北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「地産地消」掲げ 麦音10年 満寿屋商店【帯広】

 パン製造販売・満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)の「麦音店」(稲田町南8線)が、今月で開店10年を迎えた。「地産地消」を前面に出し、「全国一の敷地面積を持つパン屋」として観光客を意識した滞在型の店舗づくりを展開。杉山社長は「パンを通じ、生産者と消費者をつないできた。栽培や体験にも力を入れてきた。今後、店舗の拡張も考えている」と話した。

広大な敷地内に店舗を構える麦音。イベントの企画をPRする杉山社長

 2009年5月にオープン。約1万1000平方メートルの敷地内に店舗がある。「栽培の過程を見てもらったり、生産者とのつながりを大事にしている」と杉山社長。敷地内で小麦を栽培、風車や石臼で小麦粉をひき、パン教室も受け入れている。5~10月には敷地内で管内の農業者が有機・無農薬野菜を販売する「ビオまるしぇ」を実施、生産者の顔の見える商品も積極的に開発している。

 カフェを併設、食べる前後も敷地内で過ごしてもらえるよう、店舗外に椅子などを設置している。開店当初に比べ、同店の売り上げは1・2倍に。今年4月には、東京・国立に麦音の支店を出した。

 麦音を含め十勝6店、国立含め東京に2店展開。杉山社長は「今後は音にこだわり、音楽イベントも積極的に開きたい。十勝産小麦100%に完全に切り替えた最初の店舗が麦音。試行錯誤だったが、認知度は確実に高まっており、手狭になってきた。時期は明言できないが拡張したい」としている。

25日から記念イベント

 25、26日は麦音店で限定商品の販売やライブなどの記念イベントを行う。10周年にちなみ、10巻のネジリドーナツ(200円)やソフトクリーム(倍量で通常料金300円)。記念Tシャツや豊西チーズバーガー(580円)を数量展開で販売する。26日午後1時からは記念ライブもある。問い合わせは麦音(0155・67・4659)。

関連記事

苫小牧民報

ユニークな活動PR 小中学校で出前講座スタート-公営塾あびらぼ

 安平町で開講している公営塾「あびらぼ」のスタッフが9月30日、実際に行っている授業を町内の小中学校で紹介する活動に乗り出した。学校で出前講座を行うのは初めてで、皮切りとなった追分中学校では「ミ...

苫小牧民報

ゆかりの仏具を初公開 八王子千人同心隊長・原半左衛門胤敦が奉納

 苫小牧とゆかりの深い八王子千人同心の隊長、原半左衛門胤敦(たねあつ)が、江戸時代後期に白糠(現釧路管内白糠町)で奉納した仏具が、10日に開幕する苫小牧市美術博物館の企画展で初公開される。同館学...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日達成の新冠町へ感謝状【新冠】

【新冠】交通事故死ゼロ1000日を達成した新冠町に9月30日、町役場で日高振興局長から感謝状が贈られた。  2018年1月1日から今年9月26日までの1000日間、町内では交通事故死がなかった。...

日高報知新聞

第39回町民乗馬大会 町内乗馬愛好者が騎乗の腕前を競う

 浦河町西幌別の町乗馬公園で9月27日、第39回町民乗馬大会が開かれ、障害飛越やジムカーナなど7競技で町内乗馬愛好者らが騎乗の腕前を競った。  大会は町と町教委、JRA日高育成牧場、浦河乗馬クラ...

十勝毎日新聞

稲刈り 慣れたよ 途別小【幕別】

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童28人)で1日、学校水田の稲刈りが行われた。全校児童が黄金の稲を次々と刈り取り、収穫の楽しさを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ...