北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

健診と おいしい朝食を しんとく食生活の会【新得】

 新得町民の食をサポートする「しんとく食生活の会」(事務局・町保健福祉課健康推進係)が、特定健診やがん検診などの受診者に提供する朝食が好評だ。設立8年目を迎えた同会では「さらにパワーアップした献立を提供したい」と意欲をみせている。

栄養満点の朝ご飯を提供する会員

 同会は地域住民の食生活の改善や普及啓発を目的に2012年に設立された。町の食生活改善推進員養成講座や健康教室の修了者など、40~80代の女性を中心に構成する。現在は会員40人が規則正しい食生活や生活習慣病予防、食品衛生知識習得の学習会を開くなどしている。

 健診などの受診者向けの朝食提供は13年にスタート。町保健福祉センターなごみで行う年2回の集団健診日に出す朝ごはんは、「バランスが良くおいしい」などと評判で、年々、利用者が増加している。

 今年度初回の6月12日には和風の「サバ缶と大根のみそ煮」、洋風の「サバ缶とじゃがいものトマト煮」のメイン料理2品を用意。ご飯、汁もの、副菜、果物が付いて1食200円で提供する。事務局の木下紗恵子管理栄養士は「受診者に栄養の良い朝食を提供し、正しい食生活を知るきっかけにしたい」と話している。

 問い合わせはなごみ(0156・64・0533)へ。

関連記事

根室新聞

道指定有形文化財「和田屯田兵村の被服庫」一般公開 16日まで【根室】

 市教委は13日から、道指定有形文化財の「和田屯田兵村の被服庫」=西和田568番地2=を一般公開している。今年は、明治22年の入植時から使用していたとみられる木製のたんすや火鉢、鉄瓶など10点...

苫小牧民報

JR日高線、来年3月廃止へ 管内7町、9月にも最終合意

 JR北海道が廃止・バス転換を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は12日、来年3月末の同線区の廃止と同4月からのバス転換に向け、9月にもJR北と協定を締結する...

苫小牧民報

薫製チップ、ネコ砂用木質ペレット 木を活用オリジナル商品-木材業のイワクラ

 総合木材業のイワクラ(苫小牧市晴海町)は、ヤマザクラの薫製チップ「燻助(くんすけ)」と、ネコ砂用の木質ペレット「ネコペレ」の売り込みに力を入れている。木と共に歩んできた創業107年の同社ならで...

室蘭民報

自営無線使い機関車を監視 日鉄が室蘭製鉄所で実証事業【室蘭】

5G導入見据え  日本製鉄は12日、室蘭製鉄所で第5世代移動通信システム(5G)の導入を見据えた、自営無線網による実証事業を行うと発表した。構内を走行するディーゼル機関車に搭載したカメラで運行状況...

室蘭民報

歴史や文化、関心高く ウポポイ開業1カ月【白老】

入場者3万5千人/小中高の予約680校  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイの開業から12日で1カ月が経過した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で入場制限が続く中、10日現在の入場者は3万5409人...