北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

災害時に電源確保を LPガス発電機導入 CABIN【帯広】

 プレミアホテル-CABIN-帯広(帯広市西1南11)が災害時の対応強化を目的に、LPガス発電機2台を導入した。通常業務で使用しているLPガスを燃料に発電する。災害時のパソコンや携帯電話の充電用電源として、宿泊者に利用してもらう。

プレミアホテル-CABIN-帯広に導入されたLPガス発電機(写真は山本総支配人)

 スプリンクラーなど消防設備用のディーゼル式発電機は備えているが、パソコンなどの精密機械を充電する非常用電源が限られていた。胆振東部地震に伴う大規模停電の際、スマートフォンなどの充電で宿泊者に不便をかけていた。

 本田技研工業(東京)と矢崎エナジーシステム(同)が共同開発した発電機で、イーネットワークシステムズ帯広営業所の提案で導入。LPガス容器とつなぐコードも設置した。

 1台で900ワット発電し、LPガスの50キロ容器1本分で110時間の連続運転が可能。同ホテルではLPガスをレストランの調理などに使っており、満タンであれば、発電機を計990時間分稼働できる。機器は電気を安定して出力する「正弦波インバーター」を備えており、精密機械類への使用にも適している。

 矢崎エナジーシステムの池田典陽さんによると、通常の発電機はガソリンや重油を動力とする機器が主流で、災害時は燃料が入手しづらくなる課題があった。導入機器はもともと配備されているLPガスを燃料に利用でき、発電機用の燃料を管理する必要もない。

 同ホテルの山本悦尚総支配人は「携帯電話の充電などで電源が限られていた。今後の災害時に情報を得てもらう手段として生かしたい」と話している。

関連記事

室蘭民報

PCR検査センター開設へ 市医師会、早ければ月内にも【室蘭】

 室蘭市医師会(野尻秀一会長)は4日までに、新型コロナウイルス感染の有無を調べるため、検体を採取する「PCR検査センター」について、早ければ今月中にも、室蘭市内に開設する方針を決めた。  同様の...

室蘭民報

居酒屋ぐうちょきぱが弁当を出張販売 リモート接客、試験的に導入【登別】

出来たての味いかが  新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて登別市内の多業種で取り組みが進む中、居酒屋ぐうちょきぱ(登別市中央町)は出張弁当販売を展開。試験的にリモート接客を行うなど、新北海...

室蘭民報

クマ目撃2カ月で17件 警戒「1市3町」【胆振西部】

パト強化、注意訴え  胆振西部1市3町でクマの出没が相次いでおり、警察や各自治体で注意を呼び掛けている。伊達署の調べによると、6月2日~8月3日現在で17件の目撃情報(足跡のみを含む)が寄せられ...

室蘭民報

市内飲食店に配布開始 安心宣言ステッカー【室蘭】

コロナ予防策を促進  室蘭商工会議所と市内3飲食店組合は、新北海道スタイルに取り組む約150の飲食店に「安心宣言ステッカー」を配布した。各店では早速、入り口付近など目立つ場所に掲示している。引き...

室蘭民報

元気なチョウザメ水揚げ 室蘭水族館で展示【豊浦】

 豊浦の沖合で4日、体長約2メートルのチョウザメが網にかかり、豊浦漁港で水揚げされた。傷はほとんどなく元気な状態。チョウザメが捕れるのは珍しいといい、市立室蘭水族館(室蘭市祝津町、東忠明館長)に...