北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

聖火リレー 帯広にも 競馬場ルート検討 東京五輪【札幌】

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は1日、五輪の聖火リレーのルートを発表した。道内では来年6月14、15日に行われ、帯広もルートに選ばれた。帯広では同14日に行い、ギリシャで「親の火」とともに用意する「子どもの火」が活用される。具体的なルートは年末ごろに発表される予定で、帯広競馬場をルートに入れる方向で検討が進められている。ランナーは公募で選び、道民や北海道にゆかりのある人が対象となる。

 聖火リレーは来年3月26日に福島県で開始。全国47都道府県・857市区町村を回り、開会式の7月24日に会場に到着する。

 北海道ルートは、道や道市長会、道町村会などで構成する「東京2020五輪聖火リレー北海道実行委員会」が選定。多くの道民に見てもらうため人口の上位6市や、胆振東部地震で被災した胆振管内厚真、安平、むかわの3町など18市町を決定した。

 道内でのリレーは来年6月14日に函館から始まり、北斗市、胆振管内洞爺湖町を経て室蘭市、帯広市、胆振管内白老町を回る。白老町のアイヌ文化発信拠点の民族共生象徴空間(ウポポイ)でイベントを行う。15日は苫小牧市、旭川市、千歳市などを通り、最終地点の札幌市北3条広場(アカプラ)でイベントを行う。

 帯広市のルート上に競馬場が想定されていることについて、実行委は「ばんえい競馬が世界唯一であること、北海道が馬産地であるということをPRできる」としている。

 聖火はギリシャの採火時から「親の火」と「子どもの火」を用意し、通常は親の火のみでリレーする。離島など遠隔地に聖火が訪問する際は、あらかじめランタンで運搬する子どもの火を活用する。親の火と子どもの火が同時に人目に触れることはない。道内では帯広、釧路、根室など6市で子どもの火を活用する。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタと馬車 街中ラン【帯広】

 サンタクロース姿で街中を練り歩き、病院や児童養護施設でクリスマスを過ごす子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るイベント「北海道サンタランinとかち2019」(実行委員会主催)が14日、帯広市中...

十勝毎日新聞

カーリング場今季も始動 始球式に続き大会も【池田】

 池田町カーリング場(西1ノ1)の今シーズンのオープン式が13日夜に行われた。始投式に引き続き、池田カーリング協会(松浦穣会長)主催の協会杯大会も開幕した。  リンクは約1400平方メートルに...

十勝毎日新聞

女性起業家「アワード」谷口さんがノミネート【本別】

 企業と女性起業家のマッチングイベント「J300アワード」に、町内の管理栄養士谷口まどかさん(47)がノミネートされた。女性起業家を支援する会社コラボラボ(東京)の主催。同アワードはフェイスブッ...

函館新聞

クリファン会場で「ひろさきナイト」盛況【函館】

 今回で9年目になる青森県弘前市のPRイベント「ひろさきナイト」が15日、「はこだてクリスマスファンタジー」開催中の金森赤レンガ倉庫特設ステージなどで開かれた。北寄りの風が強く吹き付ける中、津軽...

函館新聞

函館市民スケート場オープン 家族連れら初滑り楽しむ【函館】

 函館市民スケート場(金堀町10)が14日、今季の営業を開始した。小雨模様の中、待ちわびた親子連れらが来場し、今シーズン初滑りを楽しんだ。オープン期間は来年2月16日まで(12月31日、1月1日...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス