北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を販売し、空前のヒット商品となっている。

これまでに2万個を販売。売り上げ好調の「ハピまんチーズ」(ハピオ)

 ハピまんチーズは、十勝産のモッツァレラチーズやオランダなどヨーロッパのゴーダチーズなどをブレンドしたチーズを、十勝産小麦の皮で包んだオリジナル商品。東洋食肉販売十勝事業部(帯広)と共同開発した。

 同店のプライベートブランド(PB)「HAPIO FOODS(ハピオフーズ)」の第2弾として4月4日に販売を始めた。1個298円。初日から4日間で2000個を売り上げて好スタートを切り、その後も堅調な販売が続いている。1日で1000個以上を販売したこともあり、夕方に商品が底をつく日も。20~30個をまとめ買いする人もいた。

 月別の売り上げは4月が8000個、5月が1万2000個(22日現在)。1日の製造個数が限られているため、現在は1人5個の限定販売となっている。

 ほんのり甘い皮の味と、伸びてこくがあるチーズの食感と風味が特徴。冷凍で販売しており、電子レンジで温めて食べる手軽さも人気の要因になっている。

 同店によると、卵や牛乳などの特売品を除くと、通常価格の単体商品で2万個規模を販売するのは過去に例がない。爆発的な売れ行きに、開発に当たった同店企画課の赤間宏課長は「予想以上の人気に驚いている。ハピまんチーズだけを求めて来店する買い物客もおり、ハピオのブランド化に貢献している。ありがたいこと」と手応えを話している。

関連記事

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...

十勝毎日新聞

地ビールで乾杯 町内産の大麦と小豆で風味豊か【豊頃】

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(...