北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

将来は中央競馬で出走を【新ひだか】

母子馬の世話をする静内農高の生徒たち

【新ひだか】全国で唯一サラブレッドの繁殖から育成までを授業に取り入れている静内農業高(志賀聡校長、生徒125人)で5月25日夜、牡の子馬が誕生した。

 畜産系の生産科学科がある同校は、年1頭の割合でサラブレッドの生産に取り組み、授業の一環として生徒たちが馬の世話をしている。

 子馬は5月15日が出産予定日だったが、10日遅れの25日午後10時20分に誕生。母馬は12歳のマドリガルスコア(父ダンスインザダーク)で、父は近くにある日本軽種馬協会静内種馬場でけい養されているイギリス産の種牡馬マクフィ。

 母子の世話は将来、軽種馬生産牧場への就職を考えていたり、馬の繁殖に興味のある生徒が希望して担当。母馬の乳が張るなど、出産の兆候が見え始めた5月中旬から同校OBで馬術部顧問の若松勇太教諭らとともに、きゅう舎近くで見守ってきた。

 出産は破水から15分ほどで誕生する比較的にスムーズなもので、帰宅していた生徒たちは出産の瞬間に立ち会うことは出来なかったが、寮に住む生徒たちは連絡を受けてすぐにきゅう舎に駆け付けて子馬と対面。繁殖研究班長の矢野颯之新君(3年)は「1年生のころから見ているが、今回はそばで体を拭いたりして手伝った。とてもかわいかった」と貴重な体験を振り返った。

 子馬は鹿毛で、額には白斑はないがつむじがたくさんあった。名前は馬コースの生徒に公募する予定。

 連絡を受けて駆け付けた山形采さん(2年)は「初めて出産に立ち会った。生まれてから立ち上がるまでを見ていて感動した」、清水悠花さん(2年)は「小さくてか弱い感じでいたが、1時間後には自分の足で立ち上がりびっくりした」などと感想を話した。

 馬コースの2年生10人が中心となり母子の世話をすることとなり「みんなに愛される馬になってほしい」、「将来は中央競馬で走るような強い馬になってほしい」と成長を楽しみにしていた。 

 子馬は来年のサマーセールに上場予定。今年上場予定の1歳牡馬「桜翔」(父エスケンデレヤ、母マドリガルスコア)も順調に育っている。

 昨年のサマーセールで270万円で兵庫県馬主協会に落札された牝馬「叶愛」は、ユメノマクアケと名付けられ、園田競馬場で競走馬として育成されレース出場を待っている。

 また、同校では子馬がどんな行動をしているのか把握するため、GPSを使用した研究も昨年度から実施している。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...