北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

レースレコードは凄い【新ひだか】

ロジャーバローズのダービー制覇を祝う関係者

【新ひだか】並みいる強豪馬を抑え日本ダービーをレースレコードで勝ったロジャーバローズ。同馬を生産した静内真歌の飛野牧場(飛野正昭社長)にとっても中央GⅠ初制覇の快挙で、関係者とともに喜びに沸いた。競馬場で勝利を見届けた飛野社長(75)は「有力馬を力でねじ伏せたレースだった。レースレコードは凄いこと」と感嘆していた。

 7000頭を超える2016年産馬の頂点に立つ日本ダービーに出場したロジャーバローズは、重賞優勝経験がないまま挑み、単勝は12番人気だった。二ケタ人気馬の優勝は53年ぶり(テイトオー、1966年)。

 レースは最内枠、リオンリオンの早いペースの逃げなどの好条件も重なり、追いすがる3番人気のダノンキングリー(浦河町・三嶋牧場生産)を振り切り、首差で勝利した。

 飛野社長は「始めから先行するという意識ではなく、好位置に付け勝負しようというのが調教師や騎手の思いだったはず」と振り返る。

 同牧場は昭和25年の創業で飛野さんは2代目。「父親はそれほど馬には熱心ではなかった」といい、若く飛野さんが引き継いだのは「牛数頭とアラブ馬1頭ぐらい」という。

 今年は繁殖17頭で13頭の出産予定。社長を含め6人という小規模経営ながら、今年は3歳牝馬のノーワン(父ハーツクライ、母プレイガール)が3月のGⅡ・フィリーズレビューを勝利し、3歳牝馬の最高峰を決める桜花賞、オークスにも参戦している。

 ディープインパクトの血を引くロジャーバローズは、子馬のころから「存在は際立っていた」。「ダービーで親のディープインパクトのタイムを上回り、化け物のような馬。こういう馬が時々現れる」と唸る。

 「今回の優勝は関係者の努力のたまもの、感謝したい。けがだけは注意し『無事これ名馬』として活躍してほしい」と願い、次のレースはノーワンとともに登録済みの海外レース「凱旋門賞」が有力だ。 

 レース後は、静内青柳町の自宅に大野克之町長や藤沢澄雄道議ら関係者が駆けつけ、満面の笑顔の万歳で勝利を祝った。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...