北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

キッチンカー街中に集合 31日自慢の料理提供【帯広】

駅北多目的広場の前でイベントをPRする(左から)シーガルキッチンの山中さんとCafe Bus komorebiの後木加奈さん

 十勝管内のキッチンカーが一堂に集まる「Food Truck Village」(フード・トラック・ビレッジ)が31日、帯広市中心部の駅北多目的広場(夢の北広場)で初めて開催される。「タコス屋シーガルキッチン」(帯広)の山中大輔さん(42)が呼び掛けて企画した。イベントを契機に、キッチンカー同士のネットワークづくりも検討する。

 帯広、新得などを拠点に営業する8台が集まる。コーヒー、クラフトビールなどのドリンク類、ケバブ、タコスなどの料理を提供する予定だ。

 会場には約20席の椅子を用意、キッチンカーの料理を持ち寄って楽しむことができる。市内事業所で働く会社員のランチ利用も見込む。

 山中さんは「キッチンカーに関わる人たちのネットワークづくりにもなれば。(各地でイベントが開かれる)夏場は繁忙期で試験的な開催になるが、街中を盛り上げる取り組みとして継続したい」と意欲をみせている。

 今回の取り組みに、駅北広場を管理する市も期待を寄せる。広場は50メートル四方の広さだが、冬季のアイスリンクや週末のイベント開催などを除けば、平日の使用は少ない。「民間も含め、今回のように広場を有効利用してもらいたい」(商業まちづくり課)としている。イベントは午前11時~午後7時。

◆出店者一覧
▽おいもさん(焼きいも)
▽Cafe Bus komorebi(コーヒー)
▽good luck(空揚げ)
▽タコス屋シーガルキッチン(タコス)
▽柏壱堂(ベビーカステラ)
▽Beer Bus On Your Side(クラフトビール)
▽なつぞらケバブ(ケバブ)
▽みなせん(粉もの料理)

関連記事

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...

十勝毎日新聞

地ビールで乾杯 町内産の大麦と小豆で風味豊か【豊頃】

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(...