北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

将来は中央競馬で出走を【新ひだか】

母子馬の世話をする静内農高の生徒たち

【新ひだか】全国で唯一サラブレッドの繁殖から育成までを授業に取り入れている静内農業高(志賀聡校長、生徒125人)で5月25日夜、牡の子馬が誕生した。

 畜産系の生産科学科がある同校は、年1頭の割合でサラブレッドの生産に取り組み、授業の一環として生徒たちが馬の世話をしている。

 子馬は5月15日が出産予定日だったが、10日遅れの25日午後10時20分に誕生。母馬は12歳のマドリガルスコア(父ダンスインザダーク)で、父は近くにある日本軽種馬協会静内種馬場でけい養されているイギリス産の種牡馬マクフィ。

 母子の世話は将来、軽種馬生産牧場への就職を考えていたり、馬の繁殖に興味のある生徒が希望して担当。母馬の乳が張るなど、出産の兆候が見え始めた5月中旬から同校OBで馬術部顧問の若松勇太教諭らとともに、きゅう舎近くで見守ってきた。

 出産は破水から15分ほどで誕生する比較的にスムーズなもので、帰宅していた生徒たちは出産の瞬間に立ち会うことは出来なかったが、寮に住む生徒たちは連絡を受けてすぐにきゅう舎に駆け付けて子馬と対面。繁殖研究班長の矢野颯之新君(3年)は「1年生のころから見ているが、今回はそばで体を拭いたりして手伝った。とてもかわいかった」と貴重な体験を振り返った。

 子馬は鹿毛で、額には白斑はないがつむじがたくさんあった。名前は馬コースの生徒に公募する予定。

 連絡を受けて駆け付けた山形采さん(2年)は「初めて出産に立ち会った。生まれてから立ち上がるまでを見ていて感動した」、清水悠花さん(2年)は「小さくてか弱い感じでいたが、1時間後には自分の足で立ち上がりびっくりした」などと感想を話した。

 馬コースの2年生10人が中心となり母子の世話をすることとなり「みんなに愛される馬になってほしい」、「将来は中央競馬で走るような強い馬になってほしい」と成長を楽しみにしていた。 

 子馬は来年のサマーセールに上場予定。今年上場予定の1歳牡馬「桜翔」(父エスケンデレヤ、母マドリガルスコア)も順調に育っている。

 昨年のサマーセールで270万円で兵庫県馬主協会に落札された牝馬「叶愛」は、ユメノマクアケと名付けられ、園田競馬場で競走馬として育成されレース出場を待っている。

 また、同校では子馬がどんな行動をしているのか把握するため、GPSを使用した研究も昨年度から実施している。

関連記事

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス