北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

棺掛けやタペストリーなど【浦河】

作品の前で出品者の深沢さん(左)と木谷さん(右)

 浦河町常盤町の手作り家具とカフェの店ガーデンソングで、「アイヌの手仕事展」が開かれている。31日まで。

 出品は月に2回(不定期)、堺町生活館で開かれている「ネコンネ(手仕事)教室」の深沢みよの代表(67)と木谷るり子さん(59)ら生徒9人(現在8人)の作品。

 アイヌ文様をほどこした棺掛け、ミニ着物のタペストリーやエムシアツ編み、小物など約40点。

 開講5年目の教室は、堺町生活館を会場に深沢代表と教室生8人が和気あいあいと楽しみながら作品を作り、アイヌの伝承技術の継承と普及を目指し活動している。

 今回の展示は、昨年の5月から今年3月に作り上げた作品。ひと針ひと針細かい作業で、アイヌの独特な文様をほどこした刺しゅうの作品が並び、木の皮(オヒョウ)から縄(糸)を作り、くるみなどで色付けしたり、着なくなった服の布など身近な素材を使用。

 木谷さんが約1年掛けて作製した「ガマとエムシアツのバッグ」と深沢代表の「棺掛け」(1㍍60㌢四方)などの作品の数々に、「手間を惜しまない根気のいる作業」なのが見てとれる。

 それぞれの作品には素材と出展者の思いが書かれたカードも添えられている。

 本紙の取材に答えてくれた深沢代表と木谷さんは「教室生それぞれの個性が出ている作品で、タペストリー一つをとっても、それぞれの模様が違ったり楽しめると思う。完成した時の喜びはとても大きいし、展示も頑張ろうと励みになる」と話し、来場者へ「アイヌ文様の素晴らしさを見て、興味を持ってほしい」とPRしていた。

 入場無料。展示は午前11時から午後5時まで。日、月曜定休。

 また、堺町生活館では教室生の募集を随時行っている。教室は年間20回の開催で月に1~2回など不定期。時間は午後7時~9時まで。問い合わせは同生活館(☎22・5795)へ。

関連記事

函館新聞

函館空襲で撃沈の駆逐艦「橘」慰霊祭/戦死者の冥福祈る【函館】

 1945(昭和20)年7月14日の函館空襲で戦没した駆逐艦「橘」の犠牲者を供養する慰霊祭が11日、函館護国神社(大橋幸生宮司)で行われた。同艦にゆかりのある人ら6人が参列し、冥福を祈った。 ...

函館新聞

津軽海峡北岸の縄文遺跡展始まる/市立函館博物館【函館】

 市立函館博物館(青柳町、函館公園内)の企画展「津軽海峡北岸の縄文遺跡」が11日、始まった。市内で発掘、収集された貴重な資料など約1300点を展示している。  市内の史跡、大船遺跡と垣ノ島遺...

根室新聞

新市庁舎 現職員駐車場に【根室】

 根室市役所庁舎建替検討委員会(山田康志委員長)が10日夜、市役所で開かれ、新庁舎の耐震システムについて建物を強化する耐震構造を採用し、新庁舎の建設位置を根室振興局側の現職員駐車場跡に南北に長...

苫小牧民報

アイヌ文化発信拠点いよいよ誕生 ウポポイ12日開業-白老

 新型コロナウイルスの影響で開業が遅れていた民族共生象徴空間(ウポポイ)が12日、白老町のポロト湖畔でいよいよオープンする。国立アイヌ民族博物館を中核施設に、伝統文化の復興と創造、発信のナショナ...

苫小牧民報

毛ガニ初水揚げ 初日は2.5トン-苫小牧漁協

 苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)の毛ガニ籠漁は11日、苫小牧港漁港区で初水揚げされた。カニ籠漁業部会の全16隻が約2・5トンを漁獲し、1キロ当たりの卸値は「大」(10センチ以上)が7000...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス