北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

中央飲食店組合が地元食材を用いて試作研究会行う【登別】

登別産の食材を用いたメニューを試食する参加者

 登別中央飲食店組合(佐藤幸一組合長)の新メニュー試作研究会が30日、登別市中央町のホテル平安で行われた。登別産の魅力あふれる食材を活用した料理が並び、参加組合店が料理人ならではの目線で調理方法や店舗での提供方法などについて知恵を出し合っていた。

 豊富な地元食材を活用して、登別ならではの料理を提供しようと企画した。加盟店のうち7店の関係者が集い、10品ほどが寄せられた。今回は黒毛和牛・登別牛や豚、鹿をメインに用いたメニューが中心。

 登別牛のリブロースは表面を軽く焼いて、トウガラシを混ぜたみそで味付けした。牛モモのローストビーフは西京みそに漬けて低温調理で仕上げた。豚ヒレのピカタはデミグラスソースをかけた逸品。鹿肉はモモをヨーグルト、ロースを牛乳、ヒレをワインにそれぞれ漬けて串揚げにした。ローストビーフをトッピングしたカレーライスも登場した。

 ランチ営業を終えた午後2時ごろに、同ホテル厨房(ちゅうぼう)に料理が持ち込まれた。盛り付けや最後の調理で一手間を加えたりと、魅力いっぱいのラインアップが出そろった。10人ほどの参加者が写真撮影した後に実食。「冷めても肉が硬くならない。ご飯のおかずにもぴったり」「実際に商品化するなら、肉をもう少し大きくしてもいいのでは」などと意見交換。「登別牛は火加減が難しい。すぐに熱が通ってしまう」など調理する上でのポイントも説明していた。

 牛カツも持ち寄られたことから、急きょカレーライスとのコラボも実現。“究極”のカツカレーも誕生した。実際に料理を提供する際の値段設定についても意見を交わし、登別が誇るブランド食の提供についてざっくばらんに話し合っていた。

関連記事

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...

十勝毎日新聞

地ビールで乾杯 町内産の大麦と小豆で風味豊か【豊頃】

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(...