北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

木古内「民泊」が好評 受け入れ家庭の高齢化課題【木古内】

木古内の家庭に宿泊する江戸川区の子どもたち

木古内の体験教育観光で訪れた小学生らが一般家庭に宿泊する「民泊」が好評だ。今年は過去最多の137人の子どもたちを受け入れた。送り出し先の学校や子どもたちの保護者からは教育的効果が好評な一方、現在民泊受け入れ先の中心は60~70代となっており、受け入れ団体の木古内まちづくり体験観光推進協議会では町内の若い家庭に協力を呼び掛けている。

 町で体験観光の取り組みを始めたのは2008年。翌年からは協議会が立ち上げられ、送り出し先の小学校などと協力し、地引網やホタテ放流、搾乳など地元の農水産業を体験し、地元の人々と交流するメニューを作り上げた。

 当初は町内の最勝寺で2~3泊することが多かったが、2012年から地元の一般家庭に宿泊する民泊の取り組みを開始。子どもたちや保護者からも「地元の人の温かさにふれられる」「生活習慣が身に付き、自立心が養われる」など好評で、翌年以降、町を訪れる小学生らは町内の家庭で連泊するのが定番となった。

 町本町の松村信子さん(74)は初年度から受け入れを行い、今年で6年目。今年は秋田県大館市立釈迦内小、大館市、東京都江戸川区からそれぞれ4人ずつ女の子を受け入れた。宿泊では近くのスーパーで一緒に買い物をしたあと、子どもたちが食べたい料理を作ってやり、朝は子どもたち自身に朝食を作ってもらう。民泊は友人にも手伝ってもらい、広い庭を活かして流しそうめんをするなど、子どもたちに楽しんでもらえるよう工夫している。

 松村さんは「中には床に座れない子やあいさつができない子もいるが、きちんと教え、親御さんからも『たくましくなった』『海産物が苦手な子が食べられるようになった』と感謝される」といい、「『一生の思い出になりました』などと書かれている子どもたちからの便りを読むと、やってよかったと思う。元気をもらえるし、楽しい」と目を細める。

 協議会の呼びかけに応え、今年は新たに2軒の家庭が民泊受け入れに加わった。協議会では来年に向け、引き続き子どもたちの受け入れに手を挙げる家庭を募集している。連絡先は協議会事務局の木古内町観光協会(01392・6・7357)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス