北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「モールウォッシュ」ネット販売 品質事業協同組合【十勝】

モールウォッシュの販売ページ

 十勝品質事業協同組合は5月から、組合が製造するラクレットチーズ「モールウォッシュ」のインターネット販売を始めた。増えている個人客需要に応えるためで、専用グリルや十勝産食材とのセットも用意した。溶かしてさまざまな食材にかけて食べるラクレットの醍醐味(だいごみ)を味わってもらう。

 モールウォッシュは管内6工房が共通レシピで作った元となるチーズを、同組合が共同熟成する。モール温泉水で表面を磨くことでまろやかな香りと味わいに仕上がり、溶かしてパンやジャガイモにかける食べ方も特徴的だ。

 これまで十勝管内以外はレストランなど業者向けの販売が中心だったが、東京や大阪での催事出展で知名度が上昇。個人客からの問い合わせも増えたため、専用のページを設けてインターネットからも購入できるようにした。

 モールウォッシュ単品では150グラムにカットしたものから、大きいサイズは約3800グラムの1ホールまである。家庭でも気軽に溶かして食べられるよう、専用グリルやオーブントースター用トレーとのセットでも販売している。

 十勝産食材とのセットは、ボロネーゼやマンガリッツァ豚のベーコン、ジャガイモなどが、チーズとともに定期的に届く仕組みにした。食材によって広がるラクレットの楽しみ方を提案する。

 同組合は「個人のニーズに応え、食べ方や楽しみ方も伝えてリピーターを増やしたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

高級食パン 行列のオープン エイムカンパニー【帯広】

 エイムカンパニー(帯広、佐藤慎吾社長)が運営する高級食パン専門店「大地はドラムと優しい麦」が20日、帯広市西8南14にオープンした。初日は朝から多くの客が列をなし、開店を待ちわびる姿が見られた...

十勝毎日新聞

パンにも合う新チーズを 異業種で開発中【十勝】

 広内エゾリスの谷チーズ社(新得町、寺尾智也代表)を中心とする管内の異業種グループが、新たなチーズづくりに取り組んでいる。目指すのは「熟成や味わいがラクレットとモッツァレラの中間でパンにも合うチー...

苫小牧民報

「山線湖畔驛弁当」を発売 支笏湖温泉商店街6店舗

 千歳市の支笏湖温泉商店街の飲食店全6店舗が19日、王子軽便鉄道ミュージアム山線湖畔驛にちなんだ「山線湖畔驛弁当」を毎日数量限定で発売した。  今年1月に園地内にオープンした「山線湖畔驛」は新...

十勝毎日新聞

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会【帯広】

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

十勝毎日新聞

トテッポに十勝の花ケーキ 蜷川展コラボ【帯広】

 十勝トテッポ工房(帯広市西6南17)が販売している、十勝産食用花を使った新作のケーキ「ni-na(ニーナ)」が、連日売り切れになるなど好評だ。  ニーナは、19日から道立帯広美術館(帯広市...