北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

ウポポイ核に稼ぐ力を…観光協会DMO登録目指す【白老】

日本版DMO候補法人登録申請を議決した総会

 白老観光協会(福田茂穂会長)の通常総会が11日、しらおい経済センターで開かれ、来年4月にオープンする象徴空間「ウポポイ」との連携を図りつつ、新規収益事業の実施を目標に掲げ、自主自立の観光振興を担うべく日本版DMO候補法人への登録申請を議決した。

 総会には約50人が出席。福田会長は「ウポポイの開設まで1年を切りました。DMOを中核とした地域の稼ぐ力を見いだし、いかにして地域の観光を育てていくかが当協会の重要な役割と考えています。ソフト面、ハード面の事業に積極的に取り組んでいきたい。当協会としても大きな転換期を迎えています。スピード感を持って積極的に改革を行い、一丸となって取り組むことが観光産業に大きな活力を生み出すと確信しています」とあいさつした。

 日本版DMO候補法人への登録申請に向けて同協会は今年3月に準備委員会を立ち上げ具体的な計画策定作業を開始、5月の理事会で「日本版DMO形成・確立計画案」が承認された。

 計画案によると、町全域をマーケティング、マネジメントをする区域とし、新たな観光地域づくりを行うかじ取り役になり得る組織の設立を目指す。地域の強みと弱みを的確にとらえながら戦略策定を進め、地域における多様な関係者により「白老DMO戦略協議会(仮称)」を組織し、戦略に対する情報の共有化を図りながら、日本版DMOの本登録を目指す。

 日本版候補法人の登録を経て事業報告書の提出や官公庁によるヒアリングが行われた中で最終的に登録要件が全て充足されていることが確認されたのち、正式に登録される。体制強化策としては収益事業に精通した専門人材の確保、道内食関連企業とのマッチング、地域おこし協力隊の活用などが考えられている。

 町は5日に開かれた町議会民族共生象徴空間整備促進・活性化に関する調査特別委員会で、白老駅北観光商業ゾーンに整備するインフォメーションセンター、大型バス駐車場、白老駅舎の指定管理者として同協会を選定する方針を表明。岡村幸男副町長は「自主自立、自走していく基盤を確保するため町として一定程度の財政的、人的支援が必要」との考えを示した。

 任期満了に伴う主な新役員は次の通り。(敬称略)

 ▽会長 福田茂穂(再)
 ▽副会長 上村篤正、中村祐志(以上新)
 ▽専務理事 蒲原亮平(新)
 ▽監事 廣瀬恵大、鈴木克司(以上新)、盛悦子(再)

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...