北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

英国領事・ユースデンゆかりのライラック、函館公園に4本植樹【函館】

旧図書館前のクルミの木の前に植えられたユースデンゆかりのライラック

 1879(明治12)年の公園開設から140周年となる函館公園(青柳町)に21日、幕末から明治初期に函館で英国領事を務めたリチャード・ユースデンゆかりのライラック4本が植えられた。札幌市公園緑化協会の協力で、育てられた1メートルほどの木で、順調に根付けば、2~3年程度で花を咲かせるようになるという。

 函館公園は、ユースデンの提唱に賛同した函館市民が資金や造成に協力して開設。ユースデン夫人は本国からライラック、セイヨウグルミを取り寄せて、公園開設記念に植えた。1892(明治25)年には渡英した渡邉熊四郎(初代)が、公園で咲いたライラックの写真をユースデン夫妻に届け、喜ばせたという話が残っている。

 このユースデンゆかりのライラックの原木は1954(昭和29)年の洞爺丸台風で枯死したが、原木のひこばえから市民が育てた木が残っており、さらにその木を受け継いだ三島清吉北大名誉教授(故人)が87年に道立工業技術センターに寄贈。この木も衰弱したが、2008年10月には、同センターのライラックから得た株を函館公園に〝里帰り〟させた。

 今回、新たに植樹したのは、同協会の協力で同センターのライラックを元にして美唄市の道総研林業試験場で茎頂培養して生長させた株。08年に植えた木の付近に2本と、旧図書館前にあるユースデンゆかりのクルミの前に2本を植えた。

 同協会は、昨年5月に約250種、1700本のライラックがある川下公園(白石区)にこのゆかりのライラックを移植しており、ユースデン夫妻の思いは、函館と札幌で大切に受け継がれていくことになる。同協会の庵原英郎技術主査(43)は「日本でも最古に導入された由緒あるライラック。2~3年後には花を付け、5年ぐらいで2メートルほどの高さに生長する。順調に根付いてもらいたい」と話した。

 市土木部公園河川管理課の山本寛人課長(54)は「札幌市の協力で函館公園にライラックを増やすことができた。市民と一緒にこの木を育てていきたい」と話していた。

関連記事

根室新聞

10月10日、旧標津線を巡る秋のフットパスツアー【根室】

 知床ねむろ・北太平洋シーニックバイウェイ(SB)の「旧標津線を巡る秋のフットパスツアー」が、10月10日に実施される。フットパスや北棟建築100周年の旧奥行臼駅逓所(国指定史跡)、西春別駅跡...

根室新聞

北方領土返還要求中央アピール 行進中止【根室】

 北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)は24日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため「返還運動始まりの日」の12月1日に首都圏で行っている北方領土返還要...

苫小牧民報

実りの秋に感謝 厚真桜丘・森田さんの田んぼで抜穂祭

 胆振、日高の青年神職会は24日、厚真町桜丘の森田明央さん(53)が所有する水田に設ける「神田」で恒例の「抜穂(ぬいぼ)祭」を実施した。神事の後、若手の神職ら14人が手作業で鎌を振るい、日胆地区...

苫小牧民報

まるで親子、寄り添う犬猫 安平・佐藤農園パークゴルフ場

 安平町早来の佐藤農園パークゴルフ場で飼育している雄犬の「テツ」(推定13歳)に小さな野良猫が懐き、利用者から「親子のよう」と話題を集めている。じゃれ合う様子がかわいらしく、飼い主の佐藤豊子さん...

十勝毎日新聞

十勝ワイン仕込み開始【池田】

 2020年産のブドウを使った十勝ワインの仕込み作業が25日、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(佐野寛所長)で始まった。  午前8時半、関係者が操業の安全を祈願。勝井勝丸町長は「事故なく、いいワ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス