北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

地場カラマツ使いホテル 全30室、8月開業【足寄】

 ホテル事業の運営会社ASCOM(足寄、丸山勝由代表)が建設を進めている「HOTEL REUS(レウス)(仮称)」が8月下旬、国道242号沿いの道の駅北側(町北3)にオープンする。町産材のカラマツを使った“地材地消”にも取り組み、町内の経済的効果に期待する声が上がっている。丸山代表は「地元の木を使って地元で建物を建てる、循環型の良い形をつくっていけたら」と話している。

町産カラマツを使い建てられるホテル内を見学する関係者

 ASCOMは昨年8月に設立。敷地面積は約2500平方メートル、ホテルは木造2階建て、延べ床面積は約1050平方メートル。「パワービルド工法」と呼ばれる高強度な専用金物を使用し、優れた耐震性が特徴。総事業費は約4億円。

 名称の「レウス」は、アイヌ語で「泊まる」を意味する「レウシ」から取ったもの。客室はダブル15室、ツイン14室、デラックスツイン1室の全30室。ダブルはシングルユースも想定している。

 1階にはフロントのほか、ラウンジやレストランなどを設置。木のぬくもりを感じさせるカジュアルモダンなイメージで、落ち着いた雰囲気を醸し出す。

 ホテル内では公衆無線LAN「Wi-Fi」が接続でき、客室には風呂、トイレのほか、仕事にも利用できるデスクも設置する。同社によるとビジネスや観光での利用を想定している。

 プレオープンは8月11日、グランドオープンは同20日ごろを予定。予約は7月に立ち上げるインターネットの自社サイトなどで受け付ける。

 丸山代表は「ホテルは地域インフラにとって重要。町内を仕事などで訪れても、宿泊施設が不足し帯広などに滞在するケースがあった」と建設の狙いを語る。同ホテルでは夕食を提供せず、町内飲食店の利用を促す考え。飲食店と連携して食べ歩きマップなどを作成し、割引券やドリンク券なども発行する。

見学会に100人 可能性考える

 7日には現地で構造見学会が開かれ、建設や行政の関係者ら約100人が最新の工法に触れ、地元産のカラマツ材を使ったホテル内部を見学した。

 ASCOMと施工する宮坂・木村・森下経常建設工事共同企業体の主催。国内でパワービルド工法の木造建築を手掛ける会社「ナイス」(本社横浜市)の担当者も訪れた。

 ASCOMの鑓水浩二取締役が町産材を使った経緯について説明。建材として使用した町産カラマツ材は柱のほか、繊維化したものを木質断熱材にも使っていると説明した。

 見学者は、建材に使われる集成材や木質断熱材「ウッドファイバー」を見て回り、地元産木材の可能性を確かめていた。

関連記事

根室新聞

移住体験住宅の利用再開【根室】

 根室市は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて4月から利用を休止していた移住体験住宅を1日から再開した。国の「緊急事態宣言」解除を受け、6月19日から申し込みの受け付けを開始しており、...

苫小牧民報

アニメ「ダイヤのA」と連携 グッズ製作検討、苫小牧をPR-苫小牧市と観光..

 苫小牧市と苫小牧観光協会は、同市の知名度向上へ、人気アニメ「ダイヤのA(エース) actⅡ(アクトツー)」と連携した観光PR事業をスタートさせる。主要な登場人物の中に同市出身のキャラクターがいる...

苫小牧民報

未利用魚、捨てるなんてもったいない 子ども食堂に無償提供へ-苫小牧漁協

 苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は今月、地元で水揚げされた魚を苫小牧市内の子ども食堂に、無償提供するプロジェクトをスタートさせる。市場に流通せずに捨てられる「未利用魚」を有効活用する。年間...

日高報知新聞

セーフティラリー出発【浦河】

 7月1日から10月31日まで123日間、日常の運転を通じて無事故、無違反をチームで競う浦河警察署管内(浦河、様似、えりも3町)の「セーフティラリー北海道2020」の出発式は、1日に予定されていたが、...

日高報知新聞

店で使用の家具や陶器など【様似】

【様似】6月27日に営業を終了した町大通1の喫茶店「カフェマザー」が、1日から最後のフリーマーケットを開いている。4日まで。  同店は、2011年3月にオープン。地域住民に親しまれた店で、東日本大...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス