北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

棺掛けやタペストリーなど【浦河】

作品の前で出品者の深沢さん(左)と木谷さん(右)

 浦河町常盤町の手作り家具とカフェの店ガーデンソングで、「アイヌの手仕事展」が開かれている。31日まで。

 出品は月に2回(不定期)、堺町生活館で開かれている「ネコンネ(手仕事)教室」の深沢みよの代表(67)と木谷るり子さん(59)ら生徒9人(現在8人)の作品。

 アイヌ文様をほどこした棺掛け、ミニ着物のタペストリーやエムシアツ編み、小物など約40点。

 開講5年目の教室は、堺町生活館を会場に深沢代表と教室生8人が和気あいあいと楽しみながら作品を作り、アイヌの伝承技術の継承と普及を目指し活動している。

 今回の展示は、昨年の5月から今年3月に作り上げた作品。ひと針ひと針細かい作業で、アイヌの独特な文様をほどこした刺しゅうの作品が並び、木の皮(オヒョウ)から縄(糸)を作り、くるみなどで色付けしたり、着なくなった服の布など身近な素材を使用。

 木谷さんが約1年掛けて作製した「ガマとエムシアツのバッグ」と深沢代表の「棺掛け」(1㍍60㌢四方)などの作品の数々に、「手間を惜しまない根気のいる作業」なのが見てとれる。

 それぞれの作品には素材と出展者の思いが書かれたカードも添えられている。

 本紙の取材に答えてくれた深沢代表と木谷さんは「教室生それぞれの個性が出ている作品で、タペストリー一つをとっても、それぞれの模様が違ったり楽しめると思う。完成した時の喜びはとても大きいし、展示も頑張ろうと励みになる」と話し、来場者へ「アイヌ文様の素晴らしさを見て、興味を持ってほしい」とPRしていた。

 入場無料。展示は午前11時から午後5時まで。日、月曜定休。

 また、堺町生活館では教室生の募集を随時行っている。教室は年間20回の開催で月に1~2回など不定期。時間は午後7時~9時まで。問い合わせは同生活館(☎22・5795)へ。

関連記事

室蘭民報

客船オーシャン・ドリームが初入港し市民らと交流【室蘭】

 ピースボートクルーズ所属の客船オーシャン・ドリーム(3万5265トン)が19日午前、室蘭港中央埠頭旅客船バースに初入港した。船内では地元の団体と乗船客の交流が行われ、広島の原爆投下により被爆...

室蘭民報

今年度末で解散する室蘭大沢FCがサッカー道大会で優勝【室蘭】

 2019年度末で解散する少年サッカーチーム「室蘭大沢FC U―12」(池田和弘監督)が7月27日から4日間、栗山町のふじスポーツ広場で開かれた全道大会「フジパングループプレゼンツ2019ロバパン...

室蘭民報

天文同好会の田中会長が全国協議会会長賞を受賞【壮瞥】

 壮瞥天文同好会の田中文夫会長(71)=壮瞥町滝之町=は、第31回「星空の街・あおぞらの街」全国大会in弟子屈町で、全国協議会会長賞の個人賞を受賞した。天体観測施設「森と木の里センター」(壮瞥町...

室蘭民報

登別出身俳優・津村さんが9月5日に道出身者による公演【登別】

 登別市出身の俳優・津村知与支さんが出演する公演が9月5日、富士町の市民会館で行われる。津村さんは「老若男女問わずどの世代が見ても、人間が持つユーモラスや切なさを感じ取ることができる内容です」と...

室蘭民報

広域ビル10周年祝う「ビルまつり」が22日に開催【室蘭】

 第9回むろらん広域センタービルまつり(室蘭商工会議所など主催)が22日、室蘭市海岸町の同センタービル玄関前広場と1階道民ホールを会場に開催される。ビアガーデンや露店10店が並び抽選会を予定。2...