北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「地産地消」掲げ 麦音10年 満寿屋商店【帯広】

 パン製造販売・満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)の「麦音店」(稲田町南8線)が、今月で開店10年を迎えた。「地産地消」を前面に出し、「全国一の敷地面積を持つパン屋」として観光客を意識した滞在型の店舗づくりを展開。杉山社長は「パンを通じ、生産者と消費者をつないできた。栽培や体験にも力を入れてきた。今後、店舗の拡張も考えている」と話した。

広大な敷地内に店舗を構える麦音。イベントの企画をPRする杉山社長

 2009年5月にオープン。約1万1000平方メートルの敷地内に店舗がある。「栽培の過程を見てもらったり、生産者とのつながりを大事にしている」と杉山社長。敷地内で小麦を栽培、風車や石臼で小麦粉をひき、パン教室も受け入れている。5~10月には敷地内で管内の農業者が有機・無農薬野菜を販売する「ビオまるしぇ」を実施、生産者の顔の見える商品も積極的に開発している。

 カフェを併設、食べる前後も敷地内で過ごしてもらえるよう、店舗外に椅子などを設置している。開店当初に比べ、同店の売り上げは1・2倍に。今年4月には、東京・国立に麦音の支店を出した。

 麦音を含め十勝6店、国立含め東京に2店展開。杉山社長は「今後は音にこだわり、音楽イベントも積極的に開きたい。十勝産小麦100%に完全に切り替えた最初の店舗が麦音。試行錯誤だったが、認知度は確実に高まっており、手狭になってきた。時期は明言できないが拡張したい」としている。

25日から記念イベント

 25、26日は麦音店で限定商品の販売やライブなどの記念イベントを行う。10周年にちなみ、10巻のネジリドーナツ(200円)やソフトクリーム(倍量で通常料金300円)。記念Tシャツや豊西チーズバーガー(580円)を数量展開で販売する。26日午後1時からは記念ライブもある。問い合わせは麦音(0155・67・4659)。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...