北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

高校サッカー道大会、西胆振舞台に室蘭勢男子3校出場【室蘭】

 高校総体につながる第72回北海道高校サッカー選手権大会、第8回北海道高校総合体育大会女子サッカー競技がきょう11日、室蘭市入江運動公園陸上競技場など西胆振5会場で開幕する。男子は大谷室蘭、室栄、伊達緑丘と初めて3校が出場。地元開催は20年ぶりとあって全国切符獲得の決意は固い。3校は全道のライバル打倒を誓って激戦に臨む。

 大会は14日までトーナメントが行われる。優勝、準優勝校は7月25日に沖縄で開幕する全国大会に進出する。

 男子は24校が出場。地の利を生かす大谷室蘭と、前回の室蘭での大会で優勝、前々回は準優勝と好相性の札幌第一などが注目。32年ぶり出場の室栄にも期待が掛かる。女子は今年も大谷室蘭と文教大明清の一騎打ちか。安定した力を発揮している札幌北斗や新興勢力の旭川実業も上位をうかがう。

大谷室蘭

全道での巻き返しを図る大谷室蘭

 2年ぶりの王座奪還を狙う大谷室蘭。支部予選決勝では駒大苫に敗れ、準優勝に甘んじた。及川真行監督は「プレーの意識の部分で差があった」。今季はプリンスリーグの出場がないため、全道の常連校との試合は少ない。ハードワークをいとわない相手のパワーに苦しめられた形だ。

 貴重な実戦経験を積んでイレブンの意識には変化が起きた。田村都雲主将(3年)は「自分たちも劣っていない。自信を持って戦いたい」と闘志を燃やす。及川監督は「守備的にならず自分たちのやれることをやるだけ」。敗戦をばねに躍進を誓う。

室栄

32年ぶりの全道大会に挑む室栄

 32年ぶりの全道に挑む室栄。3回戦はPK戦、3決は逆転で、いずれも劣勢を跳ね返す辛勝だった。奥井宏監督は「一人一人が役割を果たし、ギリギリの戦いを乗り切ってくれた」と選手をたたえる。全道初戦の岩見沢東戦について「ロースコアの展開。ミスした方が負ける」と再び接戦を予想する。

 選手も初戦に集中。キャプテン佐野玲央(3年)は「予選ではチームが一つになって勝ち切れた。まずは初戦。チームワークを生かす」と落ち着いて話す。3決で2得点を挙げたストライカー新川知史(3年)は「FWとしての自覚を持って試合に臨む」と全道でも貪欲にゴールを狙う。

伊達緑丘

ベスト4を狙う伊達緑丘

 全道ベスト4を目標に掲げる伊達緑丘。管野博監督は「全員で守って全員で攻撃する。チームとしての約束事を守れば勝利は見えてくる」とイレブンの奮起を期待する。

 エースストライカー小山慎太郎(3年)と攻守の起点となるボランチ川尻竣大(3年)の、二枚看板が機能するかが勝利への鍵。

 「ボールに関わり続けて得点チャンスをつくりたい」と小山。川尻も「得点に絡む動きを見せたい」と、2人が攻撃のスイッチを入れる。管野監督は「波があるチームだが、調子が良いときは乗っていける」と地元開催での躍進を誓う。

関連記事

苫小牧民報

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

苫小牧民報

豪空軍の戦闘機到着 日豪共同訓練、関係の成長と強化を-空自千歳基地

 航空自衛隊がオーストラリア空軍と国内を拠点に実施する初の日豪共同訓練、「武士道ガーディアン19」に参加する豪空軍戦闘機6機が20日、航空自衛隊千歳基地に到着した。同基地で出迎え行事が行われ、豪...

苫小牧民報

熱く応援、快勝に歓声 ラグビーW杯、新千歳でPV

 新千歳空港の旅客ビル会社、新千歳空港ターミナルビルディングは20日、開幕したラグビーワールドカップ日本大会の日本―ロシア戦のパブリックビューイング(PV)を国内線ターミナルビル4階の映画館「新千...

日高報知新聞

野々村社長の予想も【日高】

【日高】「北海道コンサドーレ札幌DAY」が17日、ホッカイドウ競馬開催中の門別競馬場で開かれた。  当日のレースは12R北海道コンサドーレ札幌特別、2Rドーレくん賞、4R宮の沢白い恋人サッカー場...

日高報知新聞

小学生42人が参加し【浦河】

 自然体験事業「うらかわサマーキャンプ」が14、15の両日、浦河町野深の自然体験実習館「柏陽館」で開かれた。  町内の小学校3~6年生42人(男子15人、女子27人)が参加して学校間交流や自然体験学習...