北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

土方熱演、迫真の殺陣 箱館五稜郭祭開幕【函館】

迫真の演技で優勝した三木さん(手前)

 戊辰戦争終結150周年・第50回記念箱館五稜郭祭が18日、開幕した。五稜郭タワーアトリウムでは、初日のメインイベント「第32回土方歳三コンテスト全国大会」が開かれ、ゲスト審査員として俳優の山本耕史さんが15組の演技を見守った。審査の結果、迫真の殺陣を展開した東京都目黒区から初出場の三木崇史さん(33)が優勝を飾った。

 参加者は20~50代の男性9人、女性6人で、市内をはじめ、青森や京都など全国からエントリー。基本のシナリオは、一本木関門で行く手を阻む新政府軍の歩哨(ほしょう)を退けた後、銃撃によって落命するまで。

 優勝した三木さんは歩哨を退けた後、殺陣の後輩でもある橋本良太さん(28)が放つ短銃の弾を刀で弾く演技で間合いを詰め、2人で迫力の殺陣を繰り広げた。「誠」の文字が入ったぼろぼろの旗を取り返した直後に撃たれ、仰向けに倒れた。

 都内の専門学校で講師として殺陣や所作などを指導しているといい、自ら考えたシナリオで練習を重ね、小道具なども用意した。優勝が発表されると会場から「やっぱり」の声が漏れるなど、納得の結果となった。三木さんは出場を応援してくれた仲間への感謝を口にし、土方の魅力を「男らしさや武士道を貫いたからこそ、150年の時を超えて伝わっている」と話した。優勝を支えた橋本さんは「(三木さんは)気迫が違うと感じていた」と喜んだ。

 このほかの出演者もそれぞれ、近藤勇や沖田総司ら新選組の仲間への思いをセリフにしたり、雄叫びを上げたりと演技に工夫を凝らした。新選組の羽織姿の出演者を集めて会場とともに勝ちどきをあげたり、スマートフォンで仲間の無事を確認する土方など笑いで盛り上げる出演者もいて、それぞれの好演に拍手が送られた。

 準優勝は昨年に続いて佐々木育恵さん(28)=東京=で「3度目の正直で来年こそ頑張ります」と意気込み、3位の五稜郭祭賞は福来せんりさん(52)=同=が輝いた。三木さんと佐々木さんは19日午後1時に中島廉売通りを出発する維新行列・音楽パレードにも参加する。

関連記事

根室新聞

特産品で地元出身学生を応援 第2弾 1日から申込受付【根室】

 根室を離れ学業に励む学生に、地元特産品を贈る「根室出身学生応援!根室の旨いをお届け隊」の第2弾の募集が11月1日から始まる。今回も5千円相当分の地場産品詰め合わせを用意し、根室の味を届ける。...

根室新聞

下校見守り活動拡大 保護司会と更生保護女性会【根室】

 根室地区保護司会(袴谷良憲会長)は19日から根室更生保護女性会(原田純子会長)などと協力して、新たに花咲小学校の学校区周辺で下校児童の見守り活動を実施している。  見守り活動は根室地区保護...

苫小牧民報

厚真高生が復旧作業や工場見学 林業現場体験ツアー 未来の担い手育成へ

胆振総合振興局、胆振地域林業担い手確保推進協議会は20日、厚真高校の1年生32人を対象に「林業現場体験バスツアー」を行った。生徒たちは2018年9月の胆振東部地震で被災した厚真町内民有林の復旧作業...

苫小牧民報

公設市場30日まで意見公募 花卉は民間委譲へ 

苫小牧市は、公設地方卸売市場の民間活力導入に向けた準備を進めている。2021年度に青果、水産両市場の管理・運営を指定管理者に移行し、22年度に花卉(かき)市場を民間委譲する計画。市議会の12月定例...

苫小牧民報

王子サーモン ツイッターで 大きな反響、サケの種類を解説

スモークサーモン製造販売の王子サーモン(本社東京、本店苫小牧市)がインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」でサケの種類を画像付きで紹介し、反響を呼んでいる。同社は20日に創業53年を迎えたばか...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス