北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝牛とろ丼 まんパク 3連覇【清水・東京】

牛とろ丼の提供を担当した「円らく」(東京)の柳佳文社長(前列左から3人目)ら。3連覇を果たし、他の出店者からも祝福を受けた

 3日まで東京都内で開かれた日本最大級の食のイベント「満腹博覧会(まんパク)2019」で、十勝スロウフード(清水町御影、藤田惠社長)が出品した「十勝牛とろ丼」が人気グルメランキングで3年連続の総合1位に輝いた。11年に始まったまんパク史上初の3連覇で、初めての「殿堂入り」となった。

 今年のまんパクは、東京・立川市の昭和記念公園で5月16日から19日間にわたり開催。全国から約60のグルメが出品され、来場者の投票により、各日と総合でランキングを決めた。

 牛とろ丼は14年から出品。1週間だけの提供だった同年から3年連続2位の後、17年から3連覇となった。藤田社長は「牛とろのおいしさに加え、調理に制約のあるイベントでも店舗と遜色ない味を出せ、提供スピードも速い。量と質を両立できる」と牛とろ丼の強みを語る。

「殿堂入り」の牛とろ丼

 イベントが複数のテレビで取り上げられたことで、現在は供給が追い付かないほどの注文が来ているという。ただ、藤田社長は「どんな肉でもこの味が出せるわけではない」と強調。飼育段階からこだわった肉を原料とするため、「牛の肥育期間も考えると、1杯の丼になるまでに2年はかかる」という。

 藤田社長は牛とろ丼への高評価を喜ぶ一方、「当社のコンセプトは牛1頭ずつを大切に販売すること」と話す。同社では牛とろの原料にならない部位も、ハンバーグやソーセージなどに加工・販売。「牛とろだけでなく、それと同じ肉で作った商品もおいしいと知ってもらうため、『牛とろブランド』を育てていきたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...

十勝毎日新聞

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも【十勝】

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を...