北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

阿寒湖で観察会 児童がマリモの生態学ぶ【釧路】

 NPO法人阿寒湖のマリモ保護会などが主催する、国の特別天然記念物マリモの観察会が22日、釧路市阿寒湖で開かれた。阿寒湖小(本川敬一校長・児童数56人)の6年生9人が、普段立ち入ることのできない生育地で、マリモの生態や保護活動の歴史について学んだ。

打ち上げられたマリモを間近で観察する児童ら

 好天に恵まれたこの日、児童らは立ち入りが厳しく制限されているマリモの生息地、チュウルイ湾へバスで移動。現地では、市教育委員会マリモ研究室の尾山洋一さんが、生息範囲や生態などを説明した。  続いて児童らは船に乗り込み、水中眼鏡でマリモを観察。「大きい!」「きれい」などの声を上げ、湖底に息づく神秘的な姿を目に焼き付けていた。  前日の雨風の影響で湖岸には多くのマリモが打ち上げられており、児童らはマリモを湖に戻す作業も手伝った。小竹千茄さん(12)は「思っていたよりも重みがあってびっくりした」と話していた。  その後、過去にマリモが生息していたシュリコマベツ湾に移動し、同保護会副会長の安井岳さんが消滅した経緯などを説明。安井さんは「今回の観察会をきっかけに、環境保護について考えてほしい」と訴えた。  今年8月下旬には、チュウルイ湾で約22年ぶりに、マリモの個体数調査が行われる。

関連記事

苫小牧民報

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

苫小牧民報

豪空軍の戦闘機到着 日豪共同訓練、関係の成長と強化を-空自千歳基地

 航空自衛隊がオーストラリア空軍と国内を拠点に実施する初の日豪共同訓練、「武士道ガーディアン19」に参加する豪空軍戦闘機6機が20日、航空自衛隊千歳基地に到着した。同基地で出迎え行事が行われ、豪...

苫小牧民報

熱く応援、快勝に歓声 ラグビーW杯、新千歳でPV

 新千歳空港の旅客ビル会社、新千歳空港ターミナルビルディングは20日、開幕したラグビーワールドカップ日本大会の日本―ロシア戦のパブリックビューイング(PV)を国内線ターミナルビル4階の映画館「新千...

日高報知新聞

野々村社長の予想も【日高】

【日高】「北海道コンサドーレ札幌DAY」が17日、ホッカイドウ競馬開催中の門別競馬場で開かれた。  当日のレースは12R北海道コンサドーレ札幌特別、2Rドーレくん賞、4R宮の沢白い恋人サッカー場...

日高報知新聞

小学生42人が参加し【浦河】

 自然体験事業「うらかわサマーキャンプ」が14、15の両日、浦河町野深の自然体験実習館「柏陽館」で開かれた。  町内の小学校3~6年生42人(男子15人、女子27人)が参加して学校間交流や自然体験学習...