北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

五輪でアイヌの舞を 開会式披露目指し練習【帯広】

帯広の参加者ら大勢が集った舞踊の練習

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開会式でアイヌ古式舞踊を披露し、民族文化の発信を目指す取り組みが進んでいる。関係者は「平和の祭典で、アイヌ民族の世界観が平和主義と合致していることを表現できたら」と期待し、数百~1000人規模の群舞を想定した舞の練習に励んでいる。

 オリンピック・パラリンピックへの参加は道や北海道アイヌ協会(札幌)が要請している。バンクーバー大会(10年)やリオデジャネイロ大会(16年)では開会式に先住民族が登場。東京の開会式の出演者などはまだ正式決定していない段階だが、協会が主体となり、披露する踊りの練習を1年ほど前から始めている。

 踊りは地域で異なるため、今回のために統一した踊りを各地で練習。踊りを広める「サブリーダー」の29人が、月に1度、各地を巡って練習を重ねている。十勝関係者では帯広カムイトウウポポ保存会の酒井真理さん、来年4月に開設される国立施設「民族共生象徴空間」(愛称ウポポイ、胆振管内白老町)を運営するアイヌ民族文化財団職員で帯広出身の荒田裕樹さんら3人が選ばれている。

 15日は帯広で初めて練習が行われ、市内の生活館で「エムシリムセ(剣の舞)」などの舞踊に男女分かれて臨んだ。今回の目的はサブリーダーが「教え方(コーチング)」を学ぶこと。アイヌ民族は幼い頃から年配者の踊りを見て習得してきた歴史があり、教えることはサブリーダーたちにとっても経験が少ない。この日はリズムの取り方や動きなど一つひとつを丁寧に指導し、参加者も楽しみながら練習に臨んだ。

 練習には、今回の統一した踊りの演出を担当する舞踊家秋辺デボさん(釧路市)も立ち会った。秋辺さんはカムイトウウポポ保存会の創設者の一人、加藤ナミエさんの孫。開会式出場への期待を込め、「五輪は世界一の祭典で、国内外にアイヌ民族の精神を伝えられる。アートを通じて平和を伝え、結果的に民族への理解につながれば」と思いを語った。

関連記事

根室新聞

「北構保男博士の研究」特別展示始まる 13日まで【根室】

 6月5日に101歳で亡くなった考古学者でオホーツク文化研究の第一人者、北構保男氏を追悼し、研究業績を紹介する特別展示「郷土の考古学者北構保男博士の研究」が8日、市総合文化会館多目的ホールで始...

苫小牧民報

「(道内5紙)コロナ時代の道しるべ」特別な夏 全力で かわいそうと思われ..

駒大苫小牧高校野球部監督 佐々木ささき 孝介こうすけさん(33)  札幌円山球場で開催中の夏季北海道高校野球大会南北海道大会で、夏の甲子園連覇の実績を誇る駒大苫小牧は8日、準決勝で涙をのんだ...

苫小牧民報

ポーランド国立バレエ団で1年目から活躍 苫小牧出身の丁子さん

 苫小牧市出身の丁子蒼(ちょうじ・あおい)さん(20)が昨年8月から、ポーランド国立バレエ団の団員として活躍している。入団1年目ながら、舞台上でソロの踊りを披露するソリストを複数の公演で任される...

十勝毎日新聞

湊谷鈴さん絵本全国発売 帯広在住イラストレーター【帯広】

 帯広在住のイラストレーター湊谷鈴さん(23)=ペンネーム=が手掛けた絵本「むりつむり」が31日、三恵社(愛知)から全国発売される予定で、10日からインターネットのアマゾン予約が始まる。大人向けに...

十勝毎日新聞

帰省 悩んだ末に【十勝】

 お盆の帰省シーズンが始まった8日、空港や駅にはスーツケースを手にした帰省客らが降り立った。全国的に新型コロナウイルスの感染者が増加している中、やむなく帰省を自粛した人、悩みながらも帰省した人など...