北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

中央飲食店組合が地元食材を用いて試作研究会行う【登別】

登別産の食材を用いたメニューを試食する参加者

 登別中央飲食店組合(佐藤幸一組合長)の新メニュー試作研究会が30日、登別市中央町のホテル平安で行われた。登別産の魅力あふれる食材を活用した料理が並び、参加組合店が料理人ならではの目線で調理方法や店舗での提供方法などについて知恵を出し合っていた。

 豊富な地元食材を活用して、登別ならではの料理を提供しようと企画した。加盟店のうち7店の関係者が集い、10品ほどが寄せられた。今回は黒毛和牛・登別牛や豚、鹿をメインに用いたメニューが中心。

 登別牛のリブロースは表面を軽く焼いて、トウガラシを混ぜたみそで味付けした。牛モモのローストビーフは西京みそに漬けて低温調理で仕上げた。豚ヒレのピカタはデミグラスソースをかけた逸品。鹿肉はモモをヨーグルト、ロースを牛乳、ヒレをワインにそれぞれ漬けて串揚げにした。ローストビーフをトッピングしたカレーライスも登場した。

 ランチ営業を終えた午後2時ごろに、同ホテル厨房(ちゅうぼう)に料理が持ち込まれた。盛り付けや最後の調理で一手間を加えたりと、魅力いっぱいのラインアップが出そろった。10人ほどの参加者が写真撮影した後に実食。「冷めても肉が硬くならない。ご飯のおかずにもぴったり」「実際に商品化するなら、肉をもう少し大きくしてもいいのでは」などと意見交換。「登別牛は火加減が難しい。すぐに熱が通ってしまう」など調理する上でのポイントも説明していた。

 牛カツも持ち寄られたことから、急きょカレーライスとのコラボも実現。“究極”のカツカレーも誕生した。実際に料理を提供する際の値段設定についても意見を交わし、登別が誇るブランド食の提供についてざっくばらんに話し合っていた。

関連記事

名寄新聞

地元産酒米を使用の特別純米酒「上川大雪」数量限定販売【名寄】

 名寄市風連産米を使用した特別純米酒「上川大雪」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、20日から販売開始。道の駅もち米の里☆なよろで、数量限定で取り扱っている。  特別純米酒の原料となる...

十勝毎日新聞

初の芽室産ワイン「イニツィオ」発表 生産者団体【芽室】

 芽室ワインカウンティ(吉田知浩会長)は21日、芽室産ブドウを使用して醸造した初のワイン「INIZIO 2018」(イニツィオ)を発表した。7月から数量限定で販売、北海道十勝フード&ワインフェ...

室蘭民報

越冬たまねぎ「えったま333」を使い料理講習会【伊達】

 伊達市の越冬タマネギ「えったま333」の料理講習会が20日、市内梅本町のだて歴史の杜食育センター内キッチンスタジオで開かれた。参加者が甘く、栄養価が高いタマネギを和気あいあいと調理。出来上がり...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

十勝毎日新聞

「優しいあんこ」食べて魅力発信 なつぞら応援推進協【十勝】

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」応援推進協議会(梶原雅仁会長)は19日、ドラマの主題歌でスピッツの新曲「優しいあの子」の発売に合わせ、スイーツ王国・十勝の魅力を発信する「優しいあんこ」企画をスタ...