北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

地場カラマツ使いホテル 全30室、8月開業【足寄】

 ホテル事業の運営会社ASCOM(足寄、丸山勝由代表)が建設を進めている「HOTEL REUS(レウス)(仮称)」が8月下旬、国道242号沿いの道の駅北側(町北3)にオープンする。町産材のカラマツを使った“地材地消”にも取り組み、町内の経済的効果に期待する声が上がっている。丸山代表は「地元の木を使って地元で建物を建てる、循環型の良い形をつくっていけたら」と話している。

町産カラマツを使い建てられるホテル内を見学する関係者

 ASCOMは昨年8月に設立。敷地面積は約2500平方メートル、ホテルは木造2階建て、延べ床面積は約1050平方メートル。「パワービルド工法」と呼ばれる高強度な専用金物を使用し、優れた耐震性が特徴。総事業費は約4億円。

 名称の「レウス」は、アイヌ語で「泊まる」を意味する「レウシ」から取ったもの。客室はダブル15室、ツイン14室、デラックスツイン1室の全30室。ダブルはシングルユースも想定している。

 1階にはフロントのほか、ラウンジやレストランなどを設置。木のぬくもりを感じさせるカジュアルモダンなイメージで、落ち着いた雰囲気を醸し出す。

 ホテル内では公衆無線LAN「Wi-Fi」が接続でき、客室には風呂、トイレのほか、仕事にも利用できるデスクも設置する。同社によるとビジネスや観光での利用を想定している。

 プレオープンは8月11日、グランドオープンは同20日ごろを予定。予約は7月に立ち上げるインターネットの自社サイトなどで受け付ける。

 丸山代表は「ホテルは地域インフラにとって重要。町内を仕事などで訪れても、宿泊施設が不足し帯広などに滞在するケースがあった」と建設の狙いを語る。同ホテルでは夕食を提供せず、町内飲食店の利用を促す考え。飲食店と連携して食べ歩きマップなどを作成し、割引券やドリンク券なども発行する。

見学会に100人 可能性考える

 7日には現地で構造見学会が開かれ、建設や行政の関係者ら約100人が最新の工法に触れ、地元産のカラマツ材を使ったホテル内部を見学した。

 ASCOMと施工する宮坂・木村・森下経常建設工事共同企業体の主催。国内でパワービルド工法の木造建築を手掛ける会社「ナイス」(本社横浜市)の担当者も訪れた。

 ASCOMの鑓水浩二取締役が町産材を使った経緯について説明。建材として使用した町産カラマツ材は柱のほか、繊維化したものを木質断熱材にも使っていると説明した。

 見学者は、建材に使われる集成材や木質断熱材「ウッドファイバー」を見て回り、地元産木材の可能性を確かめていた。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...