北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

災害時に電源確保を LPガス発電機導入 CABIN【帯広】

 プレミアホテル-CABIN-帯広(帯広市西1南11)が災害時の対応強化を目的に、LPガス発電機2台を導入した。通常業務で使用しているLPガスを燃料に発電する。災害時のパソコンや携帯電話の充電用電源として、宿泊者に利用してもらう。

プレミアホテル-CABIN-帯広に導入されたLPガス発電機(写真は山本総支配人)

 スプリンクラーなど消防設備用のディーゼル式発電機は備えているが、パソコンなどの精密機械を充電する非常用電源が限られていた。胆振東部地震に伴う大規模停電の際、スマートフォンなどの充電で宿泊者に不便をかけていた。

 本田技研工業(東京)と矢崎エナジーシステム(同)が共同開発した発電機で、イーネットワークシステムズ帯広営業所の提案で導入。LPガス容器とつなぐコードも設置した。

 1台で900ワット発電し、LPガスの50キロ容器1本分で110時間の連続運転が可能。同ホテルではLPガスをレストランの調理などに使っており、満タンであれば、発電機を計990時間分稼働できる。機器は電気を安定して出力する「正弦波インバーター」を備えており、精密機械類への使用にも適している。

 矢崎エナジーシステムの池田典陽さんによると、通常の発電機はガソリンや重油を動力とする機器が主流で、災害時は燃料が入手しづらくなる課題があった。導入機器はもともと配備されているLPガスを燃料に利用でき、発電機用の燃料を管理する必要もない。

 同ホテルの山本悦尚総支配人は「携帯電話の充電などで電源が限られていた。今後の災害時に情報を得てもらう手段として生かしたい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

深海魚「サケビクニン」繁殖成功 世界初の人工授精-登別マリンパークニクス

 登別市の水族館・登別マリンパークニクスは、北日本海域に生息する深海魚「サケビクニン」を人工授精で繁殖させることに成功した。人工繁殖の技術を使い、同種の卵をふ化させたのは世界で初めてという。登別...

苫小牧民報

6寺院を避難所に むかわ町と鵡川仏教会が災害協定

 むかわ町と町内鵡川地区の寺院でつくる「鵡川仏教会」は14日、災害時における施設利用に関する協定を結んだ。同日、静光寺(町松風)で締結式が行われ、竹中喜之町長と各寺院の関係者が協定書を交わした。 ...

日高報知新聞

オオワシの生態と価値【新ひだか】

【新ひだか】静内本町1の高田観光主催の「なぜ静内川にオオワシがくるのかその生態と価値を学ぶ」の講座は、15人が参加して座学が12日、観察会が13日に町内で開かれた。町体験・滞在型観光商品開発等支援事業。 ...

日高報知新聞

節婦で突風発生【新冠】

【新冠】14日午前8時前ごろ、町内節婦町で突風が発生し、倉庫が倒壊したり国道沿いのバス停待合室が道路の反対側まで吹き飛び全壊し、倉庫を中心に10棟ほどの被害があった。けが人などはなかった。  ...

十勝毎日新聞

コロナ収束炎に願う どんど焼き【帯広】

 帯広市内の帯廣神社(大野清徳宮司)で15日、「どんど焼き」(古神札焼納祭)が行われた。訪れた市民らが炎の中に正月飾りなどを投げ入れ、1年間の無病息災を祈った。  どんど焼きは、正月飾りなど...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス