北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

初のロゼ・スパークリングワイン 十勝レガーロ【清水】

 清水町産ブドウを使ったワイン「さねんころ」を製造する十勝レガーロ合同会社(御影基線29)が、初めてロゼのスパークリングを醸造した。25日から同社で販売する。

 前身の清水ワイン研究会が2015年から、町内で栽培された山ブドウ系の品種「山幸」を用いて製造を開始。野生酵母を使用し、酸や糖を足さず、自然派にこだわったワインを造っている。醸造はさっぽろ藤野ワイナリー(札幌市)に委託している。

 17年産で微発泡の赤ワインを造ったが、より発泡性の強い物を検討。無ろ過で澱(おり)の多い赤ワインで発泡性を高めると、開栓時に噴き出しやすくなることから、ブドウを圧搾後に果皮を取り除いたロゼの果汁で造ることにした。担当する宮崎幸夫さん(63)は「もともと、色のきれいなロゼを造りたいという思いもあった」と話す。

 発酵のため糖を加える以外は、同社のこれまでのワインと同様、ブドウ本来の味にこだわって造った。宮崎さんは「フローラルな香りとベリー系の香りが濃く、山ブドウ系らしい酸もほどほどで口当たりがいい」と評する。

「珍しい山幸のロゼ・スパークリングを味わって」と話す小田さんと宮崎さん(右から)

 製造開始から4年がたち、安定的に販路は確保できてきたという。今後は苗を確保してブドウの生産量を増やすことを目指す考えで、代表社員の小田勝也さん(74)は「寒さを強みにしたワイン造りをしていきたい」と話す。

 ロゼ・スパークリングの醸造本数は655本。1本750ミリリットルで2500円。同社の営業時間は午前9時~午後5時(日曜定休)。問い合わせは同社(090・8635・5880)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...

十勝毎日新聞

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも【十勝】

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を...