北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を販売し、空前のヒット商品となっている。

これまでに2万個を販売。売り上げ好調の「ハピまんチーズ」(ハピオ)

 ハピまんチーズは、十勝産のモッツァレラチーズやオランダなどヨーロッパのゴーダチーズなどをブレンドしたチーズを、十勝産小麦の皮で包んだオリジナル商品。東洋食肉販売十勝事業部(帯広)と共同開発した。

 同店のプライベートブランド(PB)「HAPIO FOODS(ハピオフーズ)」の第2弾として4月4日に販売を始めた。1個298円。初日から4日間で2000個を売り上げて好スタートを切り、その後も堅調な販売が続いている。1日で1000個以上を販売したこともあり、夕方に商品が底をつく日も。20~30個をまとめ買いする人もいた。

 月別の売り上げは4月が8000個、5月が1万2000個(22日現在)。1日の製造個数が限られているため、現在は1人5個の限定販売となっている。

 ほんのり甘い皮の味と、伸びてこくがあるチーズの食感と風味が特徴。冷凍で販売しており、電子レンジで温めて食べる手軽さも人気の要因になっている。

 同店によると、卵や牛乳などの特売品を除くと、通常価格の単体商品で2万個規模を販売するのは過去に例がない。爆発的な売れ行きに、開発に当たった同店企画課の赤間宏課長は「予想以上の人気に驚いている。ハピまんチーズだけを求めて来店する買い物客もおり、ハピオのブランド化に貢献している。ありがたいこと」と手応えを話している。

関連記事

名寄新聞

地元産酒米を使用の特別純米酒「上川大雪」数量限定販売【名寄】

 名寄市風連産米を使用した特別純米酒「上川大雪」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、20日から販売開始。道の駅もち米の里☆なよろで、数量限定で取り扱っている。  特別純米酒の原料となる...

十勝毎日新聞

初の芽室産ワイン「イニツィオ」発表 生産者団体【芽室】

 芽室ワインカウンティ(吉田知浩会長)は21日、芽室産ブドウを使用して醸造した初のワイン「INIZIO 2018」(イニツィオ)を発表した。7月から数量限定で販売、北海道十勝フード&ワインフェ...

室蘭民報

越冬たまねぎ「えったま333」を使い料理講習会【伊達】

 伊達市の越冬タマネギ「えったま333」の料理講習会が20日、市内梅本町のだて歴史の杜食育センター内キッチンスタジオで開かれた。参加者が甘く、栄養価が高いタマネギを和気あいあいと調理。出来上がり...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

十勝毎日新聞

「優しいあんこ」食べて魅力発信 なつぞら応援推進協【十勝】

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」応援推進協議会(梶原雅仁会長)は19日、ドラマの主題歌でスピッツの新曲「優しいあの子」の発売に合わせ、スイーツ王国・十勝の魅力を発信する「優しいあんこ」企画をスタ...