北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

災害時に電源確保を LPガス発電機導入 CABIN【帯広】

 プレミアホテル-CABIN-帯広(帯広市西1南11)が災害時の対応強化を目的に、LPガス発電機2台を導入した。通常業務で使用しているLPガスを燃料に発電する。災害時のパソコンや携帯電話の充電用電源として、宿泊者に利用してもらう。

プレミアホテル-CABIN-帯広に導入されたLPガス発電機(写真は山本総支配人)

 スプリンクラーなど消防設備用のディーゼル式発電機は備えているが、パソコンなどの精密機械を充電する非常用電源が限られていた。胆振東部地震に伴う大規模停電の際、スマートフォンなどの充電で宿泊者に不便をかけていた。

 本田技研工業(東京)と矢崎エナジーシステム(同)が共同開発した発電機で、イーネットワークシステムズ帯広営業所の提案で導入。LPガス容器とつなぐコードも設置した。

 1台で900ワット発電し、LPガスの50キロ容器1本分で110時間の連続運転が可能。同ホテルではLPガスをレストランの調理などに使っており、満タンであれば、発電機を計990時間分稼働できる。機器は電気を安定して出力する「正弦波インバーター」を備えており、精密機械類への使用にも適している。

 矢崎エナジーシステムの池田典陽さんによると、通常の発電機はガソリンや重油を動力とする機器が主流で、災害時は燃料が入手しづらくなる課題があった。導入機器はもともと配備されているLPガスを燃料に利用でき、発電機用の燃料を管理する必要もない。

 同ホテルの山本悦尚総支配人は「携帯電話の充電などで電源が限られていた。今後の災害時に情報を得てもらう手段として生かしたい」と話している。

関連記事

函館新聞

漬け物石でカーリングゲーム 市民スケート場イベントデー【函館】

 函館市文化・スポーツ振興財団(佐々木茂理事長)主催の「イベントデー」が19日、函館市民スケート場で開かれた。漬け物石をストーンにみたてたカーリングゲームを行い、幼児から大人まで200人が楽しん...

函館新聞

雪のイベント楽しむ 四季の杜公園で「雪あかりパーク」【函館】

 雪遊びやものづくりなどを楽しめるイベント「雪あかりパーク」(函館市住宅都市施設公社主催)が19日、道立道南四季の杜公園で開かれた。  丘の家展望ラウンジではフラワーアレンジとハーバリウムな...

釧路新聞

景雲中日本一、14年ぶり3回目

 今大会には全国各地から16チームが参戦し、17日から3日間の日程で、トーナメント戦を行い、王座を争った。釧路景雲は、1年生2人、2年生5人、3年生10人の17人全員がベンチに入るという少数精鋭...

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...