北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

初のロゼ・スパークリングワイン 十勝レガーロ【清水】

 清水町産ブドウを使ったワイン「さねんころ」を製造する十勝レガーロ合同会社(御影基線29)が、初めてロゼのスパークリングを醸造した。25日から同社で販売する。

 前身の清水ワイン研究会が2015年から、町内で栽培された山ブドウ系の品種「山幸」を用いて製造を開始。野生酵母を使用し、酸や糖を足さず、自然派にこだわったワインを造っている。醸造はさっぽろ藤野ワイナリー(札幌市)に委託している。

 17年産で微発泡の赤ワインを造ったが、より発泡性の強い物を検討。無ろ過で澱(おり)の多い赤ワインで発泡性を高めると、開栓時に噴き出しやすくなることから、ブドウを圧搾後に果皮を取り除いたロゼの果汁で造ることにした。担当する宮崎幸夫さん(63)は「もともと、色のきれいなロゼを造りたいという思いもあった」と話す。

 発酵のため糖を加える以外は、同社のこれまでのワインと同様、ブドウ本来の味にこだわって造った。宮崎さんは「フローラルな香りとベリー系の香りが濃く、山ブドウ系らしい酸もほどほどで口当たりがいい」と評する。

「珍しい山幸のロゼ・スパークリングを味わって」と話す小田さんと宮崎さん(右から)

 製造開始から4年がたち、安定的に販路は確保できてきたという。今後は苗を確保してブドウの生産量を増やすことを目指す考えで、代表社員の小田勝也さん(74)は「寒さを強みにしたワイン造りをしていきたい」と話す。

 ロゼ・スパークリングの醸造本数は655本。1本750ミリリットルで2500円。同社の営業時間は午前9時~午後5時(日曜定休)。問い合わせは同社(090・8635・5880)へ。

関連記事

室蘭民報

えんプロ市今年初開催、地域住民でにぎわう【洞爺湖】

 洞爺湖、豊浦、壮瞥各町の若手農家によるグループ「えんプロジェクト」(小林裕司代表)の農産品を販売するえんプロ市が15日、洞爺湖町の虻田ふれ合いセンター駐車場であった。軽トラックの荷台に並んだ新...

室蘭民報

道の駅みたらで新メニューうずらんパフェを17日から販売【室蘭】

 リニューアルに合わせて開発された「うずらんソフトクリーム」が好評の道の駅みたら室蘭(室蘭市祝津町)で、17日から新メニュー「うずらんパフェ」3種類が販売される。  室蘭うずら園(石川町)のウ...

室蘭民報

寿浅が「甘露法水」で地酒開発、来月発売目指す【伊達】

 寿浅(伊達市山下町、寿浅雅俊代表取締役社長)は、伊達の地酒「伊達 甘露法水」の開発を進めている。伊達150年をきっかけに企画。特別純米酒で伊達産米を原料に、同市大滝区の三階滝公園内の湧き水「甘...

室蘭民報

農園たねびと、今年からイチゴ狩りスタート【豊浦】

 豊浦町大岸で佐藤英貴さん、律子さん夫婦が営む農園「G.S.W grow.seed.works たねびと」が今年からイチゴ狩りを始めた。イチゴを自由に摘み取って楽しめる。「ぜひ来園を」と呼び掛け...

室蘭民報

春レタスの収穫が最盛期、迎える【伊達】

 伊達市内では露地植えの春レタスの収穫が最盛期を迎えている。広瀬農園(広瀬隆一さん経営)では、早朝から隆一さんや跡継ぎの長男らが作業に励んでいる。今年のレタスも甘く、シャキシャキした歯ごたえが楽...