北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

初挑戦で金賞の快挙 十勝の2人 英フラワーショー【ロンドン】

 国際ガーデニングショーの最高峰「チェルシー・フラワー・ショー」(英国ロンドン)が21日開幕し、十勝から参加していた木野花園計画(帯広)の柏倉一統(かずと)代表と、未季庭園設計事務所(幕別)の佐藤未季代表による「漢方の庭」が金賞を受賞した。関係者によると、日本人の初挑戦での金賞受賞は初めて。

金賞受賞を喜ぶ(左から)柏倉さんと佐藤さん(ロンドン)

「善意と愛で出場、感謝」
 開幕直後に庭の制作メンバーと共に知らせを受けた柏倉さんは「聞いた瞬間は理解ができなかった。メンバーが喜ぶ姿で実感が湧いた」と喜んだ。佐藤さんは「皆さんの善意と優しさ、愛がなかったら、この場所に来ることはできなかった。感謝の気持ちでいっぱいです」と話した。

 同ショーへの道内からの参加は初めてで、2人は初挑戦で世界的な栄誉に輝いた。全3部門のうち、次世代のための「スペース・トゥ・グロウ」部門に出展していた。審査は19日に行われ、各部門で優秀な作品が金賞に選ばれ、21日の開幕に合わせて発表された。

 「スペース-」部門は全9組が出展し、うち金賞は5組だった。全3部門26組では12組が金賞(ゴールド)を受賞、他にシルバーギルト、シルバー、ブロンズの四つの賞が選ばれた。

 「漢方の庭」は横幅12メートル、奥行き6メートルで、北海道の雪解けをイメージ。薬膳や漢方に使われる約30種の植物で構成している。雪解け水が植物に染み込み、人をも健康、幸せにするという循環を表現。水の周りの石は真鍋庭園(帯広)の府川洋史工事課長が手掛けた。

 柏倉さんと佐藤さんは昨年初めて応募し、見事1次審査を通過。最終審査に進むにはガーデン制作費用約1700万円を出資するスポンサーが必要だったが、十勝をはじめ国内外から支援者が集まり、約440人から2000万円近くに上る資金が寄せられた。

金賞を受賞した「漢方の庭」の全景

独自性や品質管理で最高評価 審査講評
 審査員の講評では、独自性や施工技術など9項目を5段階で評価した。2人の庭は独自性、細部のディテール、空間構成、植物の品質管理の4項目で最高評価だったほか、他の5項目も上から2番目の評価を受けた。審査員からは「Solid Gold(確かな金賞)」と伝えられ、9項目全てで高い評価を得たことから金賞につながった。

<チェルシー・フラワー・ショー>
 「庭のオリンピック」とも称される英国のガーデニングショー。100年以上の歴史を持ち、毎年約15万人が訪れる。主催する英国王立園芸協会はエリザベス女王が総裁を務め、世界最古で最も権威のあるフラワーショーとされる。今年の会期は25日まで。

関連記事

十勝毎日新聞

ワイン城動画 海渡る 町出身の八木さん制作【池田】

 池田町出身の農業八木賢太郎さん(37)=帯広市在住=が撮影・編集したワイン城のPR動画が25日から、日本政府観光局(JNTO)のシンガポール、マレーシア・クアラルンプール両事務所のフェイスブック...

十勝毎日新聞

「邪神ちゃん」声優が市訪問 ばんえいコラボ【帯広】

 帯広市がふるさと納税を活用して制作する人気アニメ「邪神ちゃんドロップキック」の帯広編に関連し、同アニメとばんえい競馬の連携イベント(帯広市主催)が28日に開かれた。アニメに出演する声優による帯広...

十勝毎日新聞

スマホ通学定期を導入 窓口手続きいらず 十勝バス【帯広】

 十勝バス(帯広市、野村文吾社長)が26日から、スマートフォンがチケット代わりになる通学定期券の販売を一部路線で始めている。全国の交通機関で利用があるアプリ「バスもり!」を活用した。通学定期券の販...

函館新聞

色柄、素材さまざま/初のハンドメイドマスクマーケット【函館】

 地元のハンドメイド作家やクラフト作家によるマスクとマスクアイテムの展示即売会「ハンドメイドマスクマーケット」が28日、函館蔦屋書店で始まった。手作りの布マスクをはじめ、マスク用のホルダーやピア...

函館新聞

平日夜に大人向け企画を開始・はこだてみらい館【函館】

 函館市の公益施設、はこだてみらい館(函館市若松町、キラリス函館3階)は、平日夜を中心に大人向けの講座などを開く取り組み「#オトナみらい館」を開始した。  同館は縦2・4メートル、横14・4...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス