北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

狙いはミヤベイワナ 然別湖で遊漁解禁【鹿追】

魚との駆け引きを楽しむ釣り人

 鹿追・然別湖での遊漁の特別解禁「グレートフィッシング」が25日、始まった。固有種のミヤベイワナを目当てに、道内外から釣り人が集まった。ファーストステージは7月1日までの38日間。

 ミヤベイワナはオショロコマの亜種で、エメラルドグリーンの体色は「湖の宝石」と称される。資源保護のため、年2回の期間限定で遊漁を認める同フィッシングは今年で15年目。

 近年、水温の上昇でステージ後半に釣れにくくなっていることから、今年は例年より1週間早く解禁した。25、26日は15周年特別イベントとして常連客を中心に35人限定で実施。釣り人は思い思いのポイントにボートをこぎ着け、さおを振った。

 江別市の大学生(19)は「引きはニジマスの方が強いが、ミヤベイワナは色鮮やかな美しさが魅力」と話した。

 これまでは道ツーリズム協会(鹿追)の1事業として行われてきたが、今年から、2月に設立された道トラウトフィッシング協会(同、田畑貴章理事長)が主催。同協会は、全道のマス釣りを盛り上げていく考えだ。

 27日からは1日限定50人。予約はグレートフィッシング然別湖のホームページからか、事務局に電話(080・5599・9591)で。

関連記事

苫小牧民報

苫西港 姿見え始めたマアナゴ

苫小牧西港(入船公園) ガヤ 10~15センチ。30~40匹。サビキ10号。アミエビを籠に入れて寄せ餌にする。 苫小牧西港(漁港区周辺) クロガシラ 手のひらサイズ。まれに30センチ。4~...

室蘭民報

室蘭地方 つり情報

室蘭沖 ヒラメ、60~70センチ、2~8匹 12日の釣果、最大は74センチ、19日は底荒れおさまらず食いが渋かった、60センチクラスが楽しめる、乗船場所はローソン前に エルムV(室蘭港)09...

十勝毎日新聞

十勝からの情報(6月16日ごろ)

■音更川 ▽ニジマス 18~35センチ、2~5匹。下流域 ■猿別川 ▽ニジマス 18~35センチ、2~5匹。中流~下流域 ■札内川 ▽ニジマス 20~40センチ、2~5匹。中流~下流域

釧路新聞

釧路、根室の情報

【釧路沖】 週末はシケで船が出ていない。天候が回復すれば、五目やソウハチガレイが期待できる。 【阿寒湖、屈斜路湖】 アメマス、ニジマスがぽつぽつと釣れている。 以上、ランカーズクシロ提供=015...

室蘭民報

室蘭地方 つり情報

室蘭沖 ヒラメ、60~70センチ、船中23匹 12日の釣果、周辺を探って、一人2~8匹、初戦の手応え十分、最大は74センチ、これから本格化 エルムV( 室蘭港) 09031186915 伊...