北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

運動会で1番目指す!・高校生が教える陸上競技教室【名寄】

運動会で1番を目指し、練習プログラムを体験する児童たち

 名寄高校陸上競技部(三浦航大主将、部員27人)の「高校生が教える陸上競技教室~運動会で一番をめざそう!~」が18日に同校グラウンドで開かれ、小学生たちが速く走るための練習などを体験。多彩なプログラムを通して、陸上競技に興味を深めた。

 同部による「人間力向上プロジェクト」の一環。ボランティア活動を通して地域貢献できる人間育成、異年齢交流によるコミュニケーション能力育成、企画運営に関わる組織的役割を身に付けることを狙いとしている。

 この時期恒例の陸上競技教室は、小学生を対象に開催。今年で7回目を迎え、定員の60人を上回る71人が参加。ここ数年は締め切った後も含めると100人ほどの申し込みがあるなど人気が高まっており、今年は募集開始2日目で受け付けを締め切った。

 教室では、部員たちが講師を務め、競技の指導に加え、子どもたちの世話や接客などにも当たった。

 1、2、3、4年、5・6年の5グループに分かれて進行。部員たちで考えたプログラムを進め、リズムに乗りながらの準備体操をはじめ、速く走るための動きづくり、競走のスタート練習、タイム計測などを行った。  部員たちが日ごろ取り組んでいる練習メニューを基に、学年に合わせてアレンジ。腕振りや膝上げなど、運動会で少しでも速く走れる方法を伝えた。

 ラダーを使用し、両足ジャンプで跳び越えたり、片足ずつ踏み入れて跳んだりするなど、慣れるにつれて少しずつ難しい動きを取り入れ、ステップアップを目指した。

関連記事

日高報知新聞

「飯寿し」を正月料理に【えりも】

【えりも】えりも初冬の恒例行事「サケの飯寿しづくり」体験が9、10の両日、道栽培漁業えりもセンターと歌別生活館で行われ、札幌や十勝方面などからも含め16組25人が参加して「えりもの冬の味づくり」を体...

日高報知新聞

韓国で姉妹校の歓迎受ける【えりも】

【えりも】えりも高校(佐藤健校長)の3年生17人が、10月15日から18日まで3泊4日の日程で実施した韓国への海外研修成果を6日、役場に大西正紀町長と川上松美教育長を表敬訪問して報告した。  同校の...

根室新聞

四島交流専門家シンポジウム開催 成果と課題議論【根室】

 北海道博物館は9日、北方四島ビザなし交流の専門家枠で調査している各分野の専門家と関係者によるシンポジウムを北方四島交流センターで開き、専門家交流の成果とその役割、課題について議論を交わした。...

苫小牧民報

幻想的な空間楽しもう 苫小牧駅前でイルミネーション-12月1日から

 冬の夜空の下で輝く幻想的なイルミネーションを楽しもう―。苫小牧市は昨年に続き、今年もJR苫小牧駅南口駅前広場のイベント「とまイルスクエア」を開催する。LED(発光ダイオード)電球の数を15%増や...

苫小牧民報

「楽しく生きるため運動を」 女優いとうさん介護予防で講話

 女優として活躍する傍ら、介護予防ロボットの研究、開発に取り組むいとうまい子さんによる介護予防講話が11日、苫小牧市柳町のイオンモール苫小牧で行われた。介護の日(11月11日)にちなんだ企画で、...