北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

市内3カ所で「さくらまつり」、春の一日を満喫【室蘭】

 青空が広がった19日、室蘭市内3カ所で「さくらまつり」が開催された。市民らは満開のヤエザクラの下、家族で記念写真を撮ったり、並ぶ露店に足を運んだり、抽選会で笑顔の輪を広げたり、思い思いに春の一日を満喫していた。

白鳥台北公園

オカリナ演奏などのパフォーマンスが繰り広げられた第19回白鳥台桜まつり=白鳥台北公園

 約400本あるヤエザクラが咲き誇る中、白鳥台の白鳥台北公園で開催された第19回白鳥台桜まつり(同実行委員会主催)は、カラオケや北海道大谷室蘭高校吹奏楽部の演奏、大抽選会などで盛り上がった。

 室蘭和太鼓會のパフォーマンスで開幕。音楽ユニット、サウザンドパワーによるオカリナ演奏では会場から手拍子が寄せられ、よさこいチーム、室蘭ルネッサンスによる熱の入った演舞も繰り広げられた。

 会場には射的やくじ、かき氷などの露店が並び、地域の子どもたちが次々と訪れていた。

鷲別川沿い

会場を大いに盛り上げたよさこいソーラン=高砂3丁目公園

 第19回わしべつ川沿い桜まつり(同実行委員会主催)の最終日は、高砂町の高砂3丁目公園で、よさこいソーランや歌謡ショーなどがあり、訪れた市民らを楽しませた。

 よさこいソーランでは、室蘭のダンスチームAJG KIDS、室蘭百花繚蘭が登場。迫力の演舞で大勢の視線を集めた。最後は両チームに一般参加者を加えた200人近くが一緒に踊り、会場を盛り上げた。

 歌謡ショーやじゃんけん大会も盛況。鷲別川沿いの通りでは約500本のヤエザクラが満開となり、まつりと共に来場者の気分を晴れやかにした。

祝津公園

満開のサクラを前に、ジンギスカンを楽しむ市民=祝津さくら公園

 祝津さくら公園まつり(同まつり実行委員会主催)は、祝津町の同公園で開かれ、満開のヤエザクラを前に市民らがジンギスカンに舌鼓を打つなど、思い思いに休日を楽しんだ。

 祝津町会、祝津老人クラブ長寿会、祝津商店会、港南町会歩こう会の後援。商店主や町内会関係者らが協力して、地域を盛り上げる催し―として今年で10回目を迎える。ヤエザクラが満開となり、節目のイベントに彩りを添えた。

 会場には、焼き鳥やつぶ焼きなどの露店、フリーマーケット、新鮮野菜の競り体験・即売会が並んだほか、室蘭ルネッサンスがよさこいを披露。昨年に続いて75歳以上の高齢者を招いた観桜会も開かれたほか、桜並木近くのジンギスカンコーナーは大にぎわいだった。

関連記事

十勝毎日新聞

コロナ禍 ジャズで元気に 15日コンサート【帯広】

 「ティータイムコンサート Vol.2 ~ワンコインで楽しむ午後のひととき~」(帯広市文化スポーツ振興財団、市教委主催)が、15日午後2時から帯広市民文化ホール・小ホールで開かれる。新型コロナ...

十勝毎日新聞

小麦ヌーヴォー スタンプラリー開催中【十勝】

 収穫したばかりの十勝産小麦を使った料理を味わう「とかち小麦ヌーヴォー」(実行委員会主催)が始まっている。参加店では十勝の特産品を詰め合わせたセットが当たるスタンプラリーなどを行っている。 ...

十勝毎日新聞

蜷川実花展 早くも来場1万人突破 釧路の親子に記念品【帯広】

 帯広美術館(帯広市緑ケ丘2)で開催中の「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」(同展帯広実行委員会など主催)の来場者が13日午前、1万人を突破した。開幕21日目(休館日を除く)での達成は歴代6番目...

十勝毎日新聞

早速「完走」も オンライン「フードバレーマラソン」【十勝】

 新型コロナウイルスの影響でオンライン開催となった今年の「フードバレーとかちマラソン」(実行委員会主催)。スマートフォンで走行距離を記録する機能を活用して1日に始まり、既に完走者も現れている。今後...

十勝毎日新聞

オンラインで1日「号砲」 フードバレーマラソン【帯広】

 新型コロナウイルスの影響で今年はオンライン開催となった「フードバレーとかちマラソンon the WEB」が1日、始まった。オープニングセレモニーなどは行わず、参加者が個々にスタートを切る形で31...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス