北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

学校のPC授業支援 エドテック 町と協定【上士幌】

連携協定を結んだ(前列左から)上士幌町の小堀教育長とエドテックの神山代表

 プログラミング教育を推進する十勝EdTech(エドテック)コンソーシアム(神山恵美子代表)と上士幌町教委は14日、連携協力協定を結んだ。エドテックに加盟する帯広コア学園が運営する帯広コア専門学校の学生を小・中学校のクラブ活動などに派遣し、指導の支援を行う。

 エドテックは昨年、帯広コア学園、更別村、北海道熱中開拓機構(更別)など10者で発足。2020年度の小学校のプログラミング教育の必修化やAI(人工知能)時代に対応する人材育成を狙う。更別村では昨年、子どもが自由にプログラミングを学べる場所を設置している。

 エドテックに加盟している更別村を除き、管内市町村と連携協定を結ぶのは初めて。授業やクラブ活動などに帯広コア専門学校の情報ビジネス科、高度情報ビジネス科の学生を派遣し、パソコンの操作方法などのサポートを行う予定。

 調印式は帯広コア専門学校で行われ、神山代表と上士幌町の小堀雄二教育長が協定書を交わした。小堀教育長は「皆さんの力を借り、共に学び合える環境で楽しみながら進めていければ」、神山代表は「学生も教えることを通じて学びを深めることができる。子どもたちにはたくさんのことを身に付けてほしい」と期待した。

関連記事

根室新聞

北方墓参 択捉島から戻る 上陸慰霊1カ所のみ【根室】

 北方領土に眠る元島民の霊を慰める北方墓参の今年度第2班が20日、択捉島での墓参を終え、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港へ戻った。上陸予定の4カ所のうち内保とウエンバフコツ...

根室新聞

「旧中一・二会」物故級友の冥福祈る【根室】

 戦時中の昭和17年に道庁立根室商業学校に入学し、在学中に改組された旧制根室中学校を、戦後2年に分かれて卒業した市内在住の同期生たちが20日、清隆寺に集い、物故者の追悼法要を行った。戦時下の勤労奉...

日高報知新聞

全国大会出場を報告【新ひだか】

【新ひだか】全国大会の出場権を獲得した静内高校(加澤雅裕校長、生徒511人)の陸上部、書道部、馬術部の生徒3人が19日、役場静内庁舎に大野克之町長を表敬訪問し、大会での健闘を誓った。  この日...

日高報知新聞

「幌泉灯台記念塔」が【えりも】

【えりも】国の文化審議会が19日、柴山昌彦文部科学相に答申した国の登録有形文化財(建造物)に、本町の灯台公園にある「幌泉灯台記念塔」など道内から5件が選ばれた。この結果、道内の登録有形文化財(建...

苫小牧民報

鉄道ファン感激 キハ183系内部を公開-安平・道の駅「あびらD51ステー..

 安平町追分地区の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に保存している北海道仕様の特急車両「キハ183系」の一般内部公開が20日から始まった。初日は町内外から家族連れや鉄道ファンらが訪れ...