北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

農園たねびと、今年からイチゴ狩りスタート【豊浦】

イチゴ狩りをスタートさせた佐藤さん夫婦

 豊浦町大岸で佐藤英貴さん、律子さん夫婦が営む農園「G.S.W grow.seed.works たねびと」が今年からイチゴ狩りを始めた。イチゴを自由に摘み取って楽しめる。「ぜひ来園を」と呼び掛けている。6月下旬までの予定。

 2014年(平成26年)に宮城県から家族で移住した佐藤さん夫婦。昨年4月に同農園を立ち上げた。栽培期間中に農薬や化学肥料を使っていない「たねびと いちご」(品種はけんたろう)を栽培している。イチゴハウスは2棟で作付面積は660平方メートル。圧搾のナタネ油の残りかすと米ぬかを肥料に育成している。

 イチゴ狩りを始めたきっかけは、豊浦町の北海道シュタイナー学園いずみの学校の小学4年生の来園。子どもたちは佐藤さんから、イチゴや交配用のミツバチの生態の説明を受け、イチゴ狩りを楽しんだという。

 さらに農園に直接イチゴを買いに来る親子連れもいる。その様子を見て「実際に触れて喜んでもらいたい。そしてもっと知ってもらいたい」と実施を決めた。

 時間は1回40分でハウス内で自由に摘んで食べられる。ハウスの中には赤くなったイチゴがたくさん実っており、甘い匂いに包まれている。100グラム250円で持ち帰りも可能。パック入りは1個(250グラム)700円で販売している。

 入園時は香水や香りが強い柔軟剤、ハイヒールは禁止。団体客は受け付けていない。予約が必要で料金は7歳以上1500円、3~6歳800円、3歳未満は無料。  佐藤さんは「自然を壊さず、地球を汚さず、食と環境を次の世代につないでいきたい。この環境で育ったイチゴを堪能してほしい」と呼び掛けている。

 予約、問い合わせは携帯電話080・6002・2020、メール(grow.seed.works@outlook.com)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...

十勝毎日新聞

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも【十勝】

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を...