北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

出走取消でもファン盛り上がる JRA函館競馬開幕【函館】

 日本中央競馬会(JRA)の北海道シリーズ「函館競馬」が15日、函館市の函館競馬場で開幕した。JRAではこの日、禁止薬物が含まれていた飼料添加物が販売されていた厩舎の競走馬計156頭の出走を取り消しし、函館競馬でもこの日は計29頭が除外されたが、開幕を待ちわびたファンにとって混乱はなく、目前で展開する白熱のレースに歓声を送っていた。

 同競馬場では観客入場口などで競争除外馬があることを告げる看板を設置し、ファンは予想紙などに書き込んでいた。

 JRAの対応について函館市の会社員、大井隆明さん(58)は「残念な話題だが、公平なレースをするため情報を早く発表したことは良いと思う。再発防止をお願いしたい」と話した。また、仙台市から来たという主婦、田中美枝子さん(37)は「函館競馬はほぼ毎年来る。きょうは開催中止にならなくて良かった。関係者にとってショックなニュースだと思うが、ファンとして行われるレースは一生懸命応援したい」と笑顔を見せていた。

 今季の函館競馬は7月21日までの計12日間。重賞は16日に函館スプリントステークス(GIII)、7月14日の函館記念(同)で、函館スプリントステークスは6頭が出走除外となり7頭で行う。主なゲストイベントは16日に山本耕史さん、7月14日にJRAプロモーションキャラクターの柳楽優弥さんが来場する。

競争除外となった6番馬(8番馬は直前で出走取り消し)がゲートから外されてスタートした函館競馬第12レース

関連記事

根室新聞

議会のICT化に研修 タブレット端末の活用など【根室】

 議会改革を進める根室市議会(本田俊治議長)は、議会活動のICT化に向けた研修会を7日午後1時半から議場で開いた。研修会では「タブレット端末を利用した議会活動について」と題し、ペーパーレス議会...

苫小牧民報

まちのシンボル住民票に 雪だるまデザイン無料交付31日まで-安平

 安平町は11日から、町のシンボル「雪だるま」の特別住民票の無料交付をスタートした。今年は、雪だるまが夏のアクティビティーでもあるキャンプを楽しむというユニークなデザインとなっている。交付期間は...

苫小牧民報

道9区次期衆院選候補に松橋氏 共産苫小牧地区委

 共産党苫小牧地区委員会は11日、次期衆院選道9区(胆振、日高管内)に、党北海道委員会委員の松橋千春氏(38)を党公認候補として擁立すると発表した。  松橋氏は同日、苫小牧市見山町の同委員会事...

苫小牧民報

ウポポイ開業1カ月。来場3万5000人 博物館4割見学せず、入館制限の影..

 国がアイヌ文化の復興と発信の拠点として白老町のポロト湖畔に整備した民族共生象徴空間(ウポポイ)は、12日で開業1カ月を迎えた。アイヌ民族をテーマにした初の国立博物館を中核とした施設の来場者は、...

日高報知新聞

浦河30・3度 14年ぶりの真夏日

 全国的に酷暑となった11日、日高地方も暖かく湿った空気が入り込み、気温が上昇した。浦河(潮見町)で午前中に30・3度を記録し、14年ぶりに30度以上の真夏日になり、観測史上2番目に暑い日となった。  1...