北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

芽室駅の厚紙模型製作 帯広出身の安岡さん【芽室】

本物そっくりの駅舎の模型と中野さん

 JR芽室駅構内の窓口カウンターに同駅のミニチュア模型が登場し、利用客の注目を集めている。製作したのは帯広出身で北見市在住の会社員安岡康弥さん(43)。同駅では「忠実に再現してもらっている。駅に立ち寄ったときにぜひ見てほしい」と話している。

 安岡さんは2年前にJR北海道が石北線の金華駅(北見市)などの廃止を発表したのをきっかけに、駅舎の模型作りを始めた。これまで上厚内駅や上白滝駅、旧白滝駅などを手掛けてきた。

 安岡さんと芽室駅の中野博文営業主任(43)は、鉄道という共通の趣味で知り合った友人同士。安岡さんは帰省に合わせて昨年の冬と今年の春先に2度、芽室駅を訪れ、駅舎の寸法を測ったり写真を撮影して製作の準備を進めた。

 それらを基に厚紙に図面を起こし、仕事から帰宅後や休日を利用して約1カ月かけて完成させた。安岡さんは「根気がいるが、好きだからできる」と話す。

 実物のおよそ150分の1サイズの模型は、駅舎の正面のからくり時計や一部れんが造りの外観だけでなく、構内で働く駅員や自動販売機なども精密に再現している。6月下旬に同駅に模型が贈られ、中野さんは「雰囲気を出すために」と、模型の駅舎に自身が所有していたNゲージの「キハ40」車両と線路を配置して透明ケースに入れた。

 窓口カウンターに設置し、子どもや家族連れが興味深げに眺める姿が見られる。中野さんは「リアルで感動した。駅に立ち寄った際に見てもらい、これをきっかけに鉄道を好きになってくれれば」と笑顔を見せる。

 安岡さんは「お子さんが喜んでくれているのはうれしい。また作ろうという気持ちになる」と話している。

関連記事

日高報知新聞

旬のウニに約4千500人【様似】

【様似】前浜の春ウニを味わう「第10回さまにウニまつり」が19日、本町3の国道沿いエンルム海岸特設会場で開かれた。晴天の行楽日和のもと、町内外から約4500人が訪れ、採れたての新鮮ウニや魚介類を網...

日高報知新聞

日高管内からは5人

 政府は21日付で令和元年春の叙勲受章者を発表した。全国総数4226人で、うち道内居住者は230人。日高管内からは長年にわたって各分野で地域の発展に尽くした元えりも漁協組合長の平野正男さんら5人が晴...

苫小牧民報

安平のSL、日本遺産に 北海道の「炭鉄港」認定で

 文化庁が20日付で発表した、各地の文化財に物語性を持たせて観光振興などにつなげる「日本遺産」。今年度は安平町など12市町で組織する北海道の「炭鉄港」(たんてつこう)を軸にした「本邦国策を北海道...

苫小牧民報

「ララ」です。会いに来てね 赤ちゃんラマの名前決まる-えこりん村

 恵庭市牧場のテーマパーク「えこりん村」は19日、4月に同村にやって来た赤ちゃんラマの名前を人気投票で「ララ」に決定した。担当の飼育員は「他の動物と仲良くしながら元気に成長してほしい」と話してい...

苫小牧民報

駒大苫高、女子硬式野球部を創設 全国制覇目指し、環境も整備

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、同校で記者会見を開き、2020年4月に女子硬式野球部を創設すると発表した。道内では札幌新陽高校に次ぎ2校目の女子野球部となる。笹嶋校長は「やるなら上を目...