北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

朝市にミニ水族館 7月から/「はこだて海の教室」【函館】

「子どもたちに海に親しんでほしい」と意気込む実行委メンバー

 函館朝市に近海を模したミニ水族館が出現―。はこだて海の教室実行委(会長・菅原雅仁十字屋社長)は7月15日から、函館朝市えきに市場「いか釣堀広場」に大型水槽4基を設置する。子どもに国内屈指の「海の街・函館」を身近に感じてもらうのが狙いで、朝市の魅力づくりの一環。日本財団(東京)が推進する「海と日本プロジェクト」の採択を受けた。

 大型水槽4基(幅120センチ×高さ60センチ)は、それぞれテーマを設定。対馬暖流水槽は、江差方面のメジナやホンベラ、イシダイ、マアジ、ウミタナゴなど暖かい海にすむ魚種を展示する。函館市南茅部沖を流れる親潮水槽はクロソイ、エゾメバル、ホッケ、ヒラメなど冷たい海の魚たちがそろう。北斗市七重浜に面した砂地水槽はマガレイ、マハゼ、アナゴ、トラザメなど砂泥帯の魚が中心。函館市志海苔町の岩礁水槽はニジカジカ、クロソイ、アイナメなど岩場で暮らす魚種を集める。いずれも地元漁業者の協力を得て採集する。イベント終了後も常設展示する考え。

 また、朝市の5カ所に小型水槽(幅60センチ×高さ30センチ)を設置。えきに市場の既存いけすに解説板を設置し、展示水槽に見立てる。7月15日~8月15日には、小学生を対象に小型水槽5カ所を巡るクイズスタンプラリーも実施予定。

 このほか、6月16日~9月14日に、海に関する子ども向け9講座を延べ12回開催(4、5月は開催済み)。全て無料で、小学生計200人の参加を見込む。

 函館は水族館がなく、子どもが海に親しむ機会があまり多くない。菅原会長は「子どもたちと海の接点を生み出す機会としたい」と期待を込める。函館駅二商業協同組合の藤田公人理事長は「朝市に足を運び、魚と触れ合うことで魅力アップにつなげたい」と話す。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...