北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

胆振東部地震の影響で延期していたむかわ竜、一般公開【むかわ】

四季の館で公開されることが決まった完全版「むかわ竜」の全身骨格化石

 むかわ町は29、30の両日、道の駅「四季の館」たんぽぽホールで「むかわ竜 完全版 大公開」と銘打ったイベントを開く。昨年9月に発生した胆振東部地震の影響で施設が使えず延期されていた「むかわ竜」の一般公開を行い、復興が進んでいる様子も合わせて見てもらう。日本最大の恐竜全身骨格化石「むかわ竜」のオリジナル化石に加え、ホベツアラキリュウのレプリカなども展示する。

 「むかわ竜」の一般公開は当初、昨年10月に予定されていたが、胆振東部地震で大きな被害を受け、会場が避難場所に使われたため、公開準備が整わず延期された。穂別町民センターでは1カ月遅れで開催はしたものの、四季の館は移動式のいすや天井、照明などが損傷したため、延期されたままになっていた。

 この間、「むかわ竜」の全身復元骨格(レプリカ)が完成。7月13日~10月14日、国立科学博物館(東京)で開催される「恐竜博」(同博物館など主催)に出展される。竹中喜之町長は「むかわ竜の立ち上がった姿をまちの復興の弾みにしていきたい」と意気込んでいる。

 大公開されるのは、2013年(平成25年)から3年間で発掘した約6トンの岩石をクリーニングしたオリジナル化石。体積では8割を超える国内最大の全身骨格化石であることが、北大総合博物館の小林快次教授により確認されている。研究を続けている小林教授は「日本の恐竜研究史において最大の発見であり、世界でもトップクラスの化石」と高く評価している。

 「むかわ竜」のほかには、町内で見つかったホベツアラキリュウとフォスフォロサウルス・ポンペテレガンス(いずれもレプリカ)も展示する。3カ月間にわたり「むかわ竜」の化石が「恐竜博」に出展されることから、当面は町内で実物の化石を見ることができなくなり、貴重な機会となる。

 公開時間は両日ともに午前10時~午後5時。入場無料。町は「四季の館は一定の修復が終わったので町民に完全版のむかわ竜オリジナル化石を公開する準備が整った。多くの方々に足を運んでもらいたい」と話している。

関連記事

室蘭民報

見応えある144点、「一期会」が作品展【室蘭】

 美術団体「一期会」北海道支部の作品展が23日、室蘭市中央町のスーパーアークス室蘭中央店で始まり、多くの市民でにぎわっている。30日まで。  支部長を務める絵鞆町の画家森田哲隆さん(69)と、...

室蘭民報

オーロラLCが初独自イベント、善意の「夏フェス」【室蘭】

 室蘭オーロラライオンズクラブ(室蘭オーロラLC、工藤大拓会長)の「夏フェス」が23日、室蘭市中島町の中島お元気広場で開かれ、親子連れらでにぎわいをみせた。  昨年2月に結成された室蘭オーロラ...

室蘭民報

手づくり作品などを販売するNマルシェが初開催【登別】

 全国各地の手作り作家の作品などを販売するイベント「Nマルシェ」が23日、登別市中央町の登別カルチャースタジオ'05で初めて行われ、ピアスなど作品を買い求める大勢の来場者でにぎわった。  市内柏...

十勝毎日新聞

お待たせホコテン 市中心部 1週間遅れ開幕【帯広】

 帯広市中心部の帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン)が23日、開幕した。フラダンスなどのパフォーマンスや、ベイブレードスタジアムといった子ども向けイベントが藤丸前交差点で繰り広げられ、家族連...

名寄新聞

森で楽しいひとときを・7月6、7日に「森ジャム」【下川】

 森林の恵みを楽しむイベント「森ジャム」が、7月6、7の両日に町内南町の美桑が丘で開かれる。「森のマーケット」「森のステージ」「音楽と星空のバル」「川さんぽツアー」などで盛り上げる。  森ジャム...