北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

食、ものづくりで研究成果報告 工業技術センター成果発表会【函館】

食やものづくりに関する8件の研究成果を披露した工業技術センターの成果発表会

 道立工業技術センター(三浦汀介センター長)の研究成果発表会が23日、フォーポイントバイシェラトン函館で開かれた。食関連4件、ものづくり関連4件の計8件が発表され、来場者約180人が理解を深めた。

 食産業技術支援グループなどによる「スラリーアイスの冷却効果を利用した冷凍刺身商材の開発」に関する発表では、スラリーアイス(海水や食塩水を氷点下1~同2・5度に冷却したシャーベット状の氷)が予備冷却に有効なことを説明した。

 実験ではシロザケの背肉を真空包装し、予備冷却してからマイナス20度で保管した場合の品質評価を実施。同グループの吉岡武也さんは「予備冷却したものは組織の氷結晶が小さく、解凍後のドリップが軽減された」と強調した。

 これらを踏まえ、シロザケやブリを原料とした冷凍刺身商材の開発に挑戦。飲食店などでのサンプルワークの結果、「新鮮さが評価され、全国のホテルチェーンなどへの出荷が始まっている」とした。

 別グループによる「春採り真昆布の健康機能性」に関する発表では、函館真昆布を使った「ヘルシーDo」(道食品機能性表示制度)認定製品開発への活用法を模索。マコンブをボイル乾燥することで、ヒトを対象とした健康機能性の効果が認められる成分を、効率的に摂取できることがわかり、今後の商品開発に寄与していくことなどとした。

関連記事

日高報知新聞

三石小に「巨峰」届ける【新ひだか】

【新ひだか】三石蓬栄の幌村建設(幌村司社長)は29日、三石小(野﨑充校長、児童155人)の全校児童に、同社に隣接するビニールハウスで育てたブドウの「巨峰」7箱を贈呈した。  幌村建設は道教委が進め...

日高報知新聞

「香り良くおいしい」【浦河】

 浦河町堺町東1のゲストハウス「MASAGO」で26日、浦河産冬イチゴ「かおり野」を使用したクラフトビール「イチゴ Milk Shake IPA」の試飲会が開かれた。  このビールは、札幌市の澄川...

十勝毎日新聞

小豆収穫 早めのスタート 8、9月の高温で成熟進む【十勝】

 豆の産地の十勝で、小豆の収穫が始まっている。今年は夏場の暑さの影響で登熟が進み、例年より生育が早い。生産者は安全に気を配りながら、コンバインで収穫を進めている。  管内は今年8月下旬から9月...

十勝毎日新聞

“業スー”開店【帯広】

 道東初となる食料品販売大手「業務スーパー」の帯広西5条店が30日午前9時、帯広市西5南18(旧ツルハドラッグ跡)にオープンした。自社工場で製造したプライベートブランド(PB)商品などを多数そろ...

十勝毎日新聞

帯広美術館 200万人突破 開館29年【帯広】

 道立帯広美術館(野崎弘幸館長)は30日午前、開館以来の累計の来場者数が200万人を突破した。節目の来場となった音更町の東海林加奈さん(35)に、記念品が贈られた。  1991年9月に道立5...