北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

農園たねびと、今年からイチゴ狩りスタート【豊浦】

イチゴ狩りをスタートさせた佐藤さん夫婦

 豊浦町大岸で佐藤英貴さん、律子さん夫婦が営む農園「G.S.W grow.seed.works たねびと」が今年からイチゴ狩りを始めた。イチゴを自由に摘み取って楽しめる。「ぜひ来園を」と呼び掛けている。6月下旬までの予定。

 2014年(平成26年)に宮城県から家族で移住した佐藤さん夫婦。昨年4月に同農園を立ち上げた。栽培期間中に農薬や化学肥料を使っていない「たねびと いちご」(品種はけんたろう)を栽培している。イチゴハウスは2棟で作付面積は660平方メートル。圧搾のナタネ油の残りかすと米ぬかを肥料に育成している。

 イチゴ狩りを始めたきっかけは、豊浦町の北海道シュタイナー学園いずみの学校の小学4年生の来園。子どもたちは佐藤さんから、イチゴや交配用のミツバチの生態の説明を受け、イチゴ狩りを楽しんだという。

 さらに農園に直接イチゴを買いに来る親子連れもいる。その様子を見て「実際に触れて喜んでもらいたい。そしてもっと知ってもらいたい」と実施を決めた。

 時間は1回40分でハウス内で自由に摘んで食べられる。ハウスの中には赤くなったイチゴがたくさん実っており、甘い匂いに包まれている。100グラム250円で持ち帰りも可能。パック入りは1個(250グラム)700円で販売している。

 入園時は香水や香りが強い柔軟剤、ハイヒールは禁止。団体客は受け付けていない。予約が必要で料金は7歳以上1500円、3~6歳800円、3歳未満は無料。  佐藤さんは「自然を壊さず、地球を汚さず、食と環境を次の世代につないでいきたい。この環境で育ったイチゴを堪能してほしい」と呼び掛けている。

 予約、問い合わせは携帯電話080・6002・2020、メール(grow.seed.works@outlook.com)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

新得地鶏 道内店でも コロナで低迷 応援【帯広】

 エー・ピーカンパニー(東京)が運営する「宮崎県日南市 塚田農場帯広店」(帯広市西2南11)は、新得地鶏を使ったメニューの提供を行っている。新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する新得産地鶏の応援...

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...