北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

日高の食の魅力を広める

着任の抱負を語る柏木振興局長

 道の1日付け人事異動で、新しい日高振興局長に柏木文彦氏(58)が着任した。前任は総合政策部交通政策局長。鵡川―様似間(116㌔)の運休から約4年半経過しているJR日高線は、現在も鉄路の存廃(一部存続含む)について地元の方針は決まっていない。柏木局長は「デリケートな問題だが、利用者の優位性を高め、通学や通院なども便利な持続的な交通ネットワークを築く必要がある」と話す。

 平成12年から15年(1999―2003年)まで、当時の日高支庁で観光振興係長を務めた経験がある。今回が2度目の勤務で、土地勘はある。

 平成23年(2011年)に総合政策部新幹線・交通企画局新幹線対策主幹、26年の空知総合振興局地域政策部長を経て、28年から29年にかけ総合政策部交通政策局新幹線推進室参事や同局物流港湾室長を歴任し、昨年度の1年間は、JRを含めた道内地域交通政策の責任者として任務に当たっている。

 日高支庁の観光振興係長時代は「秋サケの『銀聖』のブランド化を進めていたころ」とし、日高特産ツブのPR、存廃に揺れた道営競馬の対策室(日高町富川)が動いていた時期で、食のブランド化や馬文化の振興などは当時「全庁的に取り組んでいた」という。

 着任に当たり、日高振興局のトップとして「農業、漁協の一次産業のブランド力を高めることに全力で取り組み、前任の松浦局長が手掛けた『春ウニ』のように、日高の食の魅力を広めたい」と抱負を述べている。

 出身は函館市。昭和55年に函館中部高を卒業し、同年春に道庁入りした。

関連記事

十勝毎日新聞

柴田牧場の看板も なつぞらロケ地25日公開【新得】

 新得NHK連続テレビ小説「なつぞら」の町内のロケ地が、25日から一般公開される。主人公「なつ」の心象に刻み込まれた牧草地など、ドラマのイメージそのままの風景が広がる。  公開を始めるのは新得...

十勝毎日新聞

畜大にパン開発講座 「敷島」と連携発展【帯広】

 帯広畜産大学と大手製パン会社の敷島製パン(名古屋)は23日、製パンに関する共同研究講座を設置したと発表した。これまでの連携を発展させ、北海道発のパン開発や国産小麦拡大による食料自給率向上を図る。...

十勝毎日新聞

村にアート体験出前 武蔵野美大と契約【中札内】

 中札内村教育委員会は、武蔵野美術大学(東京)と産学共同プロジェクトの受託研究契約を結んだ。8月には村内の小中学校でワークショップを行うほか、黒板に作品を描く「黒板ジャックライブ」を道の駅なかさつ...

函館新聞

遺愛ホワイトハウス一般公開始まる 24日まで【函館】

 遺愛学院(福島基輝校長)で23日、同学院内にある「旧宣教師館(ホワイトハウス)」の一般公開が始まった。市民ら約80人が来場。同校生徒が案内し、歴史を感じさせる館に思いを馳せながら施設内を見学し...

函館新聞

弁天町の商家「太刀川家」貸室とゲストハウスに【函館】

 函館市弁天町15にある国の指定重要文化財(重文)「太刀川(たちかわ)家住宅店舗」と隣接する市景観形成指定建築物「太刀川家洋館」が、バンケットルームとゲストハウスとして貸し出しを始めた。所有する...