北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

宮蘭フェリーを利用PR…商議所がキャッシュバック【室蘭】

室蘭商議所が実施する宮蘭フェリー利用キャッシュバックキャンペーンのチラシ

 宮蘭フェリー航路のさらなる利用をPRするため、室蘭商工会議所(栗林和徳会頭)は6月1日から、独自のキャッシュバックキャンペーンを実施する。片道、往復の両利用時に適用し、人数に応じて現金で補助。9月末までの利用に適用する。同商議所は「このチャンスに多くの人に宮古に行ってもらいたい」と呼び掛けている。

 同キャンペーンは商議所創立95周年記念事業の一環として実施され、「レッツゴー!宮古 キャッシュバックキャンペーン」と銘打った。室蘭市の町内会連合会(沼田俊治会長)と「宮古市との交流実行委員会」、フェリーを運航する川崎近海汽船(東京)が協力する。

 キャッシュバック額は、往復1人利用で3千円、2~4人利用で1人3500円、5人以上は同4千円。6~11歳の子どもは半額。片道利用は人数に関係なく1人千円。乗用車は1台3千円。

 対象は商議所会員事業所関係者とその家族、町内会加入世帯。八戸までの乗船だと補助は受けられず、お盆・夏休みシーズンの8月10~18日も利用対象外となる。予算の上限(総額95万円)に達した時点で申請受け付けを終了する。

 岩手県では三陸沿岸道路のうち釜石北インターチェンジ(IC)―大槌IC間の4・8キロが就航1周年の日(6月22日)に開通する。宮古市から宮城県気仙沼市までの約106キロがつながることから、移動の利便性が高まると期待されている。

 商議所の新たなキャンペーン実施に対し、町内会関係者の関心は高まっている。市町連の沼田会長は「町内会役員から、既に4~5人で宮古市観光を行いたいとの話が出ている。市民交流のお手伝いをしたい」と期待を寄せた。

 商議所の菊地正幸事務局次長は今回の企画を起爆剤に、宮蘭フェリー利用の「新たな需要を掘り起こしたい」とPRしている。申し込みの際には申請書とアンケートの記入が必要。問い合わせは商議所総務グループ、電話0143・22局319番へ。

航路誘致期成会が解散

 2019年度室蘭港フェリー航路誘致促進期成会(会長・青山剛室蘭市長)が30日、石川町の西いぶり広域連合で開かれた。昨年6月に室蘭市と岩手県宮古市を結ぶフェリー航路が開設されたことから、組織の解散を決めた。

 青山会長は08年の設立からを振り返り「協力で航路を復活することができた。胆振東部地震では、重要な輸送ルートとして存在感を発揮した。八戸寄港を加え、徐々に貨物が増えている。解散になるが、今後も連携して利用促進に当たりたい」と呼び掛けた。

関連記事

十勝毎日新聞

盆踊り会場はわが家 太鼓演奏と歌を生配信【上士幌】

 自宅で生演奏で盆踊りを楽しんで-。上士幌町の和太鼓グループ「ナイタイ高原太鼓 響(きょう)」(吉田ちはる代表、会員19人)は16日、動画共有サイト・ユーチューブで盆踊りの太鼓演奏と民舞会の歌を配...

十勝毎日新聞

「LAND」開設1周年 ビジネススクール公開収録【帯広】

 とかち財団(長澤秀行理事長)が運営する事業創発拠点「LAND(ランド)」(帯広市西2南11、天光堂ビル1階)の1周年記念事業が7、8の両日、同施設で行われた。一般開放してセミナーや物品販売を実施...

十勝毎日新聞

空襲体験者「担架の血の色 克明に」 語り部の会【帯広】

 1945(昭和20)年7月15日、米軍の空襲で1歳から17歳までの5人が犠牲になった「帯広空襲」から75年。帯広市・核兵器廃絶平和都市宣言推進実行委員会は8日、市図書館で語り部の会「『内壁に刺...

函館新聞

晴れ間に「日暈」現象 函館市内で見られる【函館】

 8日の渡島・桧山地方は気圧の谷ながら高気圧に覆われて晴れ間がある時間もあり、函館市内の上空では太陽の周りに輪ができる「日暈(ひがさ)」が現れ、薄い雲の空に輪がくっきりと浮かんだ。  日暈現...

函館新聞

Nゲージ走る テーオーで「夏休みちびっこ鉄道フェア」【函館】

 テーオーデパート(函館市梁川町)1階で8日、鉄道模型・Nゲージの走行会やクイズラリーなどが楽しめる「夏休みちびっこ鉄道フェア」が始まった。9日まで。  同デパートとJR北海道函館支社、道南...