北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

中央飲食店組合が地元食材を用いて試作研究会行う【登別】

登別産の食材を用いたメニューを試食する参加者

 登別中央飲食店組合(佐藤幸一組合長)の新メニュー試作研究会が30日、登別市中央町のホテル平安で行われた。登別産の魅力あふれる食材を活用した料理が並び、参加組合店が料理人ならではの目線で調理方法や店舗での提供方法などについて知恵を出し合っていた。

 豊富な地元食材を活用して、登別ならではの料理を提供しようと企画した。加盟店のうち7店の関係者が集い、10品ほどが寄せられた。今回は黒毛和牛・登別牛や豚、鹿をメインに用いたメニューが中心。

 登別牛のリブロースは表面を軽く焼いて、トウガラシを混ぜたみそで味付けした。牛モモのローストビーフは西京みそに漬けて低温調理で仕上げた。豚ヒレのピカタはデミグラスソースをかけた逸品。鹿肉はモモをヨーグルト、ロースを牛乳、ヒレをワインにそれぞれ漬けて串揚げにした。ローストビーフをトッピングしたカレーライスも登場した。

 ランチ営業を終えた午後2時ごろに、同ホテル厨房(ちゅうぼう)に料理が持ち込まれた。盛り付けや最後の調理で一手間を加えたりと、魅力いっぱいのラインアップが出そろった。10人ほどの参加者が写真撮影した後に実食。「冷めても肉が硬くならない。ご飯のおかずにもぴったり」「実際に商品化するなら、肉をもう少し大きくしてもいいのでは」などと意見交換。「登別牛は火加減が難しい。すぐに熱が通ってしまう」など調理する上でのポイントも説明していた。

 牛カツも持ち寄られたことから、急きょカレーライスとのコラボも実現。“究極”のカツカレーも誕生した。実際に料理を提供する際の値段設定についても意見を交わし、登別が誇るブランド食の提供についてざっくばらんに話し合っていた。

関連記事

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...

十勝毎日新聞

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも【十勝】

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を...