流センター前でのテープカットの後、100メートルほど離れた岩部漁港で安全祈願祭を執り行った。福島大神宮の常磐井武典宮司が祝詞を奏上し、参加者が玉串をささげ、事業の成功と安全を祈った。

 グラスボート試乗は、通称「青の洞窟」までを往復する30分の短縮コースで運航し、来賓の逢坂誠二衆院議員、小田原輝和渡島総合振興局長らが乗船。今回は、途中でイルカと遭遇する一幕もあり、乗船者は海の青さと素晴らしい景色に感激していた。逢坂氏は「静かで素晴らしい船。子どもたちも喜ぶのでは」、小田原局長は「すこぶる快適。(料金の)3000円の価値はあります」と太鼓判を押した。

 クルーズの予約、問い合わせは福島町まちづくり工房(0139・46・7822)へ。

関連記事

根室新聞

特産品で地元出身学生を応援 第2弾 1日から申込受付【根室】

 根室を離れ学業に励む学生に、地元特産品を贈る「根室出身学生応援!根室の旨いをお届け隊」の第2弾の募集が11月1日から始まる。今回も5千円相当分の地場産品詰め合わせを用意し、根室の味を届ける。...

根室新聞

下校見守り活動拡大 保護司会と更生保護女性会【根室】

 根室地区保護司会(袴谷良憲会長)は19日から根室更生保護女性会(原田純子会長)などと協力して、新たに花咲小学校の学校区周辺で下校児童の見守り活動を実施している。  見守り活動は根室地区保護...

苫小牧民報

厚真高生が復旧作業や工場見学 林業現場体験ツアー 未来の担い手育成へ

胆振総合振興局、胆振地域林業担い手確保推進協議会は20日、厚真高校の1年生32人を対象に「林業現場体験バスツアー」を行った。生徒たちは2018年9月の胆振東部地震で被災した厚真町内民有林の復旧作業...

苫小牧民報

公設市場30日まで意見公募 花卉は民間委譲へ 

苫小牧市は、公設地方卸売市場の民間活力導入に向けた準備を進めている。2021年度に青果、水産両市場の管理・運営を指定管理者に移行し、22年度に花卉(かき)市場を民間委譲する計画。市議会の12月定例...

苫小牧民報

王子サーモン ツイッターで 大きな反響、サケの種類を解説

スモークサーモン製造販売の王子サーモン(本社東京、本店苫小牧市)がインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」でサケの種類を画像付きで紹介し、反響を呼んでいる。同社は20日に創業53年を迎えたばか...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス