北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

初年度相談件数242件/「函館・道南サート」専用窓口【函館】

函館・道南サートをPRするリーフレット。市は新たな周知方法を検討している

 性暴力被害に遭った人を救援支援する性暴力被害対応チーム「函館・道南SART(サート)」で、函館市が新設した専用窓口に寄せられた相談件数が2018年度242件に上ることが分かった。委託先のNPO法人ウィメンズネット函館が、2017年度に扱った女性相談全般のうち、性暴力に該当すると思われる件数(22件)を大きく上回った。

 市は、性暴力の被害者を被害直後から中長期にわたって支援する相談窓口を昨年4月に設置。初年度に寄せられた相談件数の内訳は新規が36件、再相談が206件だった。全体242件のうち、病院での診察・治療が必要な「急性期」が11件に上った。

 相談内容は強制わいせつが166件と最多で、強制性交が42件、DV(ドメスティック・バイオレンス、配偶者からの暴力)が15件、盗撮などの撮影が12件、性的虐待が1件の順で、その他が6件。年代は10代が104件、20代が52件、30代が50件と30代以下が全体の85%を占めた。このほか、40代が20件、50代と60代がともに8件。被害時の年代も同じで、性犯罪の被害者は時間がたってから申告するケースもあるが、函館・道南サートは全員が被害直後に相談している。

 加害者との関係は、学校関係が75件と最も多く、次いで知人が60件、配偶者が24件、交際相手が21件、職場関係が13件、無面識が7件、家族が5件で、その他が37件だった。無面識よりも、関係が近い人が多いことが分かった。

 支援内容(重複あり)では、傾聴・情報提供が119件、関係機関への連絡が73件、警察や病院など付き添い支援が47件など。被害者の居住地は、函館市内(218件)がほとんど。

 これまで「どこに相談したらいいのか分からない」という人が、専用の相談窓口を設置したことで「潜在的な性暴力が表面化した」(市子育て支援課)とみる。また、拠点病院(市立函館病院、函館中央病院)や、警察との連携がうまく進んだことも数字になって表れたと分析。同課は「リーフレットや市ホームページで周知しているが、まだまだ周知が足りないと感じており、新たな方法を検討中」としている。

 サートは「函館性暴力被害防止対策協議会」(会長・遠藤力えんどう桔梗マタニティクリニック院長)が立ち上げ、市が相談窓口を開設した。相談専用ダイヤルは(0138・85・8825)。平日の午前10時~午後5時。

関連記事

苫小牧民報

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

苫小牧民報

豪空軍の戦闘機到着 日豪共同訓練、関係の成長と強化を-空自千歳基地

 航空自衛隊がオーストラリア空軍と国内を拠点に実施する初の日豪共同訓練、「武士道ガーディアン19」に参加する豪空軍戦闘機6機が20日、航空自衛隊千歳基地に到着した。同基地で出迎え行事が行われ、豪...

苫小牧民報

熱く応援、快勝に歓声 ラグビーW杯、新千歳でPV

 新千歳空港の旅客ビル会社、新千歳空港ターミナルビルディングは20日、開幕したラグビーワールドカップ日本大会の日本―ロシア戦のパブリックビューイング(PV)を国内線ターミナルビル4階の映画館「新千...

日高報知新聞

野々村社長の予想も【日高】

【日高】「北海道コンサドーレ札幌DAY」が17日、ホッカイドウ競馬開催中の門別競馬場で開かれた。  当日のレースは12R北海道コンサドーレ札幌特別、2Rドーレくん賞、4R宮の沢白い恋人サッカー場...

日高報知新聞

小学生42人が参加し【浦河】

 自然体験事業「うらかわサマーキャンプ」が14、15の両日、浦河町野深の自然体験実習館「柏陽館」で開かれた。  町内の小学校3~6年生42人(男子15人、女子27人)が参加して学校間交流や自然体験学習...