北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

北海道の将来に貢献、室工大が長期研究ビジョンを発表【室蘭】

北海道MONOづくりビジョン2060を説明する(左から)空閑学長、丹保議長、松田副学長

 室蘭工業大学(空閑良壽(くが・よしかず)学長)は12日、研究の長期ビジョン「北海道MONOづくりビジョン2060―『ものづくり』から『価値づくり』へ―」を発表した。北海道の将来に直接貢献する五つの研究項目と世界に先駆けて創生する学術基盤の2項目を掲げている。

 ビジョンは、国や道が定める計画・戦略の目標実現に向けて同大が貢献していく役割を示したもの。本年度から工学部を理工学部に改組したのを契機に、有識者で構成する賢人会議(議長・丹保憲仁元北大総長)を設置し、3回にわたり検討を重ねた。

 道の将来に貢献する五つの研究項目は「自立分散型地域構造構築」「付加価値の高い素材の供給基地形成」「高品質・高機能食素材の世界への供給基地形成」「物質とエネルギー自立化とID化」「宇宙への基地」。情報・エネルギー・物質のすべてに精通した高度な人材の育成、農業・食品分野に特化した革新的センシング技術の開発などを盛り込んでおり「道の資源・資産の本質を解明し、その本質を体系づけて活用するもの」(同大)としている。

 札幌市内で行われた発表記者会見には空閑学長、松田瑞史理事副学長、丹保議長が出席。松田副学長は「室工大がどのように貢献していくかの指針」、空閑学長は「地域にある大学として存在価値を示していかないと室工大の明日はない。研究を活性化させ、北海道での存在価値をアピールしていきたい」と語った。

 丹保議長は「室工大は道内最古の工業系大学。大きな意味でのチャレンジであり期待している。50年先に何が起きるか考えてもらいたい」と述べた。

 ビジョンはきょう13日に道庁に報告するほか、ホームページなどで公開する予定。

関連記事

苫小牧民報

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

苫小牧民報

豪空軍の戦闘機到着 日豪共同訓練、関係の成長と強化を-空自千歳基地

 航空自衛隊がオーストラリア空軍と国内を拠点に実施する初の日豪共同訓練、「武士道ガーディアン19」に参加する豪空軍戦闘機6機が20日、航空自衛隊千歳基地に到着した。同基地で出迎え行事が行われ、豪...

苫小牧民報

熱く応援、快勝に歓声 ラグビーW杯、新千歳でPV

 新千歳空港の旅客ビル会社、新千歳空港ターミナルビルディングは20日、開幕したラグビーワールドカップ日本大会の日本―ロシア戦のパブリックビューイング(PV)を国内線ターミナルビル4階の映画館「新千...

日高報知新聞

野々村社長の予想も【日高】

【日高】「北海道コンサドーレ札幌DAY」が17日、ホッカイドウ競馬開催中の門別競馬場で開かれた。  当日のレースは12R北海道コンサドーレ札幌特別、2Rドーレくん賞、4R宮の沢白い恋人サッカー場...

日高報知新聞

小学生42人が参加し【浦河】

 自然体験事業「うらかわサマーキャンプ」が14、15の両日、浦河町野深の自然体験実習館「柏陽館」で開かれた。  町内の小学校3~6年生42人(男子15人、女子27人)が参加して学校間交流や自然体験学習...