北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

まるで「なつぞら」 道東の農業高生「FFJの歌」合唱【帯広】

「FFJの歌」を合唱する道東の農業高校の生徒たち

 道東の農業高校生徒が参加する東北海道学校農業クラブ連盟のリーダー研修会が30、31の両日、帯広市内で開かれた。初日はNHK連続テレビ小説「なつぞら」関連の牧場でアイスクリーム作りを体験し、朝ドラで話題になった農業クラブの歌「FFJの歌」を披露した。

 帯広農業、更別農業、士幌を含む道東8高校の農業クラブ生徒37人が参加。参加者はビート資料館やパン製造・販売の満寿屋商店麦音店も訪れ、交流を通して各校の強みを向上させる方法などを考えた。

 30日午後は、酪農教育ファームを手掛ける広瀬牧場で研修した。牧場の前代表で、ジェラート販売のリバティヒル広瀬牧場ウエモンズハート代表の広瀬文彦さんは、なつぞらの酪農監修を務めている。広瀬さんは牧場の仕事や6次産業化の取り組みを説明し、「農業と向き合い、牛が何を望んでいるのか、よく観察して世話をしてあげることが大切」と話した。

 参加者は牛舎を見学後、アイスクリーム作りに挑戦。牛乳や砂糖、生クリームなどを冷やしながらかき混ぜ、10分ほどで完成した。帯広農業高の男子生徒(2年)は「帯広だからこその体験ができ、うれしい。初めてのアイス作りは難しかったが、今まで食べた中で一番おいしい」と笑顔を見せた。

 広瀬さんの希望もあり、最後に全員で「FFJの歌」を披露。FFJは、すべての農業高校生徒が参加する農業クラブ全国組織の略称で、象徴と言えるこの歌は70年近く歌い継がれている。朝ドラでは、ヒロインの広瀬すずさんも熱唱した。ウエモンズハート店舗前で突然始まった合唱に、来店客も興味を示した。

関連記事

根室新聞

道指定有形文化財「和田屯田兵村の被服庫」一般公開 16日まで【根室】

 市教委は13日から、道指定有形文化財の「和田屯田兵村の被服庫」=西和田568番地2=を一般公開している。今年は、明治22年の入植時から使用していたとみられる木製のたんすや火鉢、鉄瓶など10点...

苫小牧民報

JR日高線、来年3月廃止へ 管内7町、9月にも最終合意

 JR北海道が廃止・バス転換を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は12日、来年3月末の同線区の廃止と同4月からのバス転換に向け、9月にもJR北と協定を締結する...

苫小牧民報

薫製チップ、ネコ砂用木質ペレット 木を活用オリジナル商品-木材業のイワクラ

 総合木材業のイワクラ(苫小牧市晴海町)は、ヤマザクラの薫製チップ「燻助(くんすけ)」と、ネコ砂用の木質ペレット「ネコペレ」の売り込みに力を入れている。木と共に歩んできた創業107年の同社ならで...

室蘭民報

自営無線使い機関車を監視 日鉄が室蘭製鉄所で実証事業【室蘭】

5G導入見据え  日本製鉄は12日、室蘭製鉄所で第5世代移動通信システム(5G)の導入を見据えた、自営無線網による実証事業を行うと発表した。構内を走行するディーゼル機関車に搭載したカメラで運行状況...

室蘭民報

歴史や文化、関心高く ウポポイ開業1カ月【白老】

入場者3万5千人/小中高の予約680校  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイの開業から12日で1カ月が経過した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で入場制限が続く中、10日現在の入場者は3万5409人...