北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

北海道の将来に貢献、室工大が長期研究ビジョンを発表【室蘭】

北海道MONOづくりビジョン2060を説明する(左から)空閑学長、丹保議長、松田副学長

 室蘭工業大学(空閑良壽(くが・よしかず)学長)は12日、研究の長期ビジョン「北海道MONOづくりビジョン2060―『ものづくり』から『価値づくり』へ―」を発表した。北海道の将来に直接貢献する五つの研究項目と世界に先駆けて創生する学術基盤の2項目を掲げている。

 ビジョンは、国や道が定める計画・戦略の目標実現に向けて同大が貢献していく役割を示したもの。本年度から工学部を理工学部に改組したのを契機に、有識者で構成する賢人会議(議長・丹保憲仁元北大総長)を設置し、3回にわたり検討を重ねた。

 道の将来に貢献する五つの研究項目は「自立分散型地域構造構築」「付加価値の高い素材の供給基地形成」「高品質・高機能食素材の世界への供給基地形成」「物質とエネルギー自立化とID化」「宇宙への基地」。情報・エネルギー・物質のすべてに精通した高度な人材の育成、農業・食品分野に特化した革新的センシング技術の開発などを盛り込んでおり「道の資源・資産の本質を解明し、その本質を体系づけて活用するもの」(同大)としている。

 札幌市内で行われた発表記者会見には空閑学長、松田瑞史理事副学長、丹保議長が出席。松田副学長は「室工大がどのように貢献していくかの指針」、空閑学長は「地域にある大学として存在価値を示していかないと室工大の明日はない。研究を活性化させ、北海道での存在価値をアピールしていきたい」と語った。

 丹保議長は「室工大は道内最古の工業系大学。大きな意味でのチャレンジであり期待している。50年先に何が起きるか考えてもらいたい」と述べた。

 ビジョンはきょう13日に道庁に報告するほか、ホームページなどで公開する予定。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...