北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

レースレコードは凄い【新ひだか】

ロジャーバローズのダービー制覇を祝う関係者

【新ひだか】並みいる強豪馬を抑え日本ダービーをレースレコードで勝ったロジャーバローズ。同馬を生産した静内真歌の飛野牧場(飛野正昭社長)にとっても中央GⅠ初制覇の快挙で、関係者とともに喜びに沸いた。競馬場で勝利を見届けた飛野社長(75)は「有力馬を力でねじ伏せたレースだった。レースレコードは凄いこと」と感嘆していた。

 7000頭を超える2016年産馬の頂点に立つ日本ダービーに出場したロジャーバローズは、重賞優勝経験がないまま挑み、単勝は12番人気だった。二ケタ人気馬の優勝は53年ぶり(テイトオー、1966年)。

 レースは最内枠、リオンリオンの早いペースの逃げなどの好条件も重なり、追いすがる3番人気のダノンキングリー(浦河町・三嶋牧場生産)を振り切り、首差で勝利した。

 飛野社長は「始めから先行するという意識ではなく、好位置に付け勝負しようというのが調教師や騎手の思いだったはず」と振り返る。

 同牧場は昭和25年の創業で飛野さんは2代目。「父親はそれほど馬には熱心ではなかった」といい、若く飛野さんが引き継いだのは「牛数頭とアラブ馬1頭ぐらい」という。

 今年は繁殖17頭で13頭の出産予定。社長を含め6人という小規模経営ながら、今年は3歳牝馬のノーワン(父ハーツクライ、母プレイガール)が3月のGⅡ・フィリーズレビューを勝利し、3歳牝馬の最高峰を決める桜花賞、オークスにも参戦している。

 ディープインパクトの血を引くロジャーバローズは、子馬のころから「存在は際立っていた」。「ダービーで親のディープインパクトのタイムを上回り、化け物のような馬。こういう馬が時々現れる」と唸る。

 「今回の優勝は関係者の努力のたまもの、感謝したい。けがだけは注意し『無事これ名馬』として活躍してほしい」と願い、次のレースはノーワンとともに登録済みの海外レース「凱旋門賞」が有力だ。 

 レース後は、静内青柳町の自宅に大野克之町長や藤沢澄雄道議ら関係者が駆けつけ、満面の笑顔の万歳で勝利を祝った。

関連記事

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス