北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

カラマツなど600本を植樹【えりも】

【えりも】町とえりも岬の緑を守る会(会長・神田勉えりも漁協組合長)主催の「えりもワクワク森林(もり)づくり体験事業植樹祭」が28日、庶野地区の旧上歌別牧野内で行われ、カラマツなど600本を植樹した。

 植樹祭には、町内全小学校の高学年児童73人と、町議、セブン・イレブン記念財団、えりも漁協と女性部員、日高南部森林管理署、日高振興局、ひだか南森林組合、航空自衛隊襟裳分屯基地、日高信金えりも支店、町内職域、ボランティア団体などから総勢250人が参加。

 大西正紀町長は「小学生や町内から多くの団体、ボランティアの参加はうれしい。植樹苗木はセブン・イレブンからの提供支援によるもの。えりも岬緑化事業は今年で66年を迎えて豊かな海が蘇った。地球温暖化の抑制に一層森林づくりに励もう」と参加者に協力を呼び掛けた。

 新島俊哉道森林管理局長は「破壊された森林の復旧には長い歳月が必要。小学生のみなさんは、植樹で森から学び、森が何を望んでいるかを知って協力しよう」と述べ、金岩武吉道議も次世代を担う小学生の植樹参加を賞賛した。

 この日は、カラマツ400本、ミズナラ200本をササを刈り取った傾斜地0・3㌶に植樹。

 作業に先立ち、えりも治山事業所の瓜田元美治山技術官が苗木の植樹手順を説明し作業開始。各グループごとに、ササの根をスコップやクワで切って地面に穴を作り、苗木を植えて足で固定する作業に汗を流した。

 植樹終了後には、ヤマザクラの記念植樹に代表児童と大西町長、川上松美教育長らが加わり、記念標柱を設置し生長を願った。

サクラの若木を記念植樹した代表児童と大西町長

斜面の植樹に励む参加者

関連記事

根室新聞

道指定有形文化財「和田屯田兵村の被服庫」一般公開 16日まで【根室】

 市教委は13日から、道指定有形文化財の「和田屯田兵村の被服庫」=西和田568番地2=を一般公開している。今年は、明治22年の入植時から使用していたとみられる木製のたんすや火鉢、鉄瓶など10点...

苫小牧民報

JR日高線、来年3月廃止へ 管内7町、9月にも最終合意

 JR北海道が廃止・バス転換を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は12日、来年3月末の同線区の廃止と同4月からのバス転換に向け、9月にもJR北と協定を締結する...

苫小牧民報

薫製チップ、ネコ砂用木質ペレット 木を活用オリジナル商品-木材業のイワクラ

 総合木材業のイワクラ(苫小牧市晴海町)は、ヤマザクラの薫製チップ「燻助(くんすけ)」と、ネコ砂用の木質ペレット「ネコペレ」の売り込みに力を入れている。木と共に歩んできた創業107年の同社ならで...

室蘭民報

自営無線使い機関車を監視 日鉄が室蘭製鉄所で実証事業【室蘭】

5G導入見据え  日本製鉄は12日、室蘭製鉄所で第5世代移動通信システム(5G)の導入を見据えた、自営無線網による実証事業を行うと発表した。構内を走行するディーゼル機関車に搭載したカメラで運行状況...

室蘭民報

歴史や文化、関心高く ウポポイ開業1カ月【白老】

入場者3万5千人/小中高の予約680校  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイの開業から12日で1カ月が経過した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で入場制限が続く中、10日現在の入場者は3万5409人...