北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

「草原の中の書斎」に・民宿「青い星通信社」オープン【美深】

民宿「青い星通信社」の外観。石れんがの造りが特徴

 美深町紋穂内(JR紋穂内駅付近)に民宿「青い星通信社」が、1日からオープンする。廃屋をリノベーションし、室内外は石れんがの造りが特徴となっており、民宿を経営する星野智之さん(56)は「キャッチフレーズが『草原の中の書斎』で、美深は小説の物語の舞台にもなっており、コーヒーを飲みながら、本を読みながら、ゆっくり過ごしたい―という方に来ていただければ」と語る。

 星野さんは神奈川県小田原市の生まれ。東京都内の出版社で雑誌編集の仕事を経て、2014年に独立し「青い星通信社」を設立、広告コピー制作や書籍編集に当たっている。17年10月、パートナーの鶴史子さん(48)とともに美深町へ移り住んだ。

 星野さんが初めて美深町を訪れたのは04年で、小説家の村上春樹さんをテーマとした取材で仁宇布地区を訪問。同地区は村上さんの代表作の一つ「羊をめぐる冒険」の舞台モデルともいわれる。その後も美深に数回足を運び、「何度か遊びに来ていた。美深のことを記事に書いていたので、観光協会の方と知り合いとなり、美深で民宿をつくってみてはどうか―とお誘いがあった。取材でホテルや旅館を訪れ、いろいろな旅館を見てきたので、民宿経営に興味はあった」と振り返る。

 建物は、築60年以上の民家2棟をリノベーションしたが、1棟は廃屋状態で、もう1棟は集会所として使われていた。昨年10月から改修工事に着手し、今年4月30日に完成。5月1日からプレオープン。6月1日からホームページでの予約も始め、本格オープンとなった。「青い星通信社」は、星野さんが小説を書く際のペンネーム「星野青」に由来。

 石れんがの造りが特徴となっており、星野さんは「誰も見たことがない建材を使っていて、深い雪の中で残ってきた建物で過ごすのは、都会に住む方にとっては日常とは違う体験ができると思う。屋根も朽ちずに残り、建材の強固さがある」と語る。

経営する鶴史子さん(左)と星野智之さん

 JR紋穂内駅から500メートル、徒歩6~7分の場所にあり、「建物を見つけるきっかけが宗谷本線で、鉄道ファンにも来ていただくためにも、線路や列車が見える所で営業できればよいのでは―と思って探したのが、ここだった」。さらに「天塩川がすぐそばに流れており、釣りに興味を持つ方も多い。村上春樹さんのファンを対象に、物語の舞台となった所に来てみませんか―というコンセプトで始めた」と話し、「草原の中の書斎」をキャッチフレーズに掲げ、書棚には村上さんの作品も置いている。

 室内は2棟を渡り廊下でつないでおり、1棟はエントランスとパブリックスペース、書棚。もう1棟が客室で全3部屋あり、2部屋がツイン、1部屋がダブル。宗谷本線が見える窓や部屋もある。建物の近くには草原が広がっているとともに「冬の雪原も見ていただければ」と景観も推している。

 ホームページはhttp://aoihoshi.co.jp

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...