北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

農園たねびと、今年からイチゴ狩りスタート【豊浦】

イチゴ狩りをスタートさせた佐藤さん夫婦

 豊浦町大岸で佐藤英貴さん、律子さん夫婦が営む農園「G.S.W grow.seed.works たねびと」が今年からイチゴ狩りを始めた。イチゴを自由に摘み取って楽しめる。「ぜひ来園を」と呼び掛けている。6月下旬までの予定。

 2014年(平成26年)に宮城県から家族で移住した佐藤さん夫婦。昨年4月に同農園を立ち上げた。栽培期間中に農薬や化学肥料を使っていない「たねびと いちご」(品種はけんたろう)を栽培している。イチゴハウスは2棟で作付面積は660平方メートル。圧搾のナタネ油の残りかすと米ぬかを肥料に育成している。

 イチゴ狩りを始めたきっかけは、豊浦町の北海道シュタイナー学園いずみの学校の小学4年生の来園。子どもたちは佐藤さんから、イチゴや交配用のミツバチの生態の説明を受け、イチゴ狩りを楽しんだという。

 さらに農園に直接イチゴを買いに来る親子連れもいる。その様子を見て「実際に触れて喜んでもらいたい。そしてもっと知ってもらいたい」と実施を決めた。

 時間は1回40分でハウス内で自由に摘んで食べられる。ハウスの中には赤くなったイチゴがたくさん実っており、甘い匂いに包まれている。100グラム250円で持ち帰りも可能。パック入りは1個(250グラム)700円で販売している。

 入園時は香水や香りが強い柔軟剤、ハイヒールは禁止。団体客は受け付けていない。予約が必要で料金は7歳以上1500円、3~6歳800円、3歳未満は無料。  佐藤さんは「自然を壊さず、地球を汚さず、食と環境を次の世代につないでいきたい。この環境で育ったイチゴを堪能してほしい」と呼び掛けている。

 予約、問い合わせは携帯電話080・6002・2020、メール(grow.seed.works@outlook.com)へ。

関連記事

名寄新聞

地元産酒米を使用の特別純米酒「上川大雪」数量限定販売【名寄】

 名寄市風連産米を使用した特別純米酒「上川大雪」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、20日から販売開始。道の駅もち米の里☆なよろで、数量限定で取り扱っている。  特別純米酒の原料となる...

十勝毎日新聞

初の芽室産ワイン「イニツィオ」発表 生産者団体【芽室】

 芽室ワインカウンティ(吉田知浩会長)は21日、芽室産ブドウを使用して醸造した初のワイン「INIZIO 2018」(イニツィオ)を発表した。7月から数量限定で販売、北海道十勝フード&ワインフェ...

室蘭民報

越冬たまねぎ「えったま333」を使い料理講習会【伊達】

 伊達市の越冬タマネギ「えったま333」の料理講習会が20日、市内梅本町のだて歴史の杜食育センター内キッチンスタジオで開かれた。参加者が甘く、栄養価が高いタマネギを和気あいあいと調理。出来上がり...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

十勝毎日新聞

「優しいあんこ」食べて魅力発信 なつぞら応援推進協【十勝】

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」応援推進協議会(梶原雅仁会長)は19日、ドラマの主題歌でスピッツの新曲「優しいあの子」の発売に合わせ、スイーツ王国・十勝の魅力を発信する「優しいあんこ」企画をスタ...