北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

五輪でアイヌの舞を 開会式披露目指し練習【帯広】

帯広の参加者ら大勢が集った舞踊の練習

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開会式でアイヌ古式舞踊を披露し、民族文化の発信を目指す取り組みが進んでいる。関係者は「平和の祭典で、アイヌ民族の世界観が平和主義と合致していることを表現できたら」と期待し、数百~1000人規模の群舞を想定した舞の練習に励んでいる。

 オリンピック・パラリンピックへの参加は道や北海道アイヌ協会(札幌)が要請している。バンクーバー大会(10年)やリオデジャネイロ大会(16年)では開会式に先住民族が登場。東京の開会式の出演者などはまだ正式決定していない段階だが、協会が主体となり、披露する踊りの練習を1年ほど前から始めている。

 踊りは地域で異なるため、今回のために統一した踊りを各地で練習。踊りを広める「サブリーダー」の29人が、月に1度、各地を巡って練習を重ねている。十勝関係者では帯広カムイトウウポポ保存会の酒井真理さん、来年4月に開設される国立施設「民族共生象徴空間」(愛称ウポポイ、胆振管内白老町)を運営するアイヌ民族文化財団職員で帯広出身の荒田裕樹さんら3人が選ばれている。

 15日は帯広で初めて練習が行われ、市内の生活館で「エムシリムセ(剣の舞)」などの舞踊に男女分かれて臨んだ。今回の目的はサブリーダーが「教え方(コーチング)」を学ぶこと。アイヌ民族は幼い頃から年配者の踊りを見て習得してきた歴史があり、教えることはサブリーダーたちにとっても経験が少ない。この日はリズムの取り方や動きなど一つひとつを丁寧に指導し、参加者も楽しみながら練習に臨んだ。

 練習には、今回の統一した踊りの演出を担当する舞踊家秋辺デボさん(釧路市)も立ち会った。秋辺さんはカムイトウウポポ保存会の創設者の一人、加藤ナミエさんの孫。開会式出場への期待を込め、「五輪は世界一の祭典で、国内外にアイヌ民族の精神を伝えられる。アートを通じて平和を伝え、結果的に民族への理解につながれば」と思いを語った。

関連記事

十勝毎日新聞

柴田牧場の看板も なつぞらロケ地25日公開【新得】

 新得NHK連続テレビ小説「なつぞら」の町内のロケ地が、25日から一般公開される。主人公「なつ」の心象に刻み込まれた牧草地など、ドラマのイメージそのままの風景が広がる。  公開を始めるのは新得...

十勝毎日新聞

畜大にパン開発講座 「敷島」と連携発展【帯広】

 帯広畜産大学と大手製パン会社の敷島製パン(名古屋)は23日、製パンに関する共同研究講座を設置したと発表した。これまでの連携を発展させ、北海道発のパン開発や国産小麦拡大による食料自給率向上を図る。...

十勝毎日新聞

村にアート体験出前 武蔵野美大と契約【中札内】

 中札内村教育委員会は、武蔵野美術大学(東京)と産学共同プロジェクトの受託研究契約を結んだ。8月には村内の小中学校でワークショップを行うほか、黒板に作品を描く「黒板ジャックライブ」を道の駅なかさつ...

函館新聞

遺愛ホワイトハウス一般公開始まる 24日まで【函館】

 遺愛学院(福島基輝校長)で23日、同学院内にある「旧宣教師館(ホワイトハウス)」の一般公開が始まった。市民ら約80人が来場。同校生徒が案内し、歴史を感じさせる館に思いを馳せながら施設内を見学し...

函館新聞

弁天町の商家「太刀川家」貸室とゲストハウスに【函館】

 函館市弁天町15にある国の指定重要文化財(重文)「太刀川(たちかわ)家住宅店舗」と隣接する市景観形成指定建築物「太刀川家洋館」が、バンケットルームとゲストハウスとして貸し出しを始めた。所有する...