北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

一般公募の9人派遣【新ひだか】

大野町長(左手前)に抱負を話す派遣団員たち

【新ひだか】7月に米国・ケンタッキー州レキシントン市と町との国際姉妹都市提携から31年目となり、今年は一般公募による訪問団員男女9人が、7月1日から9日まで同市を親善訪問し、ホームステイしながら市民らと交流を深める。5日夜には役場静内庁舎で出発式が行われた。

 町とレキシントン市は、ともに馬産地が縁で昭和63年(1988年)7月に姉妹都市を提携。以来、友好親善訪問団の相互派遣による交流を深めている。

 中高生の相互派遣交流は毎年実施。一般の相互派遣交流は5年毎に実施しており、前回は平成25年(2013年)7月に町長、観光協会役員6人が現地に出向き交流した。

 昨年は町長、町議選挙があったため、1年先送りした。前回から6年目となる今回は、一般公募により町民レベルでの派遣交流を企画。参加者は旅費の3分の2を負担している。

 レ市では市長や関係市民と交流を深め、独立記念日の4日には市内記念パレードにも参加する予定。

 大野克之町長は「今まで町長、議長などの役職者の親善訪問交流をしていた。今回は町民目線での交流ということで、初めて公募実施することにした。身体に気を付けて無事に楽しんで帰ってきてほしい」と激励した。

 参加者は「馬を見て、子どもたちのためになれば」「異国文化を学び、何かの役に立てば」「親が装蹄師で子どものころから馬に親しんでいたので楽しみ」「馬には興味がなく、ほかの見聞を広げたい」「私もレキシントン市を見てみたい」などと話し、最後に引率する町の柴田隆企画課長は「言葉はしゃべれないけれど、皆さんが安全に楽しんで帰れるよう万全を尽くしたい」とそれぞれ抱負を話した。

 派遣団員は次の通り。

 ▽団長 糸井郁美(地域おこし協力隊)▽団員 永坂茂未(新冠ヒルズ)、大畠京子、大西則子(以上無職)、木村明美(自営業手伝)、井上美千代(くまん動物病院獣医師)、武田悠作(ハーバード大学院博士課程研究員・町出身)▽通訳 高辻麻衣(新潟県立大学国際地域学部4年・町出身)▽随行 柴田隆(町総務部企画課長)

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...