北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

色丹島へ向けて出発する団員ら

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27日帰港する予定となっている。

 訪問団は元島民や後継者13人、返還要求運動関係者34人、同行者18人の計65人。根室市文化協会から宇佐美修一会長ら5人が参加している。北方四島交流北海道推進委員会が実施主体となり、ホームビジットや住民交流会で島に暮らすロシア人島民と交流を深める。

 訪問先の色丹島では、25日に穴澗文化会館で文化交流、意見交換会を開き、島の民家でホームビジットするほか、26日は穴澗水産工場や同消防署、同学校、斜古丹日本人墓地を訪れ、幼稚園、色丹アリーナなどを視察する。

 また、同船には専門家交流で北海道博物館の右代啓視研究部長を団長とする北方四島歴史・文化学術訪問団の6人も乗船して、調査地となる国後島へ向かった。学術訪問団には市歴史と自然の資料館から猪熊樹人学芸主査も参加し、国後島西部のオホーツク海沿岸地域で川や湖周辺で調査に当たる。

関連記事

室蘭民報

コロナに負けず味守る 「ごぼうのパリパリ漬け」製造の木須夫妻【伊逹】

販路拡大、商品開発に力  伊達市観光物産館の大人気商品・小春ちゃんの漬物「ごぼうのパリパリ漬け」の製造を昨年引き継いだ木須陽平さん(38)と礼依佳さん(39)夫妻=市内山下町。新型コロナウイル...

室蘭民報

今年初めて開催 「夜の水族館」幻想的な空間【室蘭】

 室蘭市祝津町の市立室蘭水族館で26日、「夜の水族館」が今年初めて開かれ、多くの家族連れが、活発に動く夜行性の魚や観覧車からの夜景を楽しんだ。  例年は年4回程度行われている人気のイベント。今...

室蘭民報

アイスホッケー、初のライブ配信 「FMびゅー」スティーラーズ戦【室蘭】

ユーチューブ活用 全国のファンつなげる  室蘭市のコミュニティー放送局「FMびゅー」は、日本製鉄室蘭アイスホッケー部「室蘭スティーラーズ」の試合を、動画投稿サイト「ユーチューブ」を活用しライブ配...

室蘭民報

クマの足跡、新たに発見 市が注意呼び掛け【登別】

 デントコーンを食べていたとみられるヒグマ1頭が登別市内で9月中旬に箱わなにかかり駆除されたが、新たに同サイズのヒグマの足跡が確認された。キノコ狩りシーズンは本格化するが、ヒグマと遭遇する危険性...

函館新聞

函館空港で消火救難救急医療訓練、36機関が連携確認【函館】

 今年度の「函館空港消火救難救急医療総合訓練」が29日、函館空港で行われ、同空港事務所のほか警察や消防、航空会社、海保、自衛隊、医療機関など36機関245人が緊急時の対応と各機関の連携を確認した...