北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

初挑戦で金賞の快挙 十勝の2人 英フラワーショー【ロンドン】

 国際ガーデニングショーの最高峰「チェルシー・フラワー・ショー」(英国ロンドン)が21日開幕し、十勝から参加していた木野花園計画(帯広)の柏倉一統(かずと)代表と、未季庭園設計事務所(幕別)の佐藤未季代表による「漢方の庭」が金賞を受賞した。関係者によると、日本人の初挑戦での金賞受賞は初めて。

金賞受賞を喜ぶ(左から)柏倉さんと佐藤さん(ロンドン)

「善意と愛で出場、感謝」
 開幕直後に庭の制作メンバーと共に知らせを受けた柏倉さんは「聞いた瞬間は理解ができなかった。メンバーが喜ぶ姿で実感が湧いた」と喜んだ。佐藤さんは「皆さんの善意と優しさ、愛がなかったら、この場所に来ることはできなかった。感謝の気持ちでいっぱいです」と話した。

 同ショーへの道内からの参加は初めてで、2人は初挑戦で世界的な栄誉に輝いた。全3部門のうち、次世代のための「スペース・トゥ・グロウ」部門に出展していた。審査は19日に行われ、各部門で優秀な作品が金賞に選ばれ、21日の開幕に合わせて発表された。

 「スペース-」部門は全9組が出展し、うち金賞は5組だった。全3部門26組では12組が金賞(ゴールド)を受賞、他にシルバーギルト、シルバー、ブロンズの四つの賞が選ばれた。

 「漢方の庭」は横幅12メートル、奥行き6メートルで、北海道の雪解けをイメージ。薬膳や漢方に使われる約30種の植物で構成している。雪解け水が植物に染み込み、人をも健康、幸せにするという循環を表現。水の周りの石は真鍋庭園(帯広)の府川洋史工事課長が手掛けた。

 柏倉さんと佐藤さんは昨年初めて応募し、見事1次審査を通過。最終審査に進むにはガーデン制作費用約1700万円を出資するスポンサーが必要だったが、十勝をはじめ国内外から支援者が集まり、約440人から2000万円近くに上る資金が寄せられた。

金賞を受賞した「漢方の庭」の全景

独自性や品質管理で最高評価 審査講評
 審査員の講評では、独自性や施工技術など9項目を5段階で評価した。2人の庭は独自性、細部のディテール、空間構成、植物の品質管理の4項目で最高評価だったほか、他の5項目も上から2番目の評価を受けた。審査員からは「Solid Gold(確かな金賞)」と伝えられ、9項目全てで高い評価を得たことから金賞につながった。

<チェルシー・フラワー・ショー>
 「庭のオリンピック」とも称される英国のガーデニングショー。100年以上の歴史を持ち、毎年約15万人が訪れる。主催する英国王立園芸協会はエリザベス女王が総裁を務め、世界最古で最も権威のあるフラワーショーとされる。今年の会期は25日まで。

関連記事

根室新聞

10月10日、旧標津線を巡る秋のフットパスツアー【根室】

 知床ねむろ・北太平洋シーニックバイウェイ(SB)の「旧標津線を巡る秋のフットパスツアー」が、10月10日に実施される。フットパスや北棟建築100周年の旧奥行臼駅逓所(国指定史跡)、西春別駅跡...

根室新聞

北方領土返還要求中央アピール 行進中止【根室】

 北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)は24日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため「返還運動始まりの日」の12月1日に首都圏で行っている北方領土返還要...

苫小牧民報

実りの秋に感謝 厚真桜丘・森田さんの田んぼで抜穂祭

 胆振、日高の青年神職会は24日、厚真町桜丘の森田明央さん(53)が所有する水田に設ける「神田」で恒例の「抜穂(ぬいぼ)祭」を実施した。神事の後、若手の神職ら14人が手作業で鎌を振るい、日胆地区...

苫小牧民報

まるで親子、寄り添う犬猫 安平・佐藤農園パークゴルフ場

 安平町早来の佐藤農園パークゴルフ場で飼育している雄犬の「テツ」(推定13歳)に小さな野良猫が懐き、利用者から「親子のよう」と話題を集めている。じゃれ合う様子がかわいらしく、飼い主の佐藤豊子さん...

十勝毎日新聞

十勝ワイン仕込み開始【池田】

 2020年産のブドウを使った十勝ワインの仕込み作業が25日、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(佐野寛所長)で始まった。  午前8時半、関係者が操業の安全を祈願。勝井勝丸町長は「事故なく、いいワ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス