北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

聖火リレー 帯広にも 競馬場ルート検討 東京五輪【札幌】

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は1日、五輪の聖火リレーのルートを発表した。道内では来年6月14、15日に行われ、帯広もルートに選ばれた。帯広では同14日に行い、ギリシャで「親の火」とともに用意する「子どもの火」が活用される。具体的なルートは年末ごろに発表される予定で、帯広競馬場をルートに入れる方向で検討が進められている。ランナーは公募で選び、道民や北海道にゆかりのある人が対象となる。

 聖火リレーは来年3月26日に福島県で開始。全国47都道府県・857市区町村を回り、開会式の7月24日に会場に到着する。

 北海道ルートは、道や道市長会、道町村会などで構成する「東京2020五輪聖火リレー北海道実行委員会」が選定。多くの道民に見てもらうため人口の上位6市や、胆振東部地震で被災した胆振管内厚真、安平、むかわの3町など18市町を決定した。

 道内でのリレーは来年6月14日に函館から始まり、北斗市、胆振管内洞爺湖町を経て室蘭市、帯広市、胆振管内白老町を回る。白老町のアイヌ文化発信拠点の民族共生象徴空間(ウポポイ)でイベントを行う。15日は苫小牧市、旭川市、千歳市などを通り、最終地点の札幌市北3条広場(アカプラ)でイベントを行う。

 帯広市のルート上に競馬場が想定されていることについて、実行委は「ばんえい競馬が世界唯一であること、北海道が馬産地であるということをPRできる」としている。

 聖火はギリシャの採火時から「親の火」と「子どもの火」を用意し、通常は親の火のみでリレーする。離島など遠隔地に聖火が訪問する際は、あらかじめランタンで運搬する子どもの火を活用する。親の火と子どもの火が同時に人目に触れることはない。道内では帯広、釧路、根室など6市で子どもの火を活用する。

関連記事

根室新聞

共同経済活動へ向け、ロシア側から初の訪問団【根室】

 北方四島での共同経済活動の実現に向け、ロシア側から初となる視察団が19日、根室入りした。視察分野は優先5項目のうち「ごみの減容対策」で、国後島のごみ処理会社社長ら4人が根室市資源再生センター...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 期待乗せ大型船が出漁【根室】

 農林水産大臣許可の道東沖のサンマ棒受け網漁で主力となる100トン以上の大型船の操業が20日に解禁され、花咲港からは30隻が午前0時ごろに漁場を目指して出漁した。今季はこれまでにサンマの水揚げがな...

苫小牧民報

秋の風物詩 インディアン水車でシロザケ捕獲-12月中旬まで

 日本海さけ・ます増殖事業協会千歳事務所=花園=は20日、構内に設置する千歳川左岸のインディアン水車(捕獲車)でシロザケの親魚の捕獲を始めた。千歳に秋の訪れを告げる風物詩は、12月中旬まで続く。 ...

日高報知新聞

二風谷で舟おろしの儀【平取】

【平取】アイヌ民族伝統の舟おろしの儀式「第50回チプサンケ」が18日、二風谷ダム沙流川左岸に設けた舟おろし場で行われた。  文化の伝承を目的にびらとりアイヌ協会などでつくる実行委員会の主催。町民...

日高報知新聞

サラ1歳 サマーセール開幕【新ひだか】

【新ひだか】サラブレッド1歳馬の競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)が19日、静内神森の北海道市場で開幕した。22日まで4日間の日程で1270頭が上場登録している。  サマーセールは、日...