北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「すずらん観賞会」開幕【平取】

可愛いつぼみを見つけて感激の面持ちの林さん親子

【平取】平取町観光協会主催の「平取町すずらん観賞会」が25日、芽生(めむ)地区のスズラン群生地で開幕した。スズランは無数の花芽を付け、日当たりの良い場所ではつぼみが大きくなり始め、会場内は甘い香りに包まれている。

 芽生の「スズラン群生地」は広さが約15㌶で国内一を誇る。町の市街地から約34㌔地点にあり、毎年期間限定で観賞会を開催。全国各地から大勢の観光客が訪れている。

 花言葉は「再び幸せが訪れる」「純粋」。一時は乱獲、倒伏が激しく絶滅の危機から公開を禁止した時期もあったが。町が長い年月をかけて保全管理に努め回復。町花にも指定されている。

 この日は早朝から快晴の行楽日和。開幕を待ちわびた観光客や町民が次々と訪れ、オープニングセレモニーで先着120人が遠藤桂一副町長と千葉良則町議会議長から根付きスズランをもらってご満悦。

 家族連れや若いカップルたちが可憐なスズランを眺めながらのんびりと散策。昼時には土日限定の町特産・高級びらとり和牛と黒豚肉の香ばしい煙が立ち込めた。

 千歳市から母の和喜悦子さん(82)とマイカーで訪れた林直美さん(57)は「新鮮なつぼみが見たくて今年もやってきました」と感激の面持ち。甘い香りが漂う“つぼみ”を見つけては「可愛い~!」と顔を見合わせてニッコリ。純白のスズランと新緑の草木が織りなす雄大な景色に見とれていた。

 観賞会は6月2日まで、根付きスズランのプレゼント(先着120人)は26日午前10時からも行われ、びらとり和牛と黒豚肉のバーベキューコーナーは26日と6月1、2日午前10時から午後3時まで。

 またこの日、開幕前に同会場入り口で門別警察署員による交通安全街頭啓発も行われ、片岡正治地域・交通課長と若手署員の4人が全席シートベルト着用、スピードダウンとこまめな休憩、さらにオレオレ、架空請求、還付金などの詐欺被害未然防止を呼び掛けるチラシ、ポケットティッシュやサクラの花のミニストラップを来場者ひとり一人に手渡し、注意を喚起した。

関連記事

日高報知新聞

斉藤恒子染展~藍色の風【日高】

【日高】帯広市在住の染織作家による「斉藤恒子染展~藍色の風~」が19日まで、門別競馬場向かいのナカジマ家具店地下特設会場で開かれている。時間は午前10時~午後6時(19日は午後3時)まで。  斉藤さん...

日高報知新聞

高山植物の盗掘防止など【様似】

【様似】登山シーズンとなり、アポイ岳保全対策協議会は15日朝、貴重な高山植物群落があるアポイ岳(810・6㍍)登山口で高山植物盗掘防止と携帯トイレ普及の啓発キャンペーンを実施し、登山者に協力を呼び掛...

苫小牧民報

特製ちゃんこで町民笑顔に むかわ合宿の大相撲・友綱部屋

 むかわ町内に合宿中の大相撲・友綱部屋は16日、昨年9月に発生した胆振東部地震で被災した町民を励まそうと、同町道の駅「四季の館」で振る舞いちゃんこ会を開いた。友綱親方(元関脇・旭天鵬)をはじめ、...

苫小牧民報

大移動終え、D51お披露目 道の駅併設の鉄道資料館にファンら-安平

 安平町が誇る蒸気機関車(SL)「D51―320号機」の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」(同町追分)に併設する鉄道資料館への設置作業が14日に完了し、一般にお披露目された。多くの町民...

苫小牧民報

障害者の就労支援に 使用済み水道メーター、福祉施設に作業委託-苫小牧市

 苫小牧市は、これまで専門事業者に売却していた使用済み水道メーターについて、今月から分解と選別作業を市内の福祉事業所11施設に委託した。リサイクル活用と障害者の就労支援につなげるのが狙い。各事業...